2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 翻訳こんにゃく | トップページ | Zガンダムのデザインなどの話 »

2005/05/19

Zガンダムの肝

Yahoo!でZガンダムの映画版の映像特集が見られます。(サイトはこちら

予告は前にも紹介しましたが、このZ特集の肝はやっぱり富野神ですよ。この人のインタビュー。やたらに顔を触る神経質な感じがバシバシ出ています。あとあの他を寄せつけぬ、日本人離れした

自信と余裕

いいね。いいよ。こんな映画他に絶対に見られないと言い切るあなた。今見れるあなたは幸せというあなた。やはり神です。

カミーユは自閉症(これはピーです。「引きこもり」と言いましょう。)的な感じから、積極的な感じになったらしいです。それはいいなと。

メイキングも面白いですよ。こっちの方がインタビューより面白いかも。アニメって緻密だなあと思います。「あの人やっぱり変だよね」というシーンを追加していました。それって誰ですか? 自問自答?くわえタバコでコンテを描く姿に昭和を感じました。なんか職人です。

富野神は確か、鉄腕アトムかなにかで、すでにあるフィルムだけで3話くらい作ったつわものです。冷蔵庫に残っている材料で作ってしまう主婦真っ青の腕前です。

あと富野語録のサイトを見つけました(富野&庵野語録倉庫)。これも見てみようかと。

ってココのサイトのこのページ(2001年のNT6月増刊FSSissueより 富野×永野

にこんな会話が

富野 (中略)自分は作家だという自信がもてないまま「Zガンダム」をやるぞ、と決めたときに僕の敗北が始まった、と。そういうことです。

永野 それ反論していい?監督が敗北だという「Zガンダム」が、実はいま唯一のタネと して残っているわけでしょ?「ファースト」ではなく、なぜか「Zガンダム」が。

富野 でも、いまはその残り方が気になって「こういう残り方はいけないんだ」という意 識がある。自分の心身症も含めて業界全体へのカウンター的意味合いで「Zガンダム」を出して「本当はお前らがこうなんだぞ」ということを言いたかったけど、その部分が15年たって、また同じ状況が回ってきて「Zガンダム」が浮上しちゃってるのね。

永野 だったら監督は新しい「Zガンダム」をつくっちゃえばいいんですよ。「Zガンダム」 はシャアの内ゲバみたいな話だったけど、・・・・

との話もあります(あとはサイトを読んでください)。何回かZの映画化は浮上しては消えているらしいですが。

« 翻訳こんにゃく | トップページ | Zガンダムのデザインなどの話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/4188667

この記事へのトラックバック一覧です: Zガンダムの肝:

« 翻訳こんにゃく | トップページ | Zガンダムのデザインなどの話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト