2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 変な夢 | トップページ | エンジェルハート 第1話 »

2005/10/17

BLOOD+ 第2話 「魔法の言葉」

魔法の言葉、なるほどという話。カイが良い感じ。

血を飲んで種割れした(「目覚め」ですか?)小夜が「ソード」って叫んだから、アメリカ人なんですね。で、ずばっと翼手の胴体を一刀両断!このとき小夜は親指を刀の根元に当てて血を滴らせて、その刀を翼手の腹に食い込ませたとき、刀の血が翼手に入っていきましたが、あれはなんですか?

カイが教室を懐中電灯で照らすと、刀を握った小夜がこちらを紅い眼で見据えていた。小夜は「カイ・・・」と呟いて気絶する。「まだ目覚めていない・・・」とハジ。

カイは小夜をかかりつけの病院に運んでいった。父親のジョージも駆けつける。そこにいつもの女医が父親に説明する「彼が血まみれの小夜さんを運んできたわ」ジョージは驚きもしない。「制服は私たちで処分しておくわ」女医は血のついた小夜の制服をとって部屋を出て行く。

小夜が学校でしたことを父親に話そうとする。父親は家に帰るようにいう。
「俺なにもできなかった・・・」悔しさと無力感というやつですか。

米軍としてはすべてを隠蔽するために、殺人犯をでっち上げる。

小夜は意識の戻ったが、何が起こったのか思い出せない。付き添っていた父親は学校で倒れたと嘘をついた。しかし父がデイヴィットと話に出ていった後、服を着替えて鏡を見ると、血だらけの「目覚めた」自分の顔が見えた。そして蘇る殺戮のイメージ。

デイヴィッドは小夜に正体を教え、「組織」に身柄を渡せと父親に迫った。ためらう父親にデイヴィッドが言う、小夜はお前の家族じゃない、戦って戦って戦いぬく兵器だと。そして駄目押しの一言。秘密組織の決まり文句「我々には時間がないんだ」で決まりです。

その話を聞いてしまった小夜は病院を飛び出す。

カイは居場所を知っていた。そこは海岸。小夜がそこで海を見ているといきなりチェロの音。後ろにハジの姿。唐突ですが、こういうダンディーさんは声をかけないのが基本。存在感をアピールするには音楽しかないか・・・

小夜は自分の正体を教えて欲しいと頼む。ハジが問う。「再び茨の道を歩む覚悟があるのであれば」そこにカイがやってきて話は中断。

夜の浜辺、小夜とカイ

「私学校であんなこと・・・私どうなるのかな・・・私このまま自分がなんだかわからないまま・・」

「不安か?」
「小夜のそばには俺がいる。リクだって、オヤジだって。それでも不安か?」
(アコムがないと不安かも・・・)
「どんなことがあったって、小夜は小夜だ。俺たちの家族だ。」

「なんくるないさ・・沖縄口(うちなあぐち)で『何とかなるさ』って意味さ。オヤジがよく言ってた・・・なんとなくがんばれるそんな魔法の言葉さ」

で次回、新たなマウス!はたして小夜はどうなるのか?

病院で小夜が食べてたの噂の「スパムにぎり」では?(↓こんなのらしいです)
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/marronclub/diary/200504210001/

« 変な夢 | トップページ | エンジェルハート 第1話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/6439740

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+ 第2話 「魔法の言葉」:

» BLOOD+ ブラッドプラス@第02話、魔法の言葉 [Phantom Moon]
BLOOD+: 斬──!! 小夜覚醒、そして翼手轟沈。 もっとこう一閃みたいな感じで、スッパリ行くのかと思ったら力任せのぶった切りなのね。 ひょっ [続きを読む]

» BLOOD+ Episode-2『魔法の言葉』で [さつき日記]
いきなりキスから始まったことには驚きですね。 (まん想なんだけど...) で、真っ二つに切るとか...血噴出すし で、気絶すると...いきなり覚醒だもんね 学校から遠くはなれたところに避難しましたが どうやって避難した?(飛んだのか?) で、ハジはすぐに消えたし 事件..... [続きを読む]

« 変な夢 | トップページ | エンジェルハート 第1話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト