2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

BLOOD+ 第4話 「アブない少年」

g2005041509deka これは危ない中年。余談はさておき。

ジョージの次に翼手にやられるのはカイですか!という話。

重傷を負ったジョージが小夜とカイとともに病院に入るとすぐに手術室に搬入される。カイは拳で壁を叩くと外に出て行った(フォレストを殺すという詳しい心情説明はこの前の予告にもあり)。ジョージの手術が終わり、病室に移る。それを外の廊下に置かれた椅子で見守る小夜。

「たいへんだったわね」そこにジュリアがやって来る(金髪、めがね、タイトスカート最高です!)。遅れてデイヴィッドもやって来る。

ジュリアが背中合わせに座るデイヴィッドをたしなめる。翼手に襲われたジョージが「汚染」された可能性があるのに一般病院に搬送したのは軽率だったと。だがジョージには早急な処置が必要だったとデイヴィッドは説明した。
「あいかわらずね。ビジネスよりハート?」
デイヴィッドは意外と良いやつらしい。手に握られた十字架にはひし形のルビーみたいなものが埋め込まれていた。翼手殲滅は任務だからというが、死んでいった仲間の弔いらしい。

ハジを「ジョエルの日記(?)」とデイヴィッドは言っていましたが、日記って何?聞き間違い?

フォレストを探すカイの足取りを追って小夜とリクがカイの仲間(たがみよしひさ風にルビふるとしたら「ツレ」)に会う。カイの行く先を聞くとトータルテンボスのアフロの方(↓写真)と

cast_01 こんなひと。

もうひとりが行った先まで一緒に言ってくれることになった。沖縄人は良い人だ。

カイはフォレストの昔の彼女(レイミ)が働いているアマゾネスGOGOに入っていた。レイミはフォレストから電話があったようで店を出て行くところだった。カイは彼女のあとを追いかける。

小夜たちが4人で夜の歓楽街を歩いているとざわざわという音が響いてきた。あたりを見回すがそれらしい音を発するものはない。見上げると黒い空にゆらゆらと三日月が浮かんでいた。小夜の目が赤くなる。泣き声のような音がする。男のひとり(藤田君)に呼ばれて正気に戻る小夜。マウスを追っていた彼らも翼手の音をロストした。
「さっきの声なんだろうね?」リクにも聞こえたらしい(伏線ですか)。

アルジャーノの今日の飴は梅味らしい。司令官より翼手に襲われた人間(ジョージ)が生きているとの情報を受け、身柄の確保を依頼する。

小夜たちがアマゾネスGOGOの前まで来ると、店に入る階段から真央が出てきた。彼女もカイに頼まれてフォレストを追っていた。(ザーヤクみたいな)運転手「木村」つきのベンツに乗っていた。リクと小夜を車に乗るように言い、居残り組みになった男たちにはカイを見つけたら連絡するように命じた。高圧的な女だねえ。

小夜が乗った車をハジがビルの上から見ている。

レイミが乗ったタクシーの後を追いかけてきたカイは、埠頭に並ぶ今は廃屋となっている倉庫のひとつについた。シャッターの一部が歪んでいた。女の悲鳴。カイが拳銃を取り出してドアを蹴破って入ると、倉庫の奥で翼手がレイミの首から血をすすっていた。(コンビニで食べ物かってきた袋を持っていたのがなんとも、皮肉と言うかなんというか)食事を終えた翼手はカイに気づき、女の死体を捨てるとカイに向ってきた。カイは(ジョージが小夜を撃としていた)拳銃を続けざまに撃った。

その声を感じた小夜は車から降りると音がする方向へ飛び出した。リクも彼女を追いかけて飛び出した。

カイではなく小夜を追いかけていたデイヴィットの仲間のルイスが歩道を走る2人を見つけた。デイヴィッドがリクを呼び止めようとするが、反応がないのでリクの後を追いかける。

ひとり暗くなった商店街を走る小夜がふと脇に入る小路を向いた。その先には埠頭が見える。そこにハジが現れる。
慟哭。
小夜が空を見上げる
「聞こえるのですね?あれらの声が」
「教えて。あなた知ってるんでしょ?どうすればいいの?」
「ハジ…とお呼びください。そして命じてください」
一瞬躊躇する小夜。だが意を決する。覚悟を決めたのでしょう。
「ハジ、お願い。カイを助けたいの。もう誰にも傷ついて欲しくないの」
そう言われてハジは右手の包帯を取り、ひし形のルビーのついたナイフで化け物と化した手のひらを切ると、そこから溢れた血を小夜は口に含んだ。

小夜を追いかけてきたリクがそこに来ると、すでに彼女の目は赤く染まっていた。そしてハジに抱えられ空へと舞った。デイヴィッドもリクに追いついた。耳を押さえて膝を落とすリクがいた。「吠えてる・・・なにこれ?なんかライオンみたいな、なに?」

カイは全弾撃ちつくした。銃弾がフォレストの体からはじき出され、コルトで吹き飛ばされた右目が再生する。そして丸腰になったカイに襲い掛かろうとする。カイは反射的に両腕を顔の前で交差して防ごうとする。だが翼手の動きが止まる。頭を屋根に向けると、桁に立つ小夜とハジの姿があった。

小夜がハジからソードを受け取る。2人に気がついた翼手は手が肥大させ翼に変えて舞い上がった。そこにハジがメテオクラッシュ!そして右手を背中に突き刺す。翼手は床にたたきつけられる。ハジは暴れる翼手の両手をつかんだ。怪力です。床に飛び降りた小夜は左手のひらを刃にあてて引き、血を滴らせた。ハジは小夜の態勢が整ったことを横目で見ると翼手から手を離した。小夜に頭から突進する翼手。刀を構える小夜。今回は胴体を斬らずに左腕を落とす。翼手は立ち上がったが、絶命した。

戦いが終わり、普通に戻った小夜は泣き崩れた。

またも何もできなかったと悔やむカイ。

レイミとフォレストの死体はどうする気ですか?

異人さんに連れられていったジョージの行方やいかに!

2005/10/30

ハーツオブアイアン 2 (大日本帝国の勃興)

ハーツ オブ アイアン 2 が12月に日本語版も出るそうです。
これは濃いですよ。

英語版はちょっと安いです。

【WIN】ハーツオブアイアンII ←これ英語版のパッケージ、クリックすると楽天に飛びます。

アドバンスト大戦略のような進化はありません(開発は存在します)。なのでユニットがパンター(パンテル)になったり、ティーガー(ティーゲル)になる快感はないですが、「俺のパンツァーが!!と絶叫することもありません」

このゲームの肝は外交と戦争が一緒にできることです。(アマゾンの説明見ると第二次世界大戦しかできないような記述になっていますが、もっと前からできます。1936年から始まるので日本なら盧溝橋事件からプレイできますし、スペイン内戦もプレイできます。)

外交がプレイできるということは戦争を起こさないで済ませられるということです(ただし戦争をふっかけられることはあります。)

はたして大日本帝国は無条件降伏をしないで動乱の時代の乗り切れるのか?
私の方策:
1937年の盧溝橋事件からシナ事変(日中戦争)へと拡大させない。
1939年のノモンハン事変でソ連を叩き潰す(不可侵条約を結ばない)。できればドイツとともにソ連を挟撃する。
1941年にアメリカからハルノート(満州からの撤退)を突きつけられた場合には受諾する(アメリカとの戦争を回避する)。つまり海軍の主張する南進でなく陸軍の北進。

ゲームを開始1936年

HOI_1 クリックで拡大

黄色いエリアが大日本帝国の領土。ベージュが満州国(満州国の下が黄色く日本の直轄領(冀察政務委員会と冀東防共自治政府の支配地域でしょう)。赤色が主敵であるソ連。レンガ色のエリアはその属国であるモンゴル。

まず始めたこと:
1.領内のインフラ整備の充実、工場および大陸にある航空基地の拡大。
2.兵力(戦車・歩兵と航空戦力)の増強。海軍は無視。
3.陸戦ドクトリン(戦術形態)の改良。
ターゲット年月日はノモンハン事変が起こるであろう1939年前半。

その間に軍部のお馬鹿青年将校が2.26事件を起こす。こんなやつらに話しても分からないので、「問答無用」で武力鎮圧。勝手に戦争されては困ります。

資源が枯渇し始めたので貿易で埋め合わせ。カナダとかスウェーデンとか。

1937年6月30日盧溝橋事件。
全面戦争に拡大しないように中華民国と話し合いで蹴りをつける。これで対ソ戦に向けた兵力の集中が可能になる。

しかし1937年8月11日に大規模なストライキ発生!
労働人口が減ったために兵力、インフラ、航空基地の拡張のいずれかの放棄を迫られる。
ここは航空基地の拡張を断念。

1937年10月25日にモンゴルを潰しておこうと宣戦布告したら、ソ連からも宣戦布告された…戦争準備が整っておらず。しかしこのまま戦争に突入。

本土と大陸との補給路を守るために海軍の全兵力を使って周辺海域を警戒を命じるが、そうすると石油備蓄がみるみる減っていき、戦争継続不可能になる。「神の手」を発動してやり直し…

海軍の活動を抑えて石油の消耗を押さえる(具体的には駆逐艦と潜水艦の数部隊のみを巡視警戒に当たらせ、戦艦と空母は温存(太平洋戦争の大和状態))

ノモンハン事変が起こった場合には西側に展開する部隊がモンゴルを攻め、東側に展開する部隊がヴラディヴォストークを攻略する。ヴラディヴォストークには要塞があるので攻略は難しいかもしれない。

準備が整い、1939年7月にノモンハン事変勃発。大日本帝国はソ連との全面戦争に突入。意外とあっさりとヴラディヴォストークは陥落。だが満州国=ソ連国境に少数ながらソ連軍部隊の侵入を受ける。ヴラディヴォストークの攻略にむけて兵力を集中していたので満州が戦略的な「わき腹」になってしまった。しかしなんとか排除する。

1939年にはドイツがポーランドに攻め込んで第二次世界大戦勃発。

1940年9月、頼んでもいないのにドイツから仏領インドシナの割譲の話が来る。アメリカとの問題は可能限り避けたいのですが、一番アメリカを怒らせない航空基地の使用を選択。(残りのインドシナはイギリスに占領される運命に…)

1940年12月までにはモンゴルおよびタンヌツヴァを攻略。ソ連が和平交渉を申し出てくるかと思ったがそれはなし・・・

HOI_2
1940年12月13日までの状況。でもこんなでかい国は正直厳しい。史実どおり1941年6月22日にドイツがソ連に攻め込んで来ることを期待して戦いを継続。

突然この日、中華民国がソ連に宣戦布告!すごいゲームです。同時に日本が占領しているモンゴル、タンヌツヴァ、そして冀察政務委員会と冀東防共自治政府の割譲を求める。中華民国は敵ではない(敵の敵は味方な)ので同意。

1941年7月になってもドイツは沈黙を守ったまま。ちょっと頼みますよ~ヒゲのおじさん。

同年8月にはアメリカが日本に経済制裁を課してくる。石油の輸入が停止するのはいいとして、

備蓄しておいた石油まで持っていくな!

でもここで怒ると英米ソを3方向から攻め込まれるのでガマン。

なぜかサウジアラビアと物資と石油の貿易協定の締結に成功。これで石油の安定確保ができた。アメリカなんざ怖くねえぜ!

それから半年間戦いに明け暮れる。1941年12月7日の真珠湾攻撃は一応回避。英米とは戦争状態になっていない。下は1941年12月9日の状況

HOI_3

極東は黄色だ!でも資源はなし!気がついたら南サハリン占領されていました(爆)

今後の課題としてペルシャやトルコを対ソ戦に巻き込めるかどうか。問題は外交。どうして動かないのドイツは!(どっかのヘボイ司令官的な発言)

第2回はこちらから↓
http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/__2_dc16.html

予想もしない展開が!(なんてね)

2005/10/29

蟲師 第1話

第1話 まったく漫画も読んだこともなければ何も知らずにみました。
ありがとうと言いたくなる秀作です。

「緑の座」というタイトルどおり、緑の綺麗な話でした。左手で書くと書いたものに命が宿るので左手で書くことを禁じられた少年、そしてその家に宿る人と蟲の間のもの。それが実は少年のお婆さんの分身であった。この「もの」を主人公の蟲師が少年の力で助ける。蟲に成就したお婆さんが少年を山の中で見守っていくことになる。

絵の見事さに打たれます。少年の描いた皿が立体的になるシーンが最高です。

OP曲も良いし、ED曲も話にあっています。

漫画を買う気になってきました。

2005/10/28

アトランティスのこころ

映画化もされた原作を読みました。単行本版は上下巻に分かれています。表題のアトランティスが超能力のことかと思いましたが、まったく違ってました。

50年代後半から60年代のアメリカ文化がてんこ盛りなのでアメリカ人が読めばノスタルジックに思うはずです。あの感じは「タケシくんはい!」みたいな感じでしょうか。ただし話は結構エグイと思いますよ。精神的にきます。

50年代、60年代に生まれた人が読むと共感すると思います。そうするとあの最後《天国のような夜が降ってくる》はそうとう良いはずです。

映画版はわかりませんが、小説に関して思うのはベトナム戦争が重要な転換点です。話は最初の少年時代がベトナム戦争前、そしてベトナム戦争、ベトナム戦争後という展開になっています。ベトナム戦争中の大学のキャンパスの話で「アトランティスが沈む前」という表現が出てきます。主人公は複数です。上巻に関して言えば《ブレイカー》のテッドとボビー少年ですが、下巻は話によって違います。

最後がすばらしく良いですよ。

やたらにアメリカものが出てくるので知っている限り書きたいと思います。

ルートビア(リンク→http://gpzagogo2.fc2web.com/)
ドクターペッパーかチェリーコークにバニラを加えたようなすごい味です。あれはすごい。

キャッセロール(長方形の大きなグラタン皿と思っていただければ良いと思います。オーブン焼きですかね。豆とソーセージのキャッセロールというのは、ケチャップ味の豆とソーセージを混ぜてオーブンで焼いたものでしょう。)

下巻の大学の話
日本と違って大学に入学した時点で学科はありません(しかし学科によって一般教育課程で履修しなければならない科目が決まっているので進路によって取る科目は違ってきます。)

科目の期間
大学によって違うのですが、この小説の州立大学の場合、セメスター制だと思います。8月から12月までの秋のセメスターと1月から5月の春セメスターです。予備試験っておそらく中間試験だと思います。

成績の平均(GPA)
A=4、B=3、C=2、D=1、F(落第)=0
2.25ということはCよりちょっと良くないといけません。

ジェロー
ゼリーのことです。アメリカで「ゼリー」というとジャムになります。

ターンパイク
有料道路のことです。

ホビット村
指輪物語の「ホビット庄」かと(原文によりますが)

マルタの鷹がGyaoで配信してたので見ました。LAコンフィデンシャルみたいな映画でした。古い映画ですが、どんでん返しが良いですよ。

あいうのうた。2話 3話

どってことない話と言えばそうですが、やっぱりまったり面白い。

第2話。洋子が「あいちゃん」と新しい名前をもらう話。でも一番下の子のお遊戯発表会をドタキャンするという、やっぱり人間は変われませんという話を挟んだのが良かったと思います。一回へこませる。かわいそうなことをしたと思わせる。自分は好かれていると認識させる。そうすると第3話のお弁当作りにチャレンジという流れに行きやすい。

小日向文世の忘れられてる、ヘタレ感が良い。

第3話。正体ばれちゃう。そしてお弁当作りの話。子供時代にパンしか入っていないお弁当というのは子供には厳しいですわな。で居候している家の子供たちのお弁当を作ることにする。

そして岸田今日子の、子供がお弁当を全部食べて帰ってきたら嬉しいけど、残してきて切ないときという話を先に出しておいて、せっかく作ったのに子供が残して帰ってくるというときのドキドキ感が出て良い。まあ当然全部は食べてもらえないという展開になるのですが。

ただがんばるだけなら、スチュワーデス物語になりますが、ちょっと性格歪んでるところからスタートしてるのがなんか面白いのかと思います。

最後に子供のおいしかったというのはちょっとググっときますな。最後の玉置浩二に髪の毛グシャグシャにされるシーンも、回想で他の子供がお父さんに髪の毛をぐしゃぐしゃされるのを見て自分でグシャグシャにするシーンを挟んでるので良かったです。

2005/10/27

米軍再編案を図示すると

読売新聞の抜粋(10月26日にわかった)見直し案

 沖縄以外では、〈1〉米海軍厚木基地(神奈川)の空母艦載機の米海兵隊岩国基地(山口)への移転〈2〉米陸軍第1軍団司令部(米ワシントン州)を改編した新司令部(UEX)のキャンプ座間(神奈川)移転――などが柱だ。

 厚木基地から移転するのは、米空母「キティホーク」搭載のFA18戦闘攻撃機など約70機。岩国基地の沖合約1キロに建設中の新滑走路が完成する2008年度以降に移転する。

第三海兵師団司令部がグアムに移動(青字がコメントです)

guam-2 クリックで大きくなります。

フィリピン、インドネシアとの距離は沖縄に拠点基地があった場合とあまり変わらないように思います。(※師団全部が沖縄から移転するということではないそうです。)

厚木から岩国に移動

japan-2

確かに訓練用ですが、滑走路を新設するそうなので有事の時には使うことになるでしょう。北朝鮮を仮想敵国とした場合、岩国の方が厚木より近くになりますし(直接航続距離が届かなくても日本海に空母ないし空中給油機を配置すれば良いわけで)、韓国が侵略を受けた場合には戦略的にかなり重要な出撃基地になるのではと思います。

沖縄の基地は台湾を守る意味でやはり重要だと思います(台湾の独立は日本の南方への航路の安全を保障します)。がんばれば韓国にも届きます。沖縄から西と北に伸びる矢印の中間(北西の方向)に春暁ガス田もあります。

 キャンプ座間には極東をにらむ米陸軍の新司令部が移転するほか、陸上自衛隊の中央即応集団司令部を移し、共同対処機能の強化を図る。

必要だと思いますが、憲法改正しないと対応できない気がします。

 このほか、横田基地(東京)には、空自の航空総隊司令部(同)を移し、ミサイル防衛などでの情報共有を進める。航空管制業務(横田ラプコン)は空自への管制権の移管を念頭に見直しを図る。東京都が要望している軍民共用化の協議も加速する。

これってNORAD(ノーラッド)みたいになるんでしょうかね?今怖いのは北朝鮮ですが、長期的にみれば中国が脅威です。極東で冷戦が始まる可能性が高まっていると思います。米中に飲み込まれることなく回避した方がいいのですが。

これはタイトル通り、日本の生き残り戦略を考える上でお勧めの1冊。理想ではなく、リアリストの意見を読みたい人むけです。今週日曜日の読売新聞にもこの人のエッセイがでていたので興味のある方は読んでみられてはいかがでしょうか。この人ちょっとアメリカより過ぎるとも思いますが、そこを差し引いても良いものです。

2005/10/26

ハリケーンのカテゴリーとは具体的に?

ハリケーンのカテゴリーとは?同然規模なのですが具体的には以下のようになります。
http://www.nhc.noaa.gov/aboutsshs.shtml)(←原文です)

(注意:アメリカでは風速を秒速ではなく時速であらわします)
カテゴリー1Category One Hurricane:
風速74-95マイル(64-82ノット:119-153km)。高潮により海面が4-5フィート(1.2m-1.5m)上昇。建築物への被害は事実上皆無。主に被害を受けるのは地面に固定されていないトレーラーハウス、生垣、樹木など。建てつけが頑丈でない標識も被害を受けることがある。
 
カテゴリー2(Category Two Hurricane):
風速96‐110マイル(83‐95ノット:154-117km)。高潮により海面が6-8フィート(1.8-2.4m)上昇。建物の屋根、ドア、窓の一部に損害。生垣、樹木に多大な損害。中には吹き飛ばされる樹木もある。トレーラーハウス、建てつけの頑丈でない標識、桟橋に多大な損害。沿岸の低海抜地域ではハリケーンの中心が到達する2-4時間前に避難経路が冠水。
 
カテゴリー3(Category Three Hurricane):
風速111‐130マイル(96‐113ノット:178-209km)。高潮により海面が9-12フィート(2.7-3.6m)上昇。小さな住居や施設の一部で構造に損害(カーテンウォール(帳壁)に小規模な破損)。生垣や樹木の葉が吹き飛ばされ、大木がなぎ倒される。トレーラーハウスや建てつけが頑丈でない標識は破壊。低海抜地域の避難経路はハリケーンの中心部が到達する3-5時間前に増水にともない寸断される。沿岸地域では浸水により小型建造物が破壊され、大型建造物も漂流する瓦礫が当たって損害をこうむる。海抜5フィート(1.5m)以下の地帯では海岸から8マイル(13km)以上内陸まで冠水する危険性がある。沿岸から数ブロックの低海抜地域にすむ住民は避難が必要となる。
 
カテゴリー4(Category Four Hurricane):
風速131‐155マイル(114‐135ノット:210-249km)。高潮により海面が13-18フィート(3.6-5.4m)上昇。建物のカーテンウォール(帳壁)の損害が拡大。小型住居では屋根が完全に吹き飛ぶ。生垣、樹木、すべての標識がなぎ倒される。トレーラーハウスは完全に破壊。窓やドアの多くに被害。海抜の低い地域の避難経路はハリケーンの中心部が到達する3-5時間前に増水にともない寸断される。沿岸地域の建築物では低層階にかなりの損害。海抜10フィート(3m)以下の地帯では6マイル(10km)以上内陸まで水につかる危険があり、同地域にすむ住民には大規模な避難が必要となる。
 
カテゴリー5(Category Five Hurricane):
風速155マイル(135ノット:249km)以上。高潮により海面が18フィート(5.4m)以上上昇。多数の住居や工場施設において屋根が完全に吹き飛ぶ。一部の建築物は倒壊し、小型施設は完全に吹き飛ばされる。あらゆる生垣、樹木、標識がなぎ倒される。トレーラーハウスは完全に破壊。多くの窓やドアに極めて深刻な被害。海抜の低い地域の避難経路はハリケーンの中心が到達する3-5時間前に増水にともない寸断。海抜15フィート(4.5m)以下の地帯で海岸から500ヤード(450m)以内にあるすべての建築物で低層階にかなりの損害。海岸から5-10マイル(8-16km)内陸までの地域にすむ住民には大規模な避難が必要となる可能性がある。
 

機動戦士ガンダムのガセネタ:ピンクの件

夢みて走れ」によると「機動戦士ガンダム(1979)で赤い彗星のシャアの機体や爆煙を塗るために、ピンク色が多用されたのは、前番組で大量に余ったピンクの絵の具を流用したから」はガセビアである。(実際の理由については同サイトを参照してください)

なんだそうです。というかシャアザクはピンクだったか?という疑問が湧きましてチェックしてみました。ビデオはないので講談社の機動戦士ガンダム・ストーリーブック①をチェックすると

char-1

確かにガンダムのシールドと比べるとザクは赤ではない。

大人の話(お子さんは見ないように)
岡山のデリへルに「NEWタイプ」なるものがあるようです。コース名が

ザクコース (60分コース)
Newタイプ入門の基本コースです。
あなどれません!
60分 16,000円
グフコース (90分コース)
ザクとは違います、ザクとは!
★ ローションバス付きです♪
90分 23,000円
ドムコース (120分コース)
グフと比べてもらっては困ります!
★ ローションバス ★ ピンクローター付き♪
120分 30,000円
シャア専用コース (180分コース)
ニュータイプとの長時間ガチンコプレイです。
★ ローションバス ★ ピンクローター
★ アロママッサージ付き♪
180分 44,000円
ハロコース (100分コース)
リラックスリフレッシュコースです。
★ ヘルス ★ アロママッサージ付き♪
100分 28,000円
ジェットストリームコース (70分3Pコース)
Newタイプ3Pコースです。
3連星ジェットストリームアタックをお決め下さい。
70分 32,000円

「これが若さか!」の言葉通り、
若くて素敵な女の子を集めました。

なんだそうです。お約束と言うかなんと言うか。ガンダム恐るべし(笑)

2005/10/25

羽生善治の 決断力 を読みました

直感の七割は正しいという帯のキャッチが気にって買ってしまいました。

どんな本でもそうですがアナリストの本と実践している人の本とでは話の重みに違いがあります。ただ実践している人の本も危険で、理想を書いている場合も多いと思います。この本はそういう意味で地に足のついた本になっていると思います。

自分と思考パターンが似ているので納得できたということもあると思います(似ているだけで将棋もさせませんし、なんのチャンピオンにもなっていません)。

経験には良い経験と悪い経験がある。

「経験を積んで選択肢が増えている分だけ、怖いとか、不安だとか、そういう気持ちも増してきている(32ページ)…そういうマイナス面に打ち勝てる理性、自分自身をコントロールする力を同時に成長させていかないと、経験を活かし切るのは難しくなってしまう。(33ページ)。

「決断のための情報が増えるほど正しい決断ができるようになるかといえば、必ずしもそうはいかない(56ページ)」そう思います。
変な話ですが、ことわざと同じです。「急がば回れ」と「鉄は熱いうちに打て」とは真逆です。しかしいろいろな物事の展開をみると両方正しいと思います。

将棋には「手を渡す」という方法があるそうです(マンシュタインの「後の先」みたいです)。「自分が思い描いていた構想とかプランをそのまま実現させることではなく、逆に相手に自由にやってもらい、その力も使って、返し技をかけに行くことだ。…この選択は気持ちに余裕(自信)がなければできない。(38ページ)」

またこういうことは実践してみないと理解の仕方が深まらないとも言っています「理解度が深まらないと、そこから新しい発想やアプローチも思い浮かばない。いろいろ試したり、実践してみたことこそが、次のステップにつながっていくのである(39ページ)」

未知のフィールドで戦うほうが面白いとも言っています。「未知の世界に踏み込み、自分で考え、新しいルートを探し求める気迫こそ、未来を切り開く力になる(39ページ)。」とうぜんそれにはリスクが伴うわけです。しかしリスクを背負わなければ決断はできない。剣豪同士の勝負の例えが良いので引用します。

お互いに離れていては勝負がつかないから、前へ進まなくてはいけない。前に進むとそれだけ危険が迫る。怖いから下がりたい気持ちになるだろうが、一歩下がっても、相手に一歩間合いを詰められるだけだ。状況は変わらない。逆に言えば下がれば下がるほど状況が悪くなるのだ。怖くても前へ進んでいく、そういう気持ち、姿勢が非常に大事だと思っている。

そのためにはプラス思考が重要なようです。といえば当たり前ですが、思い込みだけではどうにもなりません。ちゃんとテクニックもあるようです。持ち時間が少なくなっているときには「見切る」必要があるそうです。二者選択でどっちもダメなら、まったく読んでいない手の方が可能性がひろがるそうです。(111-112ページ)

「終盤に有効な手は、やわらかい手だ。それを探す作業にもなる。やわらかい手とは、幅の広い、意味のたくさんある手だ。また遅い手もいい手だ。急いでいくとその力を相手に使われて反撃されてしまう。」(112ページ)

将棋も同じ戦略でずっと勝てる訳ではないそうです。日々研究されてそれを破る手が出てくるという話しが出てきます。という話を前提して

私は「小さいころから始めたほうが伸びる」というのは疑問に思っている。何事も年齢が上がってから覚えた人は、感覚より知識に頼る傾向がある。だからといってダメというわけではない。将棋の世界では、将棋の質がとんどん変わっていっており、フォームを矯正しなくてはならない場面が必ず訪れる。小さい頃に身につけたフォームを新しく変えるのは大変だ。感覚より知識で覚えていたほうが忘れやすいので、次を受け入れやすいということもある。自分のスタイルを新しくすることもできるし、進歩や変化に適応しやすいといえるだろう(174ページ)

これが特に印象に残っています。

エンジェルハート 第2話

旧作と比べて絵が違いますね。こっちはこっちでいいですが。

第1話よりは面白かったと思います。第1話は紹介という感じでしたから。
ぶっちゃけあんなに心臓に喋られたら、完全に体乗っ取られているって感じもします。なんでそんなに香が出ないといかんのか分かりませんが、そうしないと獠ちゃんが「心臓えぐり出す」ことになるからでしょうかね?

旧作からのお約束である縄に縛られた冴羽獠が口にコーヒーカップを咥えて飲もうとするところは面白かったです。

海坊主って目が見えなかったのですね。ゆえにあのサングラスに意味もあると(80年代後半の少年ジャンプを彷彿とさせる「心眼」で死んだ香が見えるという話の展開は懐かしくて快感)。前は海坊主の妻がいたと思うのですが、出るのでしょうかね?

2005/10/24

エウレカセブン 第27話 へルター・スケルター 

♪誰かが今呼ぶ声がする♪いいOP曲です。ずっとエウレさんとレントンが自由落下していく良い演出です。あの味のある絵柄、作画監督の「うつのみや理(さとる)」というの好みであることはわかります。ですがね、特に最後の止め絵。どうなんでしょう?タルホさんの目が同時に別の目標を捕捉しています。例の物議をかもしたアクエリオンの第19話は良かったですよ、あの絵柄でないと面白くなかった。しかしですね、このOPの絵は…

第26話のホランドの言を借りるなら
認めたくねえ!認められねえ!
なんだこの気持ちは一体!

ですな。エンディングは面白いですね。

月光号の営倉にはレントンとエウレカ、そしてちびっ子たちが入れられていた。レントンにはなぜちびっ子まで入れられていたのか合点がいかない。そこにドギーが当座の食料(つまりこの後しばらく補給はなし)と防弾チョッキとガスマスクを持ってきた。そしてレントンに拳銃を渡した。ホランドはレイとチャールズが強襲すると踏んでおり、それに備えてのことだった。

ホランドはその頃、自室でシャワーを浴び、ヒゲを剃っていた。しかし剃刀を持つ手が震えて手元が狂い、左頬を切ってしまう。傷口から丸く血の玉が数珠繋ぎに浮かび上がってくる。ホランドが自分に課した使命はタルホの言葉で言うなら「血まみれの世界から2人を守る」ことであった。

それぞれのクルーがそれぞれの世界と状況認識をお互いに共有し、答えを探していた。

格納庫ではマシューが世界規模でおこる地殻変動を報じる新聞を読んでいた。「こういうとき大衆が信じたいのは虚像でも信念を持った指導者であり、英雄よ。」とヒルダに言われたものの、マシューは具体的にどんな人物が指導者をイメージできない。「たとえば?」
「ホランドとか…」とヒルダは言ったもののやはりしっくりこない。

ケンゴウとミーシャも通路で大人同士の話していた。
ケンゴウが言う「塔ごとの地方自治が始まって60年、その間にたまりにたまった膿が吹き出した。」
「そんな時代の気分を反映した閉塞感を突き破るものが欲しい」
「そんな指導者が打つ手…」
「見せざる敵を明確にし、大衆の目を眩ませる。コーラリアンそしてヴォダラク。知らないものは怖いもの。その下地はすでに織り込みずみでしょ。この世界には」

そのころ小型艇内ではコンバットスーツに身を包むレイとチャールズはヤスリで指紋を削り落としていた。チャールズが右手を握り締める
「腹の底からきゅっと痛くなってきやがった。久しぶりの感覚…」
「死を感じる前の緊張感こそ生きている感じ」
そして2人は丸いなにかを飲み込む。
「元SOFの第一団員のヘッド同士、決着をつけるには最高の舞台。今さらながら仕掛け人のデューイには感謝したい気分だ」

ホランドも戦い向けて肌に灰色なものを塗っていた(あとでチャールズが言う、光学迷彩、ステルス塗料なんですか?)。「背けるだけ背いて、逃げ回れるだけ逃げ回って、結局俺にはこれしかないんだ」ベット上げて銃身の短い、接近戦用サブマシンガンを取り出した。

雑誌を読むストナー「コーラリアンを巡る情報のリークか…本格的な情報戦が始まった。そろそろRAY=OUTも潮時か」
「だな」とハップ「貧乏自費出版レベルで太刀打ちできる相手じゃねえな」
「もっと遊べると思ってたんだがな」
その言葉にハップが怒る「なぁアンタ。もうはしゃいでる場合じゃねんだろ!」
「ただしRAY=OUTがなくても記録は続けさせてもらう。それがお前らの戦いに加担しない俺がここに残るけじめだ」
「好きにしろ。ただし命の保証はしない」
「最初からそのつもりだ。この件から手を引くタイミングぐらいこっちで決めるさ」

小型艇内の小型モニターを見ているレイ「まもなく到着。最後に確認。手を引くなら今よ。実際ここまでする義理はないわ」
「お前こそどうなんだ?バックアップなし。たった2人での強襲作戦。こんな無謀な策を止めもせず、なぜついて来る?」
「私は、デューイもホランドも関係ない。ただもう一度あの子に…」
「レントン少年か。会ってどうする?養子にでもするか?」
「あの子なにも知らない。まだ間に合う。あんな化け物に!」と怒りをあらわにするレイをチャールズが押しとどめる。
「レイ、SOF第二機動部隊の心得第七条!」
「まさかの時こそ戸惑うな」
「懐かしい響きだろう?」
「最悪、2人を消すわ。わたしみたいな女を増やす前にね」
「そっちこそ、第五条。
「なんだっけ?」
「痕跡ひとつ残さず立ち去れ。頼んだぜ相棒」
「分かったわチーフ」
チャールズとレイは小型艇を離れてボードで月光号に迫る。

ジョブスと艦内通信するギジェット「なんで急にこんなに難しいことになっちゃうわけ?ねえジョブス聞いてる?ねえ」
「はい、少し考えていました。少し見解が違う。もともとこの世界は難しい有り様を曝け出していた。ただ誰かが私たちに見てみぬ振りをするように仕向けてきた結果だと思う。キミのいう難しいことからね」
「ああ、わかる。いろいろ。誰だって面倒くさいもんね」
「しかしそれではすまない立場もある。つけの支払いをする時がくる。まもなく」
「なんだか怖いんだけど・・・」
「何2人で似合わないことしてるの!」そこにタルホがやってきて、自室で休んで休んでなさいという。ギジェットはいわれたとおり通信コンソールを離れる。

そこに通信が入る。ホランドからだった。姿は見えず。音声のみ。
「どうだ?」と
「艦内チェック完了。ねえホランド、ここまでして何もなかったらうけるわね」
「わかってるはずだ。情報部で教わったろ。俺がヤツでも間髪入れず畳み掛ける。たとえひとりになっても。それがSOFだ」

そこにボードに乗ったレイとチャールズが月光号の後方から迫る。前方からは積乱雲を突き抜けて小型艇が突っ込んでくる。ケンゴウが照準と目標との距離をあわせようとするが間に合わない。タルホが月光号を右にロールさせて緊急回避しようとする。だが月光号の鼻先で小型艇が爆発する。ハップが全隔壁を閉鎖する。

チャールズが爆弾で上部第七ハッチを吹き飛ばす。ごついヘッドフォンみたいのをつけたウォズがそれを探知する。タルホは侵入者警報を発令と同時にクルーに白兵戦の用意を命じる。そして営倉のレントンたちに通信を入れる「レントン!エウレカ!非常用マスクを子供たちにつけさせて。そこで待ってなさい!」
おびえるレントン「一体何が始まったんだ」
格納庫(中央カタパルト)に潜むホランドは艦内通信でサブブリッジのジョブスにダクトの機密弁の封鎖を確認後、対人レーザーを放てと伝える。レイが来ると読んでいた。
案の定、レイがダクトから通路にでようとした。そこにレーザーが発射される。
再びダクトに入るレイ。「ホランドは読んでいたってわけね」
そしてダクトの前の配線盤の扉に目が留まる。

営倉で子供たちを抱えるエウレカ「レントン大丈夫?」
「おれは…」
「不安?私は平気だよ。だってレントンと一緒だもの。私レントンとならどんなことでも乗り越えられそうな気がするから」

ダクト内からレイが月光号のメインシステムのハッキングに成功、艦内の照明が落ちる。
「おいホランド!隠れてないで出て来いや!」とチャールズ。高田延彦総帥のようです
暗がりの中にたチャールズが撃たれる。ものかげに隠れ応射する。銃撃が止んだ。
撃ってきた方向をスコープで確認する。中央カタパルトと書いてあった。
「なるほど、そこが決戦場というわけか…」
中に入ったチャールズのスコープにホランドの姿は映らなかった。「ナイトスコープに反応しない。光学迷彩?いやステルス塗料か?」そこには上半身を起こしたニルヴァーシュの姿があった。内部構造が緑に輝いていた。
「これは一体・・・そうなのか。やはりそうだったのかホランド」(って頼む誰か説明して)
ホランドはLFOの影に伏せていた「やはりそうだ。感覚だ。ヤツには俺が見えていない。思い出してきたぜ、この臭いおよぉ」ホランドが不敵な笑みを浮かべる。

艦橋からダクトを移動してきたタルホが営倉を開ける。「これからダクトを使ってサブブリッジに向うわ。」
レントンが聞く「タルホさん、一体何が?」
「話は後。相手の侵攻が想像以上に早いの。ここもすぐに…」と言ったところで後頭部に拳銃を突きつけられる。
「ママ…」営倉から出てくるちびっ子たちがエウレカを呼ぶ。
「ママ!なんでお前が!」と叫ぶレイ
「タルホ、勝手するとあんたらの姫を殺す!」と左手でタルホの喉元にナイフをつきつけ、右手の拳銃でエウレカの頭を狙う。
「やめてください!」レントンが泣きながら銃をレイに向ける
「レントン、銃を降ろしなさい!あなたは何も分かっていないだけ!そこに座っているママと呼ばれているヤツの正体が!」
「レイさん、俺本気です。だからお願いです」
ここでウォズがハッキングされた制御系を復旧させ、照明も回復する。光学スコープをつけていたレイは目が眩み、その隙をタルホがつかみかかる。レイの拳銃が火を噴いた。だがレイはタルホに拘束された。

銃声は中央カタパルトのチャールズにも聞こえていた。「排除されたか…良いクルーを集めたな」
「チャールズ!」とホランドは叫び走りながら銃を連射する。チャールズもホランドを追うように応射する。(SASならオートマチックでも3発ずつ撃つように訓練するのですが、演出的にはこっちの方が面白い!)
突然ニルヴァーシュが動き出して、チャールズを襲う。
それを見ていたホランドが動揺する「自立運動をしているだと?信じられん」
それはサブブリッジでもモニターしていた「なんで動き出したんだ?なんに反応したっていうんだ?」とハップ。
次のシーンではレントンのすぐ上にレイが撃った銃弾が命中していた。

またニルヴァーシュの腕がチャールズの方に叩きつけられた。それをかわすチャールズ。「ホランド、こっちはレイを確保」とタルホが艦内放送を入れる。チャールズの動きが固まる。
そこにホランドが突進、チャールズの懐に飛び込んで腹に無数の銃弾を浴びせる。
チャールズが力なく倒れる。
「甘いな。その甘さがお前の負けの理由だ!もう気がついているはずだ。俺はあいつと出会ったときに気がついた。王の資格を受け継ぐもの、王が残した金枝を受け継ぐものはホランド、お前じゃなくて残念だったな…」
そして最後の力を振り絞って引き金を引き、ホランドの右腿を打ち抜く。
激痛に床に転びもだえるホランド。

レイを連行するタルホたちの前に、右腿を止血したホランドが現れる。「チャールズ・ビームスはたった今俺が殺した」
レントンも中央カタパルトに入る「さっきまで生きていた体。俺が生まれて初めて見た知ってる人の死体。それがチャールズさんだった。でもあの時は目の前にある死を認めることも、心が何を感じとることもできなかった」
「別れのキスぐらいは良いでしょ」とレイが頼む。タルホは応じた。
そしてレントンを見た「よく見ておきなさい。これが元SOFの最後。罪を抱えた者の末路。そして自由を勝ち得たものの責任よ!」そして「チャールズ、気は済んだ」と語りかけ、虚空を見つめる目を閉じて、泣きながら口付けをした。
「ありがとう、チャールズ。愛してるわ」と言うとホランドに鋭い視線を向けた。
事態を察知したホランドは「タルホ離れろ!」と叫び、彼女の体を捕まえて床に倒した。そしてレントンにも伏せろと怒鳴った。レントンは走り去るレイと目があった。そして爆発。チャールズの死体は木っ端微塵になった。

そしてレイは脱出した。

来週の予告「メメトモリ」によれば未来を失ったレイが特攻かけるんですね。
予告が見れるです→MBSのリンクhttp://mbs.jp/eureka/index2.html

米空軍の次の切り札は隠れることでなく、よく見えること

アメリカ空軍が新型の透過性装甲を開発中とのことです。もう実物はできているようです。

Air Force testing new transparent armor (英語のリンク先)

酸窒化アルミニウム(aluminum oxynitride or ALONtm)が原料です。セラミックの一種だそうです。

2004年6月の実験ではロシアの30口径M-44(モシンナガン)や50口径のブローニング狙撃銃から発射された徹甲弾を通さなかったそうです(ガラスはみごと貫通)

構造は英語では次のようになります。
The new armor combines the transparent ALONtm piece as a strike plate, a middle section of glass and a polymer backing.

透過性酸窒化アルミニウムを防護プレート(strike plate)、真ん中にガラスを挟み、ポリマーで裏面を補強するという構造のようです。(ちゃんとどう訳すのかは調べてないのでわかりません。)

防弾ガラスだと強度を高めるのに何枚ガラスも重ねないといけないところを、このALONtmなら数ミリ増やすだけで十分とのこと。

応用としてはC-130とかA-10、C-17など低空低速で飛ぶ航空機などの防御対策になると考えているようです。また陸軍もハンヴィーやヘリコプターに応用できると興味を示しています。

ただ加工(焼結と研磨)コストが高いそうです。ガラスなら1平方インチ当たり3ドルなのにこの透過性酸窒化アルミニウムだと10ドルから15ドルかかるそうです(ガラスの3倍から5倍)。あと設備が高額なためサイズも限られているとのこと。

日本でもこの技術は開発してるみたいです。
高強度透光性アルミナ材料の開発(特願:2001-139281)

ビジネスチャンスなんじゃないですかね?

2005/10/23

BLOOD+ 第3話 「はじまりの場所」

「お父さん、私ここにいて良いんだよね?」
戦いたくない(今の自分を壊したくない)小夜が戦うしかないという状況に持って行く話としては良いのでは?

目覚めて純真無垢な目で微笑まれたら撃てませんな、実際。
この笑顔の絵がひどかったら(作画崩れしてたら)全弾脳髄にぶち込んでるところですけどね。

ジョージじゃあの刀は使えないらしい。ジョージさん小夜を守ろうとして翼手に立ち向かって、あえなく瞬殺(って死んでないのよね?)てか鞘を捨てたらいけません。

翼手についての情報収集と殲滅を目的に生まれた秘密組織『赤い楯』。Rothschildと綴るのでしょうか。ドイツ語でロートシルト、英語でロスチャイルド。恐らく『血の楯』ってことでしょう。

宮城(みやぐすく)ジョージはベトナム従軍兵で除隊後アメリカに帰らず、沖縄に残って日本人と結婚したのであれば、1972年に18歳だったとしても、51歳以上。

OMOROの前でジョージが米兵と撮っている写真の右端上に写ってのがフォレストじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?

勢いあまってフォレストが「人生はチョコレート箱みたいなもんだ」とか言うと、著作権侵害だとこっぴどくアメリカに怒られそうです。

あのベトナムでの惨殺を繰り返さないために「赤い楯」としては小夜に望まぬことをしたくないし、必要以上に刺激したくないとのこと。

最後の方ですが、翼手は色を暗くして影を多くて、血はもっと鮮やかにした方がカッコいいんじゃないかと思いますよ。

2005/10/22

エウレカセブン 第26話 モーニンググローリー

空だよ、波だよ、エウレカだよ!前半最後のレントンが凛々しい! 恐らく最終回よりも良い話になる予感。

脚本が大河内一楼でした。「サブスタンス・アビュース」と同じなんですね。濃いよ~

州軍の航空艦隊とチャールズは月光号を撃破すべく包囲環を閉じようしていた。それを知らない月光号ではいつものように時間が流れていた。ギジェットはボードにワックスをかけ、テーブルを挟んで反対側に座るエウレカはストローからジュースをストローの袋に垂らして、虫のように動くのをみていた。それはレントンが子供たちに見せたことだった。(モーリスが目を丸くしているのがナイス)

「恋ってなに?」とエウレカがギジェットに聞く。
一瞬考え込んだギジェットだったが、「それって好きってことよ」と答える。
「好き…」自分の中のなにかに気がつくエウレカ。

ここでタイトルコール

エウレカが格納庫のニルヴァーシュに乗り込むが動かない。無理やり動かそうとして失敗する。
「どうして私たちずっと一緒だったでしょ!ニルヴァーシュだってレントンに乗って欲しいんでしょ!だったら!」
ドギーがエウレカに無茶しないで待ってろと忠告する。悔しさでいっぱいになるエウレカ。
ドギーがエウレカをなだめようとする。この近くでレントンがいるとすれば大きな町のギアナスシティーにいるだろうし、ホランドが探し出してくれるだろうと。

「ママ、どこいってたの?」とメーテル。
そしてティンクがガンバのようなネズミのオモチャをエウレカに差し出す。「これ直してよ。レントンに作ってもらったやつ。なんか動かなくなっちゃったみたい」
「ねえ、ママ。いつ戻ってくるの、レントン?」とリンク。
「えーっと、それはね…」
「戻ってこないんじゃないの?」モーリスが話を遮る。モーリス君、確か前にも家族が殺されたトラウマで、みんないなくなっちゃうと泣いちゃう話がありましたよね?
エウレカが慰める「大丈夫、ホランドが連れて帰るって言ったもの。ホランド約束破ったことある?」
「ある」さすがリンク。
「うん、いっぱいある。」とメーテル。
そして駄目押しのモーリス「守る方が少ないんじゃないかな」
「この前だって洋服たくさん買ってくれるっていったのに」とメーテル
しかしエウレカさんにはホランドに対する信頼があります。「大丈夫。ホランドはママとの約束は破ったことないよ。きっと大丈夫だから」

ホランドが無線封止のまま月光号に帰還する。チャールズと州軍が月光号を包囲しようとしていることに気づいたからだった。そこでホランドはまだ州軍の姿が見当たらないジャクソンの286からの脱出を決断する。しかしそれはチャールズの罠だった。

タルホがホランドにレントンはどうするのかと聞く。
「家出少年と月光号、どっちを優先するかなんてガキでもわかる」
「じゃあ、アンタはガキ以下ね」
タルホから目をそむけるホランド。動かそうとして失敗したニルヴァーシュの姿が目に止まった。
「マシュー、エウレカは?」いなくなったと思ったの?
「たっ多分部屋だと思う?」

ホランドはエウレカの部屋の中でレントンのジャージを見つけるとそれを手に取った。そこにエウレカが帰ってくる。それを見たエウレカは血相を変えてホランドからジャージを奪い取とると、それを守るように胸に抱え込みホランドに背を向けた。
「見つかった?」とエウレカが聞く
「悪いが航路を変更する。」
「ギアナスシティーは?」
「補給ならカルザスで十分。相手はチャールズだ。あいつら」(補給の話はホランド特有の嘘。)
「どうして?」とエウレカ
「どうやら州軍と連携してるみたいなんだ」ホランドは話を続けようとする。
「そうじゃないよ!ギアナスシティーに行くって、レントンを連れ戻してくるって言ったじゃない。どうして?」
「しょうがねえだろ!月光号が危ないんだよ!」ホランドが逆ギレする
「軍隊なんて今までいっぱい相手にしてきたじゃない!」
「あいてはあのチャールズだぞ!お前だって知ってるはずだ!」
「ホランドはレントンが嫌いなの?」
「ちげえよ。あいつがガキくせえから…」
「だから置いてきたの?だから殴るの?だから蹴っ飛ばすの?」
エウレカの泣きそうな顔と言動に動揺するホランド
「ちがう。ただ俺は、俺は…レントンよりお前が大事なだけだ」
「私は…私はそうじゃないよ」と部屋を出て行くエウレカ。

「まったく災難だ。あと20km南なら、カルザスシティーの管轄だったものを・・・」包囲網を敷こうとする州軍の司令官はお約束のように面倒ごとがキライなダメダメ系です。しかも太ってます。

月光号のキャプテンシートに座ったホランド。「この空域から脱出する」かなりへこんでいます。「本当にいいの?」のタルホが念を押す。「ああいったん脱出するだけだ。心配するな」

服を着替えて空を飛ぶ用意をし、ギジェットのボードを掴んで走るエウレカ。「ニルヴァーシュは動いてくれない。ホランドも頼れない。私が、私が行くしかないじゃない!」そして艦底の脱出ハッチを開けて、ピンク色のゴーグルをかける。「いつもはレントンからだったね。でも今度は」

「お茶飲むかね?」とゴン爺。ひさしぶりです。エウレカは首を横に振ると空に飛び出し、大波に乗るように空を滑り、月光号から離れていった。その時エウレカのはるか上空をリフで飛んでいたレントンが月光号を発見する「ジャクソンの286。チャールズさんの言っていた通りだ。待っててエウレカ、今行くから!」

「ねえ、ここに置いておいた私のボードしらない?」とギジェットがお絵かきしているちびっ子たちに聞いた。エウレカがそのボードを使って出て行ったらことを知ってたら、すでにパニックになってるでしょうけど。外を見みたモーリスが外を飛んでいるなにかに気づく。他の子供たちもギジェットも窓に寄る。レントンだ。外を波に煽られながら飛ぶレントンも、窓の中を見返す。凛々しい顔してますな!カッコいいぜ、レントン!

脱出に向けて慌しく準備を進める月光号の艦橋にマシューとストナーがレントンがレントンを連れてやってくる。「ちょうどよかったぜ。ひょっこり帰ってきたぜホランド」とストナー。
「レントン」目を細めるタルホとハップ。
「放蕩息子の帰宅だな」とレントンを見上げるケンゴウ。
マシューがレントンの頭を掴む「ほら、ちゃんと謝っておけ。心配かけたんだから」
ものすごい形相でレントンを睨むホランド「なあ、マシュー。そいつは誰だ?引き取ってもらえ。今は取り込み中だ」

その頃、州軍の艦隊は七色雲海に入っていた。作戦空域まであと50kmに迫っていた。チャールズは自分の船で愛機のLFOの前に立っている。「ねだるな、勝ち取れ。さすれば与えられん。一体俺たちは何を求めてるんだろうな、アドロックさんよ」

レントンは月光号が向う方向にチャールズが待ち伏せしていることを伝えようとする。だがホランドの反応は冷たい「どのツラ下げて戻ってきた。いつ誰がこの船に戻ってきていいていったんだ?」
ストナーがなだめる「ホランド、素直になろうぜ。お前だってレントンを…」
「うるせえ!」ホランドが怒鳴る
レントンは動じない「戻ったんじゃないよ。今さら月光号のメンバーに戻してもらおうなんて思っていない。そんな都合の良いことなんて考えてもいない。俺はただエウレカに会いにきただけなんだ」

カッコいいぜレントン!ギジェットもほれるよな!

レントンが会いにきたはずのエウレカはレントンに会おうとギアナスを目ざして暗い雲海の間をぬって飛んでいた。雲海の裂け目、日が差し込む間隙をスカイフィッシュの群れが飛んでいく。その幻想的な光景にエウレカは感嘆の息を漏らしたのもつかの間、チャールズたちと州軍の大艦隊が雲間から現れた。

いいぞ州軍の航空戦艦! あの斜めに右旋回するギガント飛び最高です!

レイがエウレカを捕捉し、チャールズにLFOでの発進を促すと機銃を撃つ(他の戦艦が捕捉していないのは機密だから?)。無数のオレンジ色に焼けた閃光がエウレカに迫る。すごいマニューバーで一気に上昇して銃弾をかわす。エウレカの頭上に戦艦の黒い側舷せまる。

エウレカは敵の出現を月光号に連絡したが、月光号のレーダーには敵影は映っていない。だがそれは七色雲海特有のトラパー乱流のせいでレーダーが乱反射しているためだった。

チャールズがエウレカを拘束すべく発進する。「それじゃ、いつも景気の良いやつを」
「愛してるわ、チャールズ」
ニヤっとチャールズは笑い、全速力でエウレカを目ざす。

ハップがエウレカが通信をしてきた地点を割り出すと、それは船外、しかも敵の真っ只中っだった。「エウレカ!エウレカ!エウレカ!」走るレントン。そしてニルヴァーシュに乗り込む。「ニルヴァーシュ、行こう!ニルヴァーシュ、」

チャールズはエウレカを手で捕まえようとする。しかし巧みなマニュバーで逃げられてしまう。
「ちょこまか動くな!」
逃げ回っているうちにエウレカは航空戦艦の翼の下に入った。上空の視界は遮られ、チャールズを見失う。左右を見回してエウレカにチャールズのLFOの青い腕が伸びる。間一髪エウレカはそれをループでよけようとしたが、ボードがLFOの腕にぶつかった。バランスを崩したエウレカは上下反転した。勢いを失ったボードからエウレカの足が重力に引かれて離れた。エウレカの体が宙に舞った。

が、運良くエウレカはチャールズのLFOの背面についているロケットノズルにしがみついた。それに気づいたチャールズはそのまま母艦への着艦しようとする。しかしノズルはすべりやすく、エウレカは痛めた左手もつかって必死にしがみつこうとするが、力尽きて落ちてしまう。

大空を猛烈な勢いで落ちていくエウレカ。落下の勢いでヘルメットが剥ぎ取られる。
「私、結局ひとつも約束守れなかった。ごめんねメーテル。ごめんねティンク、モーリス。ごめんね…レントン」

七色雲海内に突入した月光号の主砲が火を噴き、戦艦をなぎ払う。
うろたえる敵司令官「予定と違うではないか。各艦戦闘態勢に入れ!」
ホランドが命じる「雲海を盾に徐々に接近するぞ!タルホ!ブースターは始動したままにしておけ!」
「いつでも点火できるわ」(ってこの時、タルホが右手で髪を耳にかきあげて、顔の左側の髪を口で吹く仕草がいい!)

自由落下を続けるエウレカにチャールズが追いつく。LFOの青い右腕を伸ばしてエウレカを捕まえようとした瞬間、全速力で突進してきたニルヴァーシュがそれを遮る。そして勢いにまかせていったん過ぎてから、レントンは反転してコックピットのキャノピーを開けて手を差し出す。「エウレカァァァァ!」
「レントン!」エウレカも右手をめいいっぱい伸ばす。そしてレントンの手をつかんだ。
風の勢いで(あるいはエウレカとニルヴァーシュの運動ベクトルの違い?)レントンの手から指が離れそうになるが、左手も伸ばして必死につかまっていようとする。

「レントンか?」とチャールズ。そこにレイからの通信。「チャールズ、わかってるでしょ」「ああわかってるさ。レイが望むものはすべて!」と猛スピードでニルヴァーシュを追いかける。

ニルヴァーシュのコックピット内でエウレカがレントンにしがみついている「レントン、私、レントンだからできたの。私レントンじゃなくちゃだめなの。私は、私はレントンが…」って赤くなる。
レントンがエウレカを両腕で軟らかく包む。「無茶なのことして、たったひとりで…こんな…でも良かった」
「私、ずっと話がしたかったのレントンと」
「俺もエウレカに聞いて欲しいことがたくさんあるんだ」

マシンのスペックではチャールズのLFOの方が圧倒的に上だが、フルパワーでもニルヴァーシュに追いつけない。焦るチャールズ。

逃げるレントンたちの前に月光号と交戦中の州軍が現れる。
「大丈夫、俺に任せて。人は絶対に殺さない!ただ戦えないようにするだけ!」
(♪僕たちは迷いながら~♪っていうOP曲が聞こえてきそうです。種とか割れそうです)
そしてニルヴァーシュが音速の壁を破って突撃!
モンスーノの武器だけをブーメランで殺ぎ取っていく。
その光景を見ているチャールズ「戦場を駆けるときに情けをかけるとは、死ぬぞレントン。優しすぎる」。これも優しさなんでしょうか。

「おかえり」とエウレカ。
レントンがキョトンとする
「ニルヴァーシュがそう言ってるの」
「だたいま。ひとりにして悪かったな」
「レントン、今ひとりって…ニルヴァーシュのこと」とエウレカは言うと、レバーを握るレントンの手に自分の手を重ねる「ねえ、レントン、一緒に行こう!」
「うん!」

でニルヴァーシュ発動!目が緑色に光って七色の光線を出しながら飛ぶ。

州軍の戦艦が落ちていく。リフレクションフィルムがはがれたためだ。うろたえる敵司令官「タイプ・ゼロは一体何をした?まるで虹のようじゃないか!撤退だ!急げ!」

その光景は月光号からも見えていた。
「これってもしかして…」タルホがホランドを見る。
「いや、違う。セブンスウェルなんかじゃない。まさかあのちびっ子がなあ…認めたくねえ。認められねえ」そして苦虫を噛み潰したように顔を歪める「なんだこの気持ちは一体!」

同じ光景をチャールズも見ていた。「王の息子。デューイ、そういうことなのか?」

戦いが終わり、空は黄昏に包まれていた。
「ねえレントン、私ね、キミがいない間にいろんなこと考えたの」とエウレカ
「俺もいろんな人に会ったよ。変わった人。すごい人。悲しい人。それでやっとわかったんだ。なにが大切なのかって」レントンがエウレカを見つめる。
「私もわかった気がする…」また赤くなるエウレカ「自分の大切なもの」
スカイフィッシュの群れが横一列にならんで飛んでいく。
「戻ってきてくれたんだ」エウレカが笑う。「ねえレントン、私、変わったんだよ。変わったんだって、昔と違うって、ギジェットもニルヴァーシュもそう言ってくれた」
「俺なんかもう変わりまくり。キミが俺の家に落ちてきたあの日から」
「聞かせてレントンの話」
「聞きたいなエウレカが変わったこと」

変な笑いをするホランド「そうか、そうだったんだな。わかったよダイアン、俺のやるべきことがさ…」

締めはLFOから身を乗り出してライフルを構えるチャールズ。「あきらめたわけじゃない。絶対にな。」

そして最後はレントンとエウレカの2人で「つづく!」

いやあ良かったですな。

来週は「特攻チャールズ・ビームス!」なのか?ホランドの目の周りが赤かったのはなんで?酔っ払い?

2005/10/20

交響詩篇エウレカセブン緊急特番ナビゲーション

北海道で10月20日26時10分から

交響詩篇エウレカセブン緊急特番ナビゲーション

だそうです。関東より早いとは珍しい。

他の都道府県はhttp://mbs.jp/eureka/index2.htmlにのってます。

ガンダムシードで総スカンだったから、別枠なんでしょうか?まあ大人の事情なんでしょう。時間帯も大人だし。本編は子供時間なのに・・・

最強のハリケーン、ウィルマの写真

ウィルマの衛星写真です(赤外線)
http://www.goes.noaa.gov/GIFS/GULFIR.JPG

でか! キューバより巨大ですGULFIR

クリックすると大きくなります。またもルイジアナ直撃っぽい。

少林サッカーを見ました

Gyaoで少林サッカーを配信していたので見てみました。
http://www.gyao.jp/sityou_soccer/category_details.php?contents_id=cnt0007831

これはすごい。

最高です!

こんなに面白かったとは。やられました。ストーリーは王道ど真中。ダメダメな少林寺拳法の伝承者(一子相伝ではなく5人)がサッカーで全国制覇を目指すという、がんばれベーアーズなストーリーを北斗の拳のごとく「無意味に熱く」描いた一大スペクタクルです。

段々と敵が強くなっていて最後は11人のラオウの登場で、倒れていく選手たち。ノリは島本和彦ですよ。

ベタベタな伏線もOKです(良い意味で)。

ブルース・リーが似てるけど似てない感じが良いです。

ジェリー・ブラッケンハイマー系映画みたいな、荘厳なアドレナリン放出系音楽が、アフォさ加減を増強しています。

2005/10/19

土星の衛星ディオネに接近の写真と動画

カッシーニが土星の衛星に接近した写真です。↓
http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/main/index.html
芸術的です。

下は動画です
http://www.nasa.gov/mov/136324main_PIA07749_half_movie.mov

まったく「2001年宇宙の旅」ですよ。(あれは木星のエウロパを目ざしてましたけど)

エウレカセブン 第26話のエンディング 動画

エウレカセブン 第26話のエンディング 動画最高です!

http://fileman.n1e.jp/TOP.PHP?mnu=SHOW&ft=1&fid=1129631958&cate=&fuid=1129631958&act=ST

やっぱりED曲の「秘密基地」いいですなあ。

「聞かせて…レントンの話」
「聞きたいな…エウレカが変わったこと」

最後は2人で「つづく!」なんだけどこれはなし・・・

2005/10/18

エンジェルハート 第1話

エンゼルハートって聞くとミッキー・ロークとロバート・デニーロが出演した映画を思い出しますが、こちらは北条司の漫画が原作なわけで、シティーハンターの続編なんですね。

北海道ゆえ、数週間遅れ・・・津軽海峡は遠いのう・・・

香は死んでいたのですね。で香の心臓がグラスハートに移植されたと。

最初の自殺するのは良いんですよ。しかしその後の秘密組織とかそういう設定はちょいと痛いけど(そういう原作なんでしょうけど)、全体としてはまあいいでしょう。

話のノリはシティーハンターと変わらないなと。来週はグラスハートが新宿に乗り込んでくるそうですが・・・さていかに?

2005/10/17

BLOOD+ 第2話 「魔法の言葉」

魔法の言葉、なるほどという話。カイが良い感じ。

血を飲んで種割れした(「目覚め」ですか?)小夜が「ソード」って叫んだから、アメリカ人なんですね。で、ずばっと翼手の胴体を一刀両断!このとき小夜は親指を刀の根元に当てて血を滴らせて、その刀を翼手の腹に食い込ませたとき、刀の血が翼手に入っていきましたが、あれはなんですか?

カイが教室を懐中電灯で照らすと、刀を握った小夜がこちらを紅い眼で見据えていた。小夜は「カイ・・・」と呟いて気絶する。「まだ目覚めていない・・・」とハジ。

カイは小夜をかかりつけの病院に運んでいった。父親のジョージも駆けつける。そこにいつもの女医が父親に説明する「彼が血まみれの小夜さんを運んできたわ」ジョージは驚きもしない。「制服は私たちで処分しておくわ」女医は血のついた小夜の制服をとって部屋を出て行く。

小夜が学校でしたことを父親に話そうとする。父親は家に帰るようにいう。
「俺なにもできなかった・・・」悔しさと無力感というやつですか。

米軍としてはすべてを隠蔽するために、殺人犯をでっち上げる。

小夜は意識の戻ったが、何が起こったのか思い出せない。付き添っていた父親は学校で倒れたと嘘をついた。しかし父がデイヴィットと話に出ていった後、服を着替えて鏡を見ると、血だらけの「目覚めた」自分の顔が見えた。そして蘇る殺戮のイメージ。

デイヴィッドは小夜に正体を教え、「組織」に身柄を渡せと父親に迫った。ためらう父親にデイヴィッドが言う、小夜はお前の家族じゃない、戦って戦って戦いぬく兵器だと。そして駄目押しの一言。秘密組織の決まり文句「我々には時間がないんだ」で決まりです。

その話を聞いてしまった小夜は病院を飛び出す。

カイは居場所を知っていた。そこは海岸。小夜がそこで海を見ているといきなりチェロの音。後ろにハジの姿。唐突ですが、こういうダンディーさんは声をかけないのが基本。存在感をアピールするには音楽しかないか・・・

小夜は自分の正体を教えて欲しいと頼む。ハジが問う。「再び茨の道を歩む覚悟があるのであれば」そこにカイがやってきて話は中断。

夜の浜辺、小夜とカイ

「私学校であんなこと・・・私どうなるのかな・・・私このまま自分がなんだかわからないまま・・」

「不安か?」
「小夜のそばには俺がいる。リクだって、オヤジだって。それでも不安か?」
(アコムがないと不安かも・・・)
「どんなことがあったって、小夜は小夜だ。俺たちの家族だ。」

「なんくるないさ・・沖縄口(うちなあぐち)で『何とかなるさ』って意味さ。オヤジがよく言ってた・・・なんとなくがんばれるそんな魔法の言葉さ」

で次回、新たなマウス!はたして小夜はどうなるのか?

病院で小夜が食べてたの噂の「スパムにぎり」では?(↓こんなのらしいです)
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/marronclub/diary/200504210001/

変な夢

今日、変な夢を見ました。

とてつもなく変です。

自分がナチスドイツの親衛隊としてヒットラーに西と東から攻められているのは問題だから、降伏すべきだと意見具申していました。

しかも英語。ドイツ語ではなく。

最終的に任を解かれて、親衛隊のナイフを取られるという。なんなんでしょう?

録画しておいたUボートをDVDに焼いたときにエンディングとかみたせいかな。ゲームのせいかも。

2005/10/16

新しいジェームス・ボンドってどんなやつ?

新しいジェームス・ボンドが決まりましてダニエル・クレイグという人だそうです。

知らない・・・ 調べてみました。こんな人でした。↓
http://www.aveleyman.com/ActorsC/P00023388.HTML

トゥームレイダーとかロード・トゥ・パーディションに出てたんですね。
ロード・トゥ・パーディションは分かります。ギャングのボスの馬鹿息子ですよね。目がきつい印象があります。スティーブン・スピルバーグの新作「ミュンヘン」にも出てるみたいです。

しかし次回作がカジノロワイヤルって・・・すごいんですよね。いろんな意味で。http://www.urban.ne.jp/home/ubik/cinema/cinema248.html

なんせイアン・フレミング原作のコメディーなんですから。

ガンダムでいうならZZですよ。期待して良いものか・・・

2005/10/15

@nifty:NEWS@nifty:意見を聞き入れず 全農あきた(共同通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:意見を聞き入れず 全農あきた(共同通信).

全農秋田県本部(全農あきた)のコメ不正取引事件で、業務上横領の疑いで逮捕された前県本部長田村隆容疑者(62)ら全農あきた幹部が、不良債権の適正処理を求める部下の意見を聞き入れずにコメを横流ししていたことが15日、分かった。秋田県警捜査2課は田村容疑者ら幹部が健全な決算を装うため、組織的に不良債権の隠ぺいを図ったとみている。

農協が農民守らんでどうする! 人の米を勝手に売るなっつーの!

あえてウィリアム・ギブソンのドキュメンタリーを見る

小説「ニューロマンサー」でサイバーパンクの火付け役になったウィリアム・ギブソンのインタビュー・ドキュメンタリー(ウィリアム・ギブソンとの対話)がAIIで無料配信中です(会員のみですが、会員費はかからないようです)。

リンクはこちら(http://screenplus.jp/contents/aii_jp/cinema/c_s0194/c_s0194.html

面白かったですよ。ウィリアム・ギブソンには社会がどう見えているのか。国境的な制限がデータのやり取りという面で存在しなくなっているという話です。確かにソニー銀行には「支店」はないですが、日本中どこにいてもインターネット接続すればアクセスできます。携帯で支払いできたりできます。あれが書かれた社会に気がつかないうちになってるんでしょうね。

そのうちサイバースペース(電脳空間)の「サイバー」は「電気」みたいに日常的になりすぎて使われなくなると言ってました。電気掃除機、電気洗濯機たしかに「電気」とはもう言わないですね。

電脳空間の着想はゲームセンターで子供がゲームをしているとき思いついたそうです。あの子供たちはゲームの「中」でプレイをしてるんだと。MMOなんか完全にサイバースペースですな。

そしてインターネットは人間神経系の拡張だと言ってました。これって「地球幼年期の終わり」での意識の拡張のひとつの形ではないかと思います。クラークはそれを生物的進化という形で表現したわけですが、現在の社会はあれでいうなら<上主>的なアプローチでそれを成し遂げているのではないかと(クラークの進化は科学を超越してますから、完全には当てはまりませんけども)。

実はアメリカの南北戦争時代に銀板のヌード写真が登場していたらしいです。北軍の兵士はそれをポケットに忍ばせて戦っていたわけですね。なんでそんな話になるかといえばインターネットの普及には「アダルト」が大きな原動力になっている話につながるからです。とってもサイバーパンクです。

途中でU2のボノがニューロマンサーの冒頭部分の朗読をしますが、ニューロマンサーはやっぱりカッコいい。あれはレイモンド・チャンドラー風だと本人も言ってました。納得です。アウトローなハードボイルド系。ブレードランナーと似てるのもうなずけます。

ドラッグはやめましょうと本人が言ってました。あの容姿からするとドラッグで体を蝕むのかなと感じました。70年代なんでしょうけどね。

2005/10/14

地球幼年期の終わり

アーサーCクラークの「地球幼年期の終わり」を読みました。

傑作だそうです。確かに面白い。ガンダムの元ネタと言われる所以がわかりました。あとエウレカセブンにも似てますねえ。

導入部は1970年代くらいで、米ソのロケット競争が起こっている時代に<上主>が宇宙より到来して、地球連邦が成立し、人類の幼年期は終わると。

後半の人類が飢餓などから解放されて、後退するというのが面白い。

この人類の幼年期の終わり方がなんとも切ないというか激しいというか。人類が滅亡しちゃうわけですから(まあ新たな段階に飛翔したわけですが)。「星(宇宙)は人類向きではない」ということですし。

ニュータイプを選択するか、高度な技術を持っているが、ニュータイプになれない<上主>のどちらが良いかと言われたら、<上主>が良いなと思います。

<上主>には宗教や神秘主義みたいのはのですが、人類にはあった。なぜか?どうして人類の宗教に「悪魔」が存在するのか?それは人間の秘められた能力の一端を証明するものだという説明と、時間はかなり複雑だという話が巧い。

最後の

「自分の目的を助けてくれた人々、あるいは邪魔しようとした人々、すべてをふくめてカレレン(<上主>の地球総督)は、自分がかつてなじんだ人間に対し、手を上げて無言の別れを告げた。」が良いですよ。新たな段階に飛翔し、滅亡する人類を見届けて去っていく姿に哀愁を感じます。

面白い記述(書かれたのは1953年):

21世紀に入り、人類の独自性と芸術と守ろうとする人の意見「毎日500時間にも達するラジオ、テレビ番組が放送されてるんだ。・・・現在、人間一人あたりの平均テレビ視聴時間数はなんと1日平均3時間にもなっていることを、きみはご存知か?」

ちなみにアメリカでは2004年の1日テレビ視聴率は4時間を超えています。
http://www.asahi.com/culture/enews/RTR200509300049.html

宇宙人も来てないのに人類はテレビ大好き。

おっと違った

こちらです。図書館にもあります、

奇遇とはこのことか

偶然にしてはできすぎています。まさに奇遇。まずはニュースから:
半分動物、半分植物=不思議な微生物、和歌山で発見-葉緑体取り込み利用・筑波大
 他の微生物を食べる動物の一種、鞭毛(べんもう)虫なのに、藻類の葉緑体を取り込むと捕食装置が退化し、植物として生きる不思議な微生物を岡本典子日本学術振興会特別研究員と井上勲筑波大教授が発見し、14日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 仮に「ハテナ」と命名されたこの微生物は、植物への進化過程にあり、数千万年後には完全な藻類になる見込みだという。 
なにが奇遇かというと、この変な植物と動物の中間物みたいなものが和歌山県で見つかったことでしょう。南方熊楠を思い出しました。粘菌というの生物がいます。これは昔植物だと思われたのですが、実は植物でも動物でもないものだと発見したこの南方熊楠が調査研究していたのが和歌山県です。
  
南方熊楠を知る事典(参考サイト)
あとタダで読める著作もあります。
  
  
彼の一生を描いた巨人伝という小説がありますが、
これが良かったです。とにかく「巨人」です。圧倒的です
男性自身も巨人だったみたいです。
中古本しかないようです。

2005/10/13

世界最古の麺を発見

読売新聞から:

中国・青海省の新石器時代の遺跡から「世界最古の麺(めん)」が見つかり、中国科学院が13日付の英科学誌ネイチャーで発表した。  この遺跡は約4000年前に黄河の洪水などで埋まったとされ、“中国のポンペイ”とも呼ばれる住居跡。研究チームが、3メートルの堆積(たいせき)層の下から掘り出した土器に、ラーメンに似た直径3ミリ、長さ50センチの黄色い細麺が入っていた。これまで、麺は約2000年の歴史があると言われていた。

ということは洪水の時にラーメン食べようとしてたのね。

もしもどこかの子供がガンプラに爆竹詰めて爆破した残骸が地中に埋まっていたら、4000年後の考古学者はガンダムが聖なる生贄として捧げられたとか思うかな。

というか、

「中国四千年の味」という宣伝は間違いではなかった。

□明星 中華三昧 北京風 袋 箱売り(12個) ■10603

□明星 中華三昧 北京風 袋 箱売り(12個) ■10603

2005/10/12

あいのうた。第1話

僕らのアイドル、ミッチョンが・・・

そうか玉置浩二は死ぬのか。

デパートの屋上から菅野美穂が100円の望遠鏡でのぞいてるところが良いかと。

テレビ番組を斬る!では山内奈々ちゃんの成長を見守るそうです。

http://nori-p.txt-nifty.com/tv/2005/10/post_bda6.html

岡田惠和という人が脚本だそうです。(http://homepage2.nifty.com/dojiura/okada/okada_yosikazu.htm

エウレカセブン 第25話 ワールズ・エンド・ガーデン

今回は小粒だけど、ナチュラリストな良い話。ティプトリーおばさんの「受け入れる運命と抗うべき試練」がここで帰結するとは夢にも思わなかった。

パイルバンカーが竹林のように突き刺さる中をレントンはさまよっていたが、力尽きて倒れてします。遠くに花が咲き乱れている。

そしてタイトル「ワールズ・エンド・ガーデン」。世界の際にある園。前回が「パラダイス・ロスト」と楽園つながり。

ニルヴァーシュに話しかけるエウレカ。「誰も乗っていないと淋しい?ここに穴がぽっかり空いた感じ・・・」胸に右手を当てる。でもニルヴァーシュは答えない。

レントンが目を覚ますと家の中に寝かされていた。そこにレントンを助けた金髪の男がやってきた(なんかハウス子供劇場に出てきそうな人)。自己紹介を始める。名前はウィリアム・B・バクスター。そしてレントンにウィルと呼んでくれと言う。優しそうな人だとレントンは思ったが、同時におしゃべりだったと思った。

「おしゃべりだったかな」とウィリアムは言った。(ここで心が読めるということを説明しているのかと。あと話の最後に「君には守らなくちゃいけない約束があるんだろ?」てのもそう。とするとマーサの心は生きている?)

レントンの隣には黙って動かない女性が上半身を起こして寝ていた。ウィルの妻のマーサだ。手には魂魄ドライブを握っていた。絶望病だった。そんな妻にウィリアムは普通に喋りかける。「お客様の前で恥ずかしいだろ。まだレントン君が食べ終わっていないんだから」

動けないマーサにウィリアムが食事の世話(マーサの好きなカボチャのスープ)をし終わって外に出でいくと、レントンはしげしげとマーサを見た。息していないと思ったら、息がとんでもなくゆっくりだった。

レントンが家のテラスに出ると、ウィリアムがうっそうと生える草の向こう、林立するパイルバンカーの前に立っていた。家を取り囲むように無数のパイルバンカーは刺さっていた。ウィルは持っていた棒でコンコンとパイルバンカーを叩く。(この棒、フィルム職人の人が持っていたの形が似ているような・・・)

レントンがウィルのところに行こうとすると、ウィルは野菜を踏まないように注意する。しかしその野菜は密生する草の間に生えていて、レントンには見分けがつかない。(これってスローフードな農法だったりする。アルジュナの第4話「輪廻転生」に出てきますな。)しょうがなくウィルの方からやってきた。

助けてくれたお礼をいうレントン。ウィルは礼はマーサに言ってくれという。教えてくれたのは彼女だと。

レントンがウィルになにをしていたのか聞いた。「パイルバンカーを抜いていたのさ」と彼は答えた。彼の背後で巨大なパイルバンカーが1本、轟音を立てて地面に倒れこんだ。

驚くレントン「抜いちゃったら大変なことになるんでしょ?あんなにたくさん刺さっているからここが安定しているじゃないですか?」

「違うよ抜いたからさ」とウィル。倒れたパイルバンカーと別の方向の地面が光って爆発する。「ほら、ここは揺れもしないだろ?」

レントンが必死に理由を説明する「抜いちゃったら、地殻が変動して大変なことになって、えっと…そうだ塔ひとつくらい飲み込まれちゃうんでしょ?」

ウィルが持っていた棒で家の隣に生えている巨木を指した「あの木をごらん。風が吹いたらどうなると思う?風が吹いたらどうなるかな?」

「そりゃ揺れるでしょうね・・・」

「もっともっと強い風が吹いたら?」

「もっともっと揺れて、しまいには倒れるかな・・・」

「よく分かってるじゃないか。それと同じことさ。大地の力に力で対抗してもいつかは倒れる。今はパイルバンカーで安定している塔だって、大地の力には逆らえない。じゃあその大木が倒れるほどの風が吹いているとき、この草はどうなると思う?」

「草もたぶん倒れるでしょうね」

「そう倒れる。でも日が経てばまた立ち上がる。この土地はそういう草みたいな土地なんだ。」

(これは第8話のティプイトリーおばさんとレントンが話したときに、パイルバンカーの話をレントンがして、それは自分で考えずにただ人から言われたからそうだと妄信しているだけだというエピソードを目に見える形で繰り返していると)

そしてウィルはレントンに息を吸うように言う。レントンは草の甘い息吹を感じた。だがウィルは忠告する。息を吸うってことはそれだけ死に近づくことだと。(マーサはあまり息をしていないから長生きするの?)

その頃、ホランドは地殻変動に飲み込まれた町の、レントンとチャールズたちが会った公園でレントンの行方を追っていた。そしてチャールズたちとレントンが会ったと知った。ホランドはチャールズに銃を向けられ、「アドロックが呼んでるぞ」と言われたことがあるそうな。レントンの父親はチャールズに殺されたのね。そりゃレイもパイ落とすくらいびっくりして当然。(第28話で、セブンスウェル現象が起こったときにアドロックは消えたとチャールズが言っています。)

レントンがマーサに話しかけるウィルを痛々しく思って、マーサは絶望病だと言う。ウィルは違うと反論する「本人じゃなく周りの人が絶望するからそう呼ばれているんだ。でも僕は絶望していないから切望病じゃない・・・マーサは大地に魅入られてしまった」

この絶望病の人の書き方が、
高山和雄の「ノアの末裔」に似てるなというか補完できたような。これはお勧め。
http://members2.jcom.home.ne.jp/goro-manga/sakka4.htm
人類が「睡眠」してしまい、一部の人間だけが目覚めいているという話。しかし実際は目覚めているのは取り残された人間なのではないかというオチ(って未完なんですが)

アマゾンに中古ありますけど。表紙がなかったもので。とりあえずアルジュナ。

2005/10/09

BLOOD+ 第1話 「ファーストキス」

BLOOD the Last Vampireはあれはすごい。これがアニメかと。実写ですよほとんど。全編英語だし。最後のC-130が滑走する中でジープで翼手を斬るシーンは圧巻。あと途中のF-5が離陸するシーンに職人技を感じましたな。

BLOOD+はそれより軽いかなと(http://screenplus.jp/contents/aii_jp/m_free/index.html)。でも良い感じです。映画とは話の軸が違うんでしょう。

しかし最初はすげえっす。ベトナムの戦略村とおぼしきところで、人間が刀で胴体真っ二つに斬られて、血が噴き出す。しかも倒れてる人の内臓が見えてましたよね。しかも灰色に。刀が根元でゆがんでるので小夜なんでしょうね。

現在録画したサムライセブンも見ていますが、こちらは血が出ません。この差はデカイ。

小夜の点滴が赤いのはなぜ?血ですか?

沖縄がきれい。パースの利いた背景と青い空。そしてB-52と2機のF-16!

映像も良い。逃げ出した2体のうちの1体(タイプB)が小夜がカギをかけたガラス扉に体当たりした後、金属製のドアの枠の塗装が剥げてるように見えます。ああいうの良いですな。

あとカッコいいハジが自分の血を飲ませるために小夜にキスするシーンが良い意味でエロイ。床に横になって後ろから腕の絡ませるというのは絵的に良いですな。バンパイア系はちょっとエロイのがいい。

エンディングがいい。沖縄ぽくて。発売は11月23日だそうです。

2005/10/08

反動こわい

アフガニスタンみたいですけど、これは一体なんなの?RPG-7じゃないような・・・

http://www.compfused.com/directlink/856/

野砲を撃った反動で吹き飛ばされる兵士。

http://www.compfused.com/directlink/815/

どこ触ってんのよ!

アイルランドのサッカーファンのオヤジが女性の胸をもんでいます。顔からして確信犯です。

http://www.compfused.com/directlink/908/

これって証拠写真になるんじゃないだろうか。

ドラエモンの秘密道具はβ版だった

ドラエモンの道具タダであるはずがない。しかし道具は無尽蔵に出てくる。なぜゆえに?
という疑問を解消したサイトです。

http://www15.ocn.ne.jp/~slar/03-43.html

デパート、小売店などの一般的な商法に、モニター販売というものがある。秘密道具というのは非常に特殊かつ高性能な商品で、中には人命を損なったり、精神に強迫観念を与えるようなマインドコントロールまがいの商品もあることから、一度、正常に機能するのかどうか実験しなければならない。

20Cにも、PL法(製造物責任法)という消費者にとって武器となる法律があるくらいなので、使用法いかんで危険度が増す秘密道具に関しては、22CのPL法適用目的に合致すると見てよいだろう。

なるほど。現代の人間はモルモットですか?のび太もある意味不憫よのう・・・セワシ君は鬼だな。

2005/10/07

サイドウェイ シンシティ コーヒー&シガレッツ

まったく方向性がバラバラな三つの映画を見ました。三者三様とはまさにこのこと。

今劇場公開されているシンシティ。これは観客を選ぶ映画です。
(本編(冒頭)ちょっと見れます→http://www.gyao.jp/cinema/sincity/?banner_id=geiga0001

ほんとにほとんど白黒です。これはコーヒー&シガレッツも同じですが、時々部分的にカラーになるし、実際には黒くみえるところが白くなっています。もう映像加工は秀逸。PVを2時間みてる感じです。ああいう系は映像がくどすぎて、飽きちゃうのですが、これはちゃんと見れます。ただエグイ。

リドリー・スコットのブレードランナーぽいかなと(ハードボイルド系なところと映像的なところが)。監督はロバート・ロドリゲス(+クエンティン・タランティーノ)だから男がカッコいい。ミッキーローク最高。殺されたコールガールのために復讐するんですが、なんか良いですな。どえらく強いし。他の面々も男臭ぷんぷんですよ。男は語らず思考する(ゆえにナレーション多し)。

字幕翻訳は林完治なので(LAコンフィデンシャルとかマトリクスシリーズ、スターウォーズ特別編とか)OKかと思います。

あああ!フロドー様がやばいです!

http://www.lotr.jp/join/news/pressconf.html(この人が)

http://homepage.mac.com/mujidog/iblog/BananaRoom/C513377746/E1692575972/(こうですよ!)

あとマイケルマドセンが眼鏡かけてでるのがいい。http://www5f.biglobe.ne.jp/~ana/michael_madsen.htm(←この人)

ルトガーハウワーも出てきます。これってブレードランナーの逆バージョン(じゃないかと思ってニヤリとしました)。

コーヒー&シガレッツ
ガムの宣伝ではない(それはクロレッツ)。ジム・ジャーミッシュのオムニバス白黒映画。1本がとにかく短い。パルプフィクションのジョントラボルタとサミュエルLジャクソンの会話をいろいろなキャラクターで聞いているという感じでしょうか。良かったです。繊細な映画だと思います。

http://coffee-c.com/(公式サイト:ちょっと映像も見られます)

最初のロベルト・ベーニーニ(ライフ・イズ・ビューティフルの人)が馬鹿です。英語のあんまりわからない感じが面白いですよ。

やっぱりすごいと思わせるのは、ケイト・ブランシェット。2役です。売れてる女優と全然ダメな従兄弟の話。ヘタレは意外とやりやすいと思うのですが、売れてる女優の感じがすごく良いですよ。

最後のご老人2人が登場する「シャンペン」が一番面白いと思います。哀愁というかね。

テスラの「地球は一個の共振体」という言葉がこの映画の肝なんじゃないかと思います。

他の感想も参考にどうぞ。

サイドウェイ
http://www.foxjapan.com/movies/sideways/
(このサイトの表紙のような場面はないです)

これも良いです。まったりです。ちょっとダメっぽい主人公が特にいい。ワインおたくなのもいい。離婚して書いた小説もなかなか出版社に認められない欝系の主人公と、結婚を1週間後に控えた陽気な(節操のない)プレイボーイが1週間旅をするという一種のバディームービー。この全然成功できないという主人公のキャラクターになんだか感情移入してしまいます。

最後はそれなりにハッピーエンドです。

他の感想も参考にどうぞ。

2005/10/06

エウレカセブン 第24話 「パラダイス・ロスト」

パラダイス・ロスト。失楽園。「ほどける糸ともつれる糸」という感じでした。

ホランドの606が州軍の追撃部隊を撃破する。

「瞬殺、秒殺。やっぱ州軍のモンスーノは敵じゃないって、リーダー!」とマシュー。
それに応じずホランドは帰投するとギジェットに告げる。
「出た。無視だよ」
ギジェットがホランドとマシューの着艦のために船を回頭するようにタルホに言う。しかしタルホは知らん顔。ハップがせっつく。「そんもん合わせなくてもいつも戻って来るじゃない。」しかしホランドは考え事をしていて滑走路にクラッシュする。

レントンが居た部屋にへたれこむエウレカ。残っているのはラーメンの出前に使う箱と小豆色のジャージ。

ギジェットがボンマルシェで歯ブラシを探しているとエウレカが現れる。その服装に驚く。レントンのジャージ着てますよ(左脚の側が大きくめくれ上がってるのがポイントかと)。しかも片手でラーメンの出前箱かかえて(左腕にギプスしてますので)。エウレカさん、正直

痛い。痛すぎます。

「えーと、いらっしゃいませ」とエウレカは言い、出前箱から商品を取って棚に並べる。
「なんであんたが品物並べてんの?それにその格好・・・」
コスプレですか?と続けたかったのでしょうか?これエウレカだから絵的に良いですが、レントンがエウレカの服を着たら倒錯です。
「レントンがいないから・・・」
そしてエウレカは以前レントンの居場所だったニルヴァーシュの後部に設けたテントの中で、ラーメンを置いて待つ。
「冷めちゃったね、ラーメン」
ことごとく痛い。ふやけ麺が好きな人もいるがやはり冷たいのはまずいそうです。
ふやけ麺を堪能する

その頃レントンは熱々のビフテキを前にして座っていた。
「だから俺とレイのことを・・・パパ、ママって呼んでみないか?」とチャールズが言う。
あっけにとられるレントン。(レントンだけステーキなんですよね)
「さあパパママと呼んでみよう。レッツ大きな声で・・・」
レントンは体を振るわせる。泣いている「でも俺、オルバサの町でも馬鹿やって、2人の仕事の邪魔して、本当なら追い出されても良いはずなのに」
レイがレントンの震えていた右手を握る。「あなたさえ良かったらずっとこの船にいてちょうだい」

明かりを落とした医務室でホランドがミーシャに聞きかえす「バランス?」
ミーシャが言うにはあくまで推測の域を出ない話だが、どうやらアミタドライブを反応させるには2人のメンタルサインのバランスらしい。そうかアミタドライブ・・・あれは・・・

アクエリオンだったのか! 否!

2人の友情パワーがなければ合体できない

バロムワンだ!

「2人の?」とホランド。
「エウレカだけではダメ。レントンだけでもダメ。重要なのは2人のバランスよ。」
エウレカが医務室のドアの外でこれを聞いてしまう。

ホランドが自室に戻る。ベットの上でタルホが退屈そうに雑誌を読んでいた。ホランドはソファに腰を下ろした。(ベットがタルホの居場所で、ホランドの居場所はソファなんですかね)待ってましたとばかりにタルホが食ってかかる。「もう解散、解散。ゲッコーステート解散。こんなの続けてたって意味ないじゃん。誰かさんのせいで雰囲気悪いしさ!」と言うと、ベットから立って部屋を出て行こうとする。
「待てよ。なに言ってんだよ」とホランドが怪我した右手でタルホの肩を掴む。
「話してよ!」とホランドの右手を払いのける。
痛がるホランド「どうしてそうなるんだ」一瞬タルホの目がマジになる。でも勢いを正してホランドに詰め寄る「だってあんたレントンに嫉妬してるだけじゃん。エウレカをとられたから、いじけてるだけでしょ!」
ホランドは反論しない。
「どうして・・・ぶつかって来なさいよ!受け止めてあげるわよ!」

レントンが格納庫でチャールズのLFOのメンテナンスをしている。「それは甘くて、温かくて、良い匂いがして、なのにちょっぴりくすぐったい言葉・・・パパ、ママ」
「お!思い出しニンマリか?」とチャールズ「若者の特権だからなぁ。これのこと考えてたのか」と小指を突き立てる。大人なら人差し指と中指の間に親指を差し込んで「これかぁ?」ですか。卑猥恐縮。

「ちがいますって!」とレントンが叫ぶ。ムッとするチャールズ。そして思い出すように「パパ」と言って顔が赤くなる。それを見てチャールズが笑う「いきなり言われても、言えないよな。俺だってできねえ。」
「お父さん、お母さんってところからスタートじゃだめですか?俺、父親のことも母親のことも一度も呼んだことがないので・・・」なんか実は可哀想な少年なわけだ「いきなりパパ・ママはハードルが・・・」
恥ずかしがるレントンをチャールズが胸元に引き寄せる。「ジムで一汗かいてきたところだ。臭いか?これがお前の父親の匂いだ。」頬を赤らめてレントンが首を横に振る「本当に良い匂いだよ」で泣いちゃう。

お父さんと子供でふぉぉぉぉー(HG)

ですか。

仲が良くなると秘密を教えちゃったりするわけで。レントン、祖父がメカニックで自分に技術を教えてくれたというところまでは良かったが、実はニルヴァーシュのメンテナンスをしたことがあるという話までしてしまい。さらには自分の父親がアドロック・サーストンということまで打ち明けてしまう。パイを焼いて格納庫にやってきたレイもそれを図らずも聞いてしまい、びっくりしてパイを落とす。(絵はちょっとびっくりしすぎでは・・・)

家庭崩壊の予兆!

「レントンとエウレカが一緒にいれば、いつか必ず悲劇を生む」とホランドがタルホに言う。
「それはあなたがエウレカに選ばれた存在だとしても同じことでしょ。そしてあなたなら突き進む。違う?」
「わかってんだよ。奴を認めなきゃならないってことぐらい」
「わかってないじゃない。認めなきゃいけないのはあなたがエウレカに選ばれなかったってこと!私たちが2人を信じてあげなきゃならないってことよ」
「わかってんだよ。わかってんだって・・・」ホランドは部屋のソファーに座って暗い天井を見上げている。

日があけて、チャールスがレントンを乗せてLFOのテスト飛行をする。
「テストだったら僕が行かなくても」
「見せてやりたいものがある」
それは巨大な塔のような山(?)で、雲を突き抜けるほど高くそびえている。その岩肌にはトラパーが沸き立っている。
すげえ・・・レントンがため息をもらす。
クルクルと飛び回るKLFの中でレントンは考える「俺はこんなステキな世界を自由に飛びまわれるLFOがあこがれだった。大好きだった。でも今は・・・」
チャールズがレントンに話しかける「お前は本当に良いメカニックだ。メカの気持ちがわかるみたいだな」
「人を殺す道具の気持ちなんて俺にはかわりません。チャールズさん、なんでこんなきれいな世界なのに人は争うのかな」
チャールスがレントンの頭を強くなでる。「俺の方こそ聞かせてくれよ」

そしてタイプゼロのことをそれとなくチャールズがレントンに聞いてみる。パンドラの箱を開けてしまいました。レントンが答える。ニルヴァーシュは普通のLFOと違って魂魄ドライブだけでは起動せず、アミタドライブが必要になる。アミタドライブは魂魄ドライブとセットになって悟りプログラムのキーになる。
「セブンスウェルか?」とチャールズがすべて承知という感じで聞き返す。
レントンはうなずく。「一度接続したらはずすことができないんだ。理由はわからないけど」
「タイプゼロのパイロットも変わり者だって話だな」チャールズがかまをかける。
「うん、とっても変わってる」術中にはまってしまうレントン「でも、俺初めて会った時からなんかビビっときたというか・・・いわゆるエウレカに一目ぼれってやつで・・・でも結局想いは通じず・・・ゲッコー号から飛び出してきちゃって訳で。」
「ゲッコー号!」チャールズは愕然とする。
「そういえばまだ言ってなかったね。俺この船に来るまではゲッコーステートのメンバーだったんだ。隠すつもりはなかったんだ。でも俺なかなか言い出せなくて。ごめんなさい。」
「・・・そうか。で、ホランドは元気でやってるか?」とチャールズが笑ってみせる。
そこに州軍のモンスーノ中隊が接近。
「チャールズさん、どうするの?このままだと撃墜されちゃうよ」
チャールズは頭の後ろで手を組んで、我関せずを決め込む。レーダースクリーンに急速接近する4つの機影。(敵機の接近とともにレーダーの表示倍率が高くなるのが芸が細かいね)。そしてロックオンされる。モンスーノ各機のミサイルポッドのハッチが開き、無数のミサイルが青いLFOめがけて飛んでいく。レントンがコックピットのレバーを握ってミサイルを回避しようと全速力で遠ざかる。しかしミサイルが距離を詰めてくる。レントンはチャフを発射してミサイルを撹乱させて爆破する。
チャールズが言う「自由とは獲得しなければならないものであって、無償で与えられるものではない。自由であることとはその責を負い、覚悟することだ。わかるなレントン。」

