2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« アニメじゃない。ほんとのことさ | トップページ | Zガンダム興行的にがんばってるかと »

2005/06/22

エウレカセブン 第10話 無重力万歳

エウレカセブン 第10話 「ハイアー・ザン・ザ・サン(太陽よりも高く)」

今回は北半球から南半球に大きな波を求めて移動するという話。

前回、エウレカが泣いてる意味がいまいちわからなかった(読みが浅い)けど、今回のアイロン掛けするレントン君の独り言でわかりました。シウダデス・エル・シエロでの虐殺という辛い過去からの脱却(自らの変革)なんでしょうか。(しかし前回の最後でエウレカは自分で何も変わっていないとニルヴァーシュに向かって呟いています。)

あとゲッコー号にはPX(購買部?)があって?(なんで?)レントン君はここのレジもやってるらしい。レジの後ろに貼ってある「凡Curry]にはただならぬモノを感じました。(サ○ウのゴハンもあるかもね。)

ゲッコー号って大気圏を突破できるんですね。すげえ。ここがメカ的な見所ですな。

レントン君、無重力状態でエウレカちゃんに大接近ですよ!無重力万歳!良かったな!

確かに、もう辛抱たまらん、よな!

しかし、はじめてのチューには失敗。みごとに自爆

ところでグレートウォールを見つめる「エウレカの瞳の意味がわかったら、あんな結末にはならなかった」とは、レントンどういうことだ!

てな具合で弾道飛行したものの、目的地には到達せず、半年前に地殻変動で放棄された空軍基地に到着してしまう。この地殻変動の感じがニルヴァーシュが以前に暴走した時の文様に似てる気もするなと。

ホランド選手、浮かれてませんねえ。てか沈んでますね。タルホさんとのつながりはこの基地にあるようですね。タルホさんの「私をさらって」ですよ。どういうことですか?意味ありげですよ!

ホランド選手は現実(過去)から逃げたいようです。綺麗さっぱり忘れちまいたいそうです。しかし過去は追ってくるし、忘れさせてもくれないそうです。心に傷を負った男の悲哀ですね。去ろうとするタルホさんを捕まえて、ぎゅうぅぅっと抱きしめます(演出的に3回)。そんで一言「忘れさせてくれよ」です。ホランド、カッコいいよね。

タルホさん、抱きしめ返します。なんだかとっても大人です。

ホランドとタルオの関係とエウレカとレントンの関係とがオーバーラップしているわけですね。

傷つき苦しむモノとそれを守ろうとするモノ。

レントンが最初にいってましたね

「俺には何がしてあげられるのか」

綺麗な夕日が似合うアニメです。

最後は鼻血を出しているアネモネだ!

なんだあれは?ユンケルでも一気飲みしたのか?

« アニメじゃない。ほんとのことさ | トップページ | Zガンダム興行的にがんばってるかと »

コメント

レントンにあこがれ、ホランドにあこがれる回でした(^^ゞ
ドギー兄さん(爆)とギジェットのバカップルぶりがまた面白かったですw

しかし・・・ゲッコー号とはいえ、太陽より高くはとんでないんじゃないか?とか思ってしまったのはボクだけでしょうか?w

ドギー兄さんの、「おめえ、ボードの手入れしてっかぁ?」には漁師のにおいを感じました。

じゃんけんホイ、あっちむいて波。アホですねえ。

空よりも高くって感じですよね・・・。

相変わらず金枝篇に手を付けられない毎日です(^^ゞ

アネモネ・・・怪しすぎな登場でこの先どうなるのか。。。
アネモネが金枝篇でどうこうとかいうブログもなんかちらっと見ましたが・・・

いやあ、こっちも忙しくて読んでません(爆)

アネモネ、図説の索引には載ってないみたいです。森の王を殺すとかいう項はありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/4655945

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブン 第10話 無重力万歳:

« アニメじゃない。ほんとのことさ | トップページ | Zガンダム興行的にがんばってるかと »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト