2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« エウレカセブン 第13話  | トップページ | 石原都知事は帝という名のポッキーの夢を見るか? »

2005/07/17

デスティニー 第39話 『天空のキラ』 

ようやく爽やかなOP曲にも憤りを感じずに見られるようになりました。

今回は良かったですよ。ガンダムSEED系こうだろ!

今回のお話。デュランダルの悪巧みを暴くべく、バルトフェルトの手下の男がコロニー「メンデル」に潜入する。それで変なファイルを見つける。そうしたら、ザフト軍の偵察型ジンにつけられてました!(最初から罠張られてたらしいです)

ラクス様のエターナル、ぴんち!ナスカ級3隻(もっと?)に包囲される危機が迫る!ファクトリーのドムはまだ最終調整中らしいです。いつまでじらされるのでしょうか!

そのころ地球のアークエンジェルでは包帯ぐるぐる巻きのアスランとカガリお嬢様のお話。というか和解。僕が、私が悪かった合戦。(結構良かったですよね。カガリお嬢様が勝手に結婚して申し訳ないというと、国を守るためにやったんだろうと慰めるアスラン。アスランもキラ様と合ったときのことはすまないと。自分は何かをしなければと焦っていたと言ってましたね。)もう、カーテン越しに聞いてるフラガさんはモンモンしちまいますな!

カガリお嬢様がアスランに向かって、あの娘(メイリン)は、「お前のことが好きなんだな」って。どうなの?「大丈夫心配するな、私が面倒を見る。」って・・・。実は落とし前なんじゃないの?あえて好きと言われて否定しない。これは浮気にありがちな。私はうがってますね。ええ、うがってますとも!

なんとかザフト軍艦隊の追撃から逃げようとする、ラクス様のエターナル。最悪の場合はポッドで例の回収したノートを地球に降下させることにする。どうもそのノートには『デスティニー・プラン」のとメモ書きがった。そしてデュランダルの世界のために人がいるという考えには賛同できないと書いてあった。

ラクス様がおっしゃるに、デュランダル議長は新たな「世界秩序]を構築しようとしているらしいです。ユニウスセブン(エウレカセブンではない)の地球落下事件も、周到に準備された目的を実現するための一段階ではないかと。

「世界秩序の構築」。なるほどブッシュ親子ですね。ロゴスは「悪の枢軸」ということですかな。ということは911事件はやはりCIAの陰謀ということですか!監督!まあ大人の話はわかないのでさておき。

結局、エターナルはザフト軍艦隊に追いつかれて戦闘状態に陥る。辛抱たまらんバルトフェルト様も、ガイアで出撃。ガイアって2機もあったのか!色違い。でも人を選ぶ機体のようで結構やばい。ピンチ!

一方、地球のアークエンジェルにもエターナルが地球にポッドを降下させるという無電が届きます。キラ様、ラクス様のピンチに動揺します。最初の方で言っていた。力がなければ戦えないということの具現化なんですね。うじうじしていたら、アスランが、

行け!おんどりゃあ!ラクスを守らんかええ!

一念発起したキラ様、カガリお嬢様のストライクルージュで出撃です。ブースターつけて大気圏離脱!これはギャプランだ!サンダーバードの2号でも出てきそうな基地から発進!フェイズシフト展開!って色がストライクだ!そうかフェイズシフトだから設定で色が変わるのね。メカニックのおっさんの電圧云々はそういうことだったのね。この姿何か見覚えが。あれだ。ファーストのザクレロとの戦いの時のガンダムだ。

エターナルの周りにはモビルスーツがわんさか群がって大変なことになってます。そんななか1機のザクがエターナルの艦橋を狙う。それに気がついたバルトフェルト。しかし自分も手一杯。どうする!

颯爽と登場、ストライクガンダム!もうこんなかっこ悪いブースターなんかパージだ!艦橋を狙っていたザクの銃口を狙って破壊!(この精度、ショットガンで手から銃だけを狙える大門団長なみだ!)。でもやっぱり多勢に無勢。別のザクがエターナルめがけて撃ってきたビームをシールド防いだら、腕が吹っ飛んじゃいました。どうするキラ様!

そこでバルトフェルトさん、「お前の機体がある」ってカッコいいじゃないの!エターナルに緊急着艦を試みるストライク、一瞬止まったところを狙われて両脚ぶち抜かれました。まあ脚は飾りですからね。

艦内でラクス様と再開。抱き合う二人。もしもしお客さん、戦争ですよ!困るんですよね。ここでしてもらうと!

そして新型機登場!(ストライクフリーダム)ラクス様はどうもキラ様に戦って欲しくないようですが、キラ様は「これで僕は僕の戦いができる」と言って安心させてました。

そんでキラ様発進です!あとはもう、あえて喩えるなら、

暴れん坊将軍!

斬って斬って切りまくる!

デンドロビウム(定価29400円)並みですよ。「対象年齢:8歳~」だそうですが、ありえません。こんなワンパク坊主には耐えられません。

レーザーシールドにファンネルって無敵じゃないですか!これだけの苦戦をお膳立てしたのはよかったですよ。ばっちり強い感じです。ガンダムSEEDはこうじゃなきゃね!

おかげで「25機のザクとグフがたった2分でやられた」そうです。「そんなばかな。」と艦長席に沈むコンスコン艦長。ありがたや。25年経ってまた聞けるとは。もう涙が出ます。

面白かった。コンスコンは偉大なり。

« エウレカセブン 第13話  | トップページ | 石原都知事は帝という名のポッキーの夢を見るか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/5001941

この記事へのトラックバック一覧です: デスティニー 第39話 『天空のキラ』 :

» 機動戦士ガンダムSEED DESTINY  PHASE-39「天空のキラ」 [サブカル=マインド]
 炎に包まれたヘブンズベースの映像を見守る、ラクスとバルトフェルド。  バルドフ [続きを読む]

« エウレカセブン 第13話  | トップページ | 石原都知事は帝という名のポッキーの夢を見るか? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト