2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« ハートで感じる英文法 | トップページ | エウレカセブン 第15話 『ヒューマン・ビヘイヴィア』 »

2005/07/29

ガンダムSEEDデスティニー 第40話

ガンダムSEEDデスティニー 第40話 『黄金の意志』

ようやく見れました。ほぼ1週遅れです。

今回の話の作りを一言でいうなら、後半に主役ロボットが出る話の王道です。

王道万歳!

王道は燃える!

話の取っ掛かりは、シンがうなされていることから。アスランとか倒しちゃったシーンがリフレインします。デストロイの頭潰したら、ステラが絶叫しました。良心の呵責なんですね。それで起きてしまいます。

そうしたら、ケンシロウのようなへの字口をしたレイが、やはり無言でタオルと飲み物を持ってきます。そして「うなされていたぞ」と一言。そしてベットに戻るときに、格言を一発、

「優しすぎるのは弱さだ。それでは何も守れない」

大人です。鳥肌実の

「今日本が一番しなければならないことは何か?戦争でございます。・・・私の辞書に平和の二文字はございません。和平の二文字もございません。鳥肌実、鳥肌実は『ホップステップ玉砕』で頑張って参ります。」(全文リンクはこちら

(このギレン様の演説に合わせたバーションは秀逸です。http://fileman.n1e.jp/TOP.PHP?mnu=SHOW&ft=1&fid=6-21iea91i&cate=&fuid=6-21iea91i&act=ST

の如きお言葉です。デュランダル議長にも通じるお考えです!

それはさておき、レイとシンはフェイスに昇格です。デュランダルの犬になってしまいました。ミネルバのグラディス艦長はアスランとメイリンの件を根に持っています。デュランダル議長としては仲良くしたいようですが。そこにボスキャラ、ロード・ジブリール様がオーブにかくまわれているとの情報が入ります。

ロード・ジブリールを渡せと、ザフト軍は艦隊を派遣して要求します。砲艦外交ですな!しかしことを荒立てたくない政府(ユウナとか)としては国民に危機的な状況にあることを告げず、臨戦態勢もとりません。その状況を知ったカガリさまは居ても立っても居られなくなりますが、『ジバング』顔のアマギ一尉に見つめられて、まずはユウナの出方を見守ることにします。まあヴァカではないだろうと思ったのでしょう。ここから王道ストーリーの始まりです。無能っぷりを発揮しているヤツになぜか主人公側は期待します。視聴者はやきもきします。そしてユウナは決して期待を破りません。

ロード・ジブリールはオーブにいないと宣言してしまいます。

激怒するザフト軍!宣戦布告されました!海から空からザフト軍のモビルスーツが襲いかかります。最初に狙われたのセイラン家。アメリカ軍がイラク戦争で最初に大統領宮殿狙ったのににてますね。オーブはヘブンズゲートのように焦土と化すのか!作戦名は「フューリー(怒り)」だそうです。(1983年のアメリカ軍がグレナダに侵攻したときの作戦名も「アージェント・フューリー」と言います。)

無能なユウナ様は全然指揮ができません。攻め込まれて最初に発したお言葉が

もう!どうしてこうなるんだ~。彼はいないと回答しているのに。どうして奴らはうってくるの?

最高です。期待を裏切りません。このボケには参謀総長と思しきソガ一佐『彼らはウソだと知っているからですよ』と的確な突っ込みをジパング顔で入れます。しかし本当に突っ込まれているのはオーブだったりして。

さらにユウナ様のボケはさらなる冴えを見せます。本島防衛線が総崩れになりそうになります。ソガ一佐が部隊を回さなければなりませんと進言すると、

だったらやってよ~。防衛線に部隊を回してよ~。

つかさず、ソガ一佐

『それを命令するのがあなたです。』ユウナ様は統帥権の意味がお分かりにならないボケっぷりを発揮です。

もうオーブどうなっちゃうの!みんなハラハラです。

カガリ様も辛抱たまらんと、マリューさんにスカイグラスパーを貸せとか言い出します。マりューさん胸を揺らして静止しようとします。しかし色仕掛けは同性には通じません。そこにキサカ一左(feat.エリカ)登場です。焦るカガリを静止します。カガリは泣きながら、

このままここで見ているくらいなら、国と一緒にこの身も焼かれた方がましだ!

熱いです。キサカ一左が「死なれたら困るから一緒に来いと言っているんだ」と言います。

お父様の遺言があるといいます。

じゃじゃーん!!

お父さんの遺言は黄金に輝くモビルスーツ!

百式改め、暁!

主役メカはこういう逆境の中で登場ではなくてはね!

暁に乗ってカガリが発進!オーブ軍が劣勢を強いられるなか、暁とムラサメ隊がオーブの防衛戦線に到着します。ユウナから統帥権をスマートな方法で剥奪!統帥権を剥奪され、国家反逆罪に問われたユウナソガ一佐修正を受けます。最後まで受けねらいです。ユウナ様、キャラ的においしすぎます。

カガリさまは意外とやります。統帥権を掌握すると同時に行政府にも部隊を回して政治権力も掌握するという正しいクーデターを行います。

カガリの登場で戦況は持ち直します。ザフト軍は切り札を投入。

デスティニーガンダム発進です!ふるさとのオーブを討つシン!

来週は暁とデスティニーガンダムの対決だ!

続編で黄金の期待に乗ったということは、数年後に劇場版『逆襲のカガリ』が見れるのかな。ユニウスセブンはもう落としてるしねえ。今度は何を?株価?

« ハートで感じる英文法 | トップページ | エウレカセブン 第15話 『ヒューマン・ビヘイヴィア』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/5217869

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムSEEDデスティニー 第40話:

» デスティニーファンクラブ [デスティニー調査隊]
デスティニーのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« ハートで感じる英文法 | トップページ | エウレカセブン 第15話 『ヒューマン・ビヘイヴィア』 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト