2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 昔のアニメのカルタとかぬり絵とか | トップページ | ガンダムSEEDディスティニー 第44話 『2人のラクス』  »

2005/08/20

ハリー・ポッター炎のゴブレット(上)を読んでみました

ハリー・ポッター・炎のゴブレット(上)を読んでみました。これは子供には面白いでしょうね。良いと思ったのは、おとぎ話を現代の設定に置き換えながら、子供の願望を具現化している。日本にもあります。そう、

ドラエモン

です。ドラエモンもアジアでは席巻してます。

現代の設定だなあと思ったのが、ワールドカップとか、ゴシップ誌とか魔法の世界にあることでしょうか。子供にもこれは面白いでしょう。イギリスでは箒(ほうき)を使って空を飛ぶけど、中東ではじゅうたんを使って飛ぶそうです。そこでじゅうたんの輸入を認めるようにイギリスに圧力をかけているとか、そういうのは笑えます。

ネタはいい。しかし翻訳はどうなんでしょう。こちらのサイトでも怒っておられる方がいます(http://d.hatena.ne.jp/yukodokidoki/20021029

少なくとも日本の童話のスタンダードではないように思います。「糞」という言葉が気にかかります。日本昔話なら出てくるでしょうが、グリム童話とかではあまり見ないような。読んだ感じが、早川書房みたいでした。

警察(Policeman)がわからない魔法使いが警察を「慶察」(Pleaseman)と呼ぶというのは、大人しかわからないような。「おまわりさん」と「おかわりさん」でもいいかと。

しかし実際翻訳してみると他に手はないかもしれません。Pleasemanを「おかわりさん」とかすると原文を忠実に訳していないとか読者を怒らせそうです。難しい。もう一つ、

強調するフォントはいいフォントを使え!読みにくい!

« 昔のアニメのカルタとかぬり絵とか | トップページ | ガンダムSEEDディスティニー 第44話 『2人のラクス』  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/5553717

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッター炎のゴブレット(上)を読んでみました:

» ハリー・ポッターと炎のゴブレット [ブログーッ( ^ー゜)b]
はりー・ぽったー4評価: ☆☆☆☆ アズカバンの囚人は見てないが行った。本で読んだから大丈夫だ。 1,2のリチャード・ハリスのダンブルドアの方が良かったな [続きを読む]

« 昔のアニメのカルタとかぬり絵とか | トップページ | ガンダムSEEDディスティニー 第44話 『2人のラクス』  »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本