2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 政治的な問題 | トップページ | 助かるさ »

2005/05/13

民間軍事会社

民間軍事会社の斎藤昭彦さんがイラクで拘束されています。無事助かることを願っています。

この民間軍事会社ってどれくらいあるのかと思うと、これくらいあるみたいです(リンク

Hart Securityというのはおそらくこの会社でしょう(リンク

キプロスが本拠地という話で、なかなか面白いですね。イギリスがキプロスの問題にかかわってますからね(トルコが半分軍事的に占領しちゃってる状況があるので、今も国連監視団がいるはず。)

この会社の事件に関する発表(リンク)訳してみました:

  1. アキヒコ・サイトウがすでに殺害されているかかとうが会社として確認できるか?
    弊社としてはアキヒコ・サイトウがまだ生きていると信じたいです。しかし目撃者の証言からすると事件時に致命傷を負っている可能性があります。
  2. 犯行グループから新たな要求は出ているのか?新たに公開されたアキヒコ・サイトウの写真やビデオあるのか?
    知る限りでは、ありません。
  3. どんな待ち伏せ攻撃だったのか?
    周到に準備された高度な待ち伏せ攻撃で、手製爆弾(IED)やRPG(ロケット弾)、機関銃、小火器など様々な武器が使われました。
  4. 待ち伏せ攻撃が発生した時刻は?
    バグダッド時間で、5月8日日曜日18時30分頃です。
  5. 攻撃を受けた場所は?
    アル・アサド(Al Asad)から8キロほど南東いった地点です。
  6. 今後、ハートセキュリティーが会社として記者会見やインタビューを行う予定はありますか?
    .ありません。すべてウェブサイトを通じて発表します。新たな情報が入り次第、ウェブサイトを更新します。

傭兵映画ならこれ、戦争の犬たち

« 政治的な問題 | トップページ | 助かるさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/4103610

この記事へのトラックバック一覧です: 民間軍事会社:

» 民間の軍人+練習 [「青い悲壮な叫び」の手記]
「映画所感」  戦争の犬たち  -あらすじ-(Amazon.co.jpより)イギリスの大資本の依頼を受け、傭兵のシャノン(クリストファー・ウォーケン)は南アフリカの独裁国ザンガロへ侵入し、その恐怖政治の実体を内偵。その後帰国した彼は、今度はザンガロでクーデターを... [続きを読む]

« 政治的な問題 | トップページ | 助かるさ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト