2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« ミリオネアの田中康夫 | トップページ | あほだね、まったく。 »

2005/04/13

4日間ゲーム漬けでした。

まったくダメ人間です。4日間完全にゲーム漬けでした。

プレイしたゲームはヴィクトリア 太陽の沈まない帝国です。

同じヴィクトリアでも、ヴィクトリア・シークレットとは違います。

このゲームはイギリスとか、アメリカとか、日本とか。色々な国でプレイできます。1836年から1920年までのゲームです。ナポレオン戦争以後のウィーン体制が舞台です。これ普通のゲームとちょっと違って「国威」というものがあります。国のカリスマみたいなモンでしょうか。武力だけが強大でもダメですし、経済力もないとだめです。しかし、カリスマだけ異常に高いとかでもいいみたいです。;プレイの仕方が様々ある、なかなか奥の深いゲームです。

ウィーン体制はヨーロッパの安定のために生まれた(オーストリア帝国をいかに維持しようというメッテルニヒと、大陸にナポレオン皇帝のフランスのような強大な一国が生誕生し、イギリスの独立を脅かすことを防ごうとしたキャスレーの2人が作り上げた)です。ゲームにはウィーン体制は直接関係ありません。しかし複雑な同盟関係というのがよく再現されています。へたに小さな国に宣戦布告したりしたら、同盟国に反対から攻められたりします。

実際かなり大規模な戦いが起こったりしますし、1846年以降のプロイセンなど東欧諸国には革命の嵐が吹き荒れます。

ヴィクトリアという名が示すとおり、超大国イギリスでプレイするのが王道でしょうが、やはり私はプロイセンでプレイしました。熱いですよプロイセンは。東にロシア、西にフランス、北はバルト海、南はオーストリア帝国。八方塞りなんだもの。

« ミリオネアの田中康夫 | トップページ | あほだね、まったく。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/3680057

この記事へのトラックバック一覧です: 4日間ゲーム漬けでした。:

« ミリオネアの田中康夫 | トップページ | あほだね、まったく。 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本