しかし目の前には先回りしていた州軍のLFOが待ち構えていた。敵を惨殺したときのイメージがレントンの脳裏に蘇り、躊躇する。ニルヴァーシュの足の裏にこびりついた敵パイロットの腕。だがレントンは攻撃しようとトリガーを押そうとした瞬間、チャールズがその手を止める。州軍の追撃部隊に自分の認識IDを伝え、事なきを得た。そしてレントンに自分たちは連邦軍遊撃部隊所属のフリーランサーで、目下タイプゼロとエウレカの奪取のために作戦行動中であると告げる。

「嘘だといってよ!俺練習するからさ。パパママって言えるようにがんばるから。だからお願いだから・・・」レントンは涙ながらに訴える。

「ったくダセーよな!」ホランドがソファから立ち上がり、部屋の外に出る。
「やっと出てきた。ったく!足しびれちゃったじゃない」とタルホが微笑する。

格納庫にもどったチャールズがレントンに言う。「州軍と連邦軍が連携してゲッコー号を襲撃地点に追い込んでる。座標はジャクソンマップページ286。日時は7日後。ゲッコー号に戻って伝えても構わない。心の隅にとどめておくというならこのまま残るのもいいだろう。どちらからも逃げる手だってある。お前が決めろ。襲撃座標・日時は絶対に変更しない。俺たちは必ずそこでゲッコー号を仕留める。だからお前に約束して欲しい。自らに偽らず決めたことなら俺たちは受け入れる。必ず貫け。」

レイは泣きながらチャールズの胸を叩く。日が沈みかけるころ、レントンはベットから起き上がり、ボードを抱えて部屋を出ると、部屋に向って一礼する。そして船の下部ハッチにおりていくとチャールズとレイがいた。
「ひとつだけいいですか?最初からわかってて僕に近づいたんですか?」
「当たり前でしょ」といったレイの顔がゆがんで、チャールズの胸に顔をうずめる。
「じゃあ俺行きます。チャールズさん、レイさんありがとう。ありがとうございました」といってレントンは深くお辞儀して、空に落ちていく。

いなくなったレントンのカップを握るレイにチャールズが聞く「あいつ戻るかな?ゲッコー号に」
「貫くわよ。だってあの子は私たちの息子だもの」
「そうだよな」

叫びながら自由落下を続けるレントン「エウレカ、俺は今君に会いたい」
エウレカはニルヴァーシュに乗り込み、動かそうとするがうんともすんとも言わない。「お願い!レントンのところに行かなきゃ。あなたも彼が必要でしょ!」ほとんど錯乱状態のようにレーバーを振りまわす。
「俺が行く」とホランド。「俺が必ず連れ戻してやる。だから待ってろ」

男、ホランド立ち上がる!

つづく。

PSPじゃないPOPですよ!

PSPじゃなくてPOP。

http://youkan.sakura.ne.jp/museum/movie/278.html

最後まで見ないとこのすごさがわかりません。こんなの勝ったら絶対にキレます。

全部訳すと大変なのでざっと(よくわからないところもあるので)

郵便局の人が親切にもこれを届けてくれました。POPステーション・バリューパックです。

パッケージがPSPによく似ていますが、これは偶然です。こんなクズ商品をPSPと間違って買わせようといういやらしい意図はまったくありません。

特徴はイヤフォン、ストラップ、そしてカラーディスプレイです。

裏面を見るとプレイできるゲームがあります。サッカーゲーム、ストリートファイター、サブマリン・インベイション、フォートレスアタック。

使うのは単三電池3本

ボタン操作は意味不明

中を開けると、1枚のトイレットペーパーに目茶目茶な英語で書かれたゲームマニュアル(※ピジンイングリッシュと言っています。外国人が喋る文法的にメチャクチャな英語。要は外国製ということでしょう)

イヤホンは初代のiPODのものよりひどい

ストラップも全然信用できるものではありません

そしてPOPステーション。カッコいいですね。電池は裏側。表側のボタンの配置はPSPにそっくりですが、ほとんど役に立ちません。

でスイッチを入れます・・・

ディスプレイはゲームウォッチ系のセミカラー

サッカーゲームのやり方の説明

音楽がウザイですねえ。ありがたいことにボタンを押したら消えました。

電源を切ります。こんなの聞いてたら耳から血が出ます。

2005/10/05

日本伝統のウォームビズ!

原油が高くて灯油もガンガン上がってる昨今、しかも収入減の私にはウォームビズしかない!

そこではんてんはどうかと・・・ スーパー回ったんですが、時期的なのかどこにもなく。楽天でオーダーすることに決定。

Z・紳士大柄93cm丈はんてん[フリーサイズ(93cm丈):グレー]【大感謝セール0916】←こんなのを楽天で注文しました。

はてどんなのが来るか。 注文してふと気がつきました。これってちっとも「ビジネス」じゃない。部屋着じゃん。これで外は歩けんな。歩いたら鬼太郎だし。

子供の選挙

総務省の選挙キャンペーンの一環として短編映画を作ったようで。

「主人公はきみだ!」タイトルは微妙だと思いますが内容はほのぼの系でいいなと。

http://www.iiv.ne.jp/choice/m01kawase.html

監督は河瀬直美という人です(http://www3.kcn.ne.jp/~kumie/

北村一輝が出てます。ジャージが似合う。

いろいろと考えるところがあります。子供は大人と同じようにふるまうと思いましたね。公約とかに関係なく候補者に人が集まってくる場合(友達だからとか)もあるのは同じかと。

っていうか税金で作ってるわけだ。総務省…

2005/10/04

ガンダムSEEDディスティニー 第50話 「最後の力」

いろいろと名称に間違いがあるそうです。
平にご容赦ください。

歳なのでジャスティスとセイバーとか区別つきません。

さあ大団円です。

機動要塞メサイアのネオジェネシスがアークエンジェル+エターナルとオーブ軍艦隊を殲滅すべくチャージ中。キラ様はマリューに対して自分がメサイアを食い止めている間にアークエンジェルはレクエイムに向えと言う。それだとエターナルを危険にさらすことになるとマリューは反論する。

話をこっそり聞いていたラクス様「今はこの船よりオーブです。オーブがプランに対する最後の砦です。失えば世界は飲み込まれます。絶対に守らねばなりません」

へたれディアッカがいきなり登場「どうすんのイザーク?」
「くぅぅ・・・エターナルを掩護する!」
「あ?」
「あれはザフトの船だ!」イザークったら、かわいいやつだね☆

フリーダムがきばってドラグーンを射出すると、レイの額にニュータイプ稲光が走る。
レイがシンに命じる「お前はアスランとアークエンジェルを追え!フリーダムがおれが討つ!」レジェンドもドラグーンを射出。キラにもニュータイプ稲光!

レイが呟く「そうさ、終わらせる。今度こそすべてを!」

そうですね。最終回ですから!BLOOD+も始まります!

ストライクのルナマリアがジャスティスに遭遇する「なんであなたがメイリンを!」(選んじゃったの?)「やめろルナマリア!」とアスラン。なんか三角関係のもつれのようです。そして修羅場から逃げようとするアスランにルナマリアのとどめの一発

「逃げるな!」ストライクがサーベルを抜いてジャスティスに斬りかかる。

女は怖いのぉ。しかしアスランのジャスティスも突進してきたストライクの右腕を蹴り上る!ヒジの関節にキックが命中して、ストライクの右腕が吹き飛ぶ。「邪魔をするな!」アスランも必死です。

「なにを!」ルナマリアは胸のバルカンを連射する。怒れる女はしつこい。ジャスティスも超電磁ヨーヨーを放つ。ストライクの右足がもげる。

「ルナー!」とシンのディスティニーがジャスティスに急速接近「この裏切り者があああ!」

「あんたってひとは!!!」とディスティニーがジャスティスに斬りかかる「よくもルナをやったな!」(冷静になろう。殺してないよ。)

レジェンドと戦うキラ様は敵の戦い方に戸惑う「誰だ。誰なんだ?」

「お前にはわかるだろう。おれはラウル・クルーゼだ。人の夢、人の未来、その素晴らしき結果キラ・ヤマト!ならばお前も今度こそ消えなければならない!俺たちと一緒に!生まれ変わるこの世界のために!」

キラがレイを諭す「命はなんだってひとつだ。だからその命はキミだ。彼じゃない!」まるで刑事です。このキラ刑事の言葉に心を動かされるレイ。しかしキラ刑事は悪に容赦はしません。レジェンドに向けて全砲門フルバースト発射!全弾命中!キラさん、むちゃくちゃです。

シンは種割れしたのに、普通モードの種割れしていないアスランに負けてるし。アスラン刑事もシンの説得にかかります「もうお前も過去に囚われたまま戦うのはやめろ!そんなことをしてももうなにも戻りはしない!」その言葉に動揺するシンとルナ。「なにを!」反発するシン。

「なのにお前は未来まで殺す気か!お前が欲しかったのは本当にそんな力か!」最後の駄目押し。太陽にほえろです。

「だけど!」フリーダムがジャスティスに突進し、斬りかかる。

「やめて!シン!」とアスランを守るルナマリア。「やめろ!」とストライクに斬りかかるディススティニー。ついに種割れアスラン。

「この馬鹿野朗!」

熱いぜアスラン!キミは今日から「青春刑事(デカ)」だ(by七曲署ボス)。アスランのジャスティスがディスティニーを腕を切り、さらにキックで左足をぶった切る。

アークエンジェルがミネルバの上面に背面飛行で入り込んで砲撃、両側舷のミサイルランチャーを沈黙させる。そこにジャスティスの背中の「なにか」が飛んできて、ミネルバのエンジンを貫く。月面に不時着するミネルバ。

その頃、チャージを完了しつつあったネオジェネシスがレクイエムに向うエターナル+オーブ軍に照準を合わせる。

そこにイザーク。「エターナル!メサイアが撃ってくるぞ!射線上の連中を下がらせろ!」業火に飲み込まれるザフト軍艦隊。しかしラクス様たちは間一髪でかわす。

ムウのアカツキとアスランのジャスティスがレクイエムの防御シールドを突破して、発射準備に入っていたレクイエムを破壊する。発射口から月面高く火柱が上る。

「ばかな…」とデュランダル。

ラスボスの常套句ですな。キラ様がメーティアにドッキングして、メサイアを叩き切った後、最後の敵を討つべく要塞内に単身乗り込む。

破壊された司令室にデュランダルが独り座っている。「キミがこんな所まで来れるとは正直思っていなかったよ。だが本当にいいのかなそれで。」キラ様は拳銃の銃口をデュランダルに向ける。「やめたまえ。やっとここまで来たのに。そんなことをしたらまた世界は混迷の闇へと逆戻りだ」

「でも僕たちはそうならない逆の道を選ぶこともできるんだ。それが許される世界なら。」

「でも誰も選べない。人は忘れ、そして繰り返す。もうニ度とこんなことはしないと、こんな世界にはしないといったい誰が言えるんだね。誰も言えやしないよ。なにも変わりはしないのだからな。」

「でも僕たちは知っている。わかっていけるとも。変わっていけることも。」陰に潜んでいたレイもその言葉に感化され、クルーゼの呪縛かた解き放たれる。「だから明日が欲しいんだ。どんなに苦しくても変われない世界なんていやだ。」

「傲慢だね。さすがは最高のコーディネイターだ。」

「傲慢なのはあなただ!僕はただの一人の人間だ!それを知っているから僕は討たなければならない」

「キミがいう世界と私が示す世界、皆が望むのはどちらだろうね。私をここで討って混迷する世界をキミはどうする?」

「僕は戦う覚悟がある」でキラが引き金を引こうとすると、レイが先に撃っちゃった。

あらら。

そこにグラディス艦長が登場。床に倒れたデュランダルに駆け寄る。駆け寄ろうとするキラにグラディスは銃を向ける。

「この人の魂は私が連れて行く」

シロッコですか!お星様がいっぱいですか!

崩れ落ちそうな司令室からキラは立ち去る。倒れて泣いているレイをグラディスがこっちにいらっしゃいと呼ぶ。そしてレイを抱く。泣きながらレイがグラディスに抱きつく

お母さん・・・・

で司令室は爆発。三人とも木っ端微塵。月面に沈み行くメサイア。

母、強し!

まさに最後の力!

で終わりなんさね。

このシリーズ、往年の巨大ロボットアニメを彷彿とさせますな。良かったですよ。誰かがダイターン・カムヒア!とか言っても違和感ないよなあ。ガンダム系のフルバースト発射はサンアタックみたいだし。ご馳走様でした。

イグルー最高。ジオン万歳!崇高なる馬鹿ギレン様のもとで戦う兵士たちの苦悩を知れ!

IGLOOネタもケロロ軍曹でもやらんかね。ヨムルガンドとか。この名前、タンホイザーとかイゾルデ、トリスタンとかと同じく実際の神話だから大丈夫なはず。

2005/10/03

北海道のエンジェルハート

北海道ではエンジェルハートはSTVにて10月10日25:55(10月11日午前1時55分)からです。モンスターの後番組ということで。スピードグラファーより面白いといいですが。

STVのサイトのどこを見れば載ってるでしょうか、洋二さん教えてください。TVJapanで確認しました。

2005/10/02

ガンダムSEED つながらないので!

フレッツでガンダムSEEDディスティニーを見ようと思ったら、てんでつながらねえ!

そこでこれを見た。ほえー

踊る誘導員

http://portal.nifty.com/koneta05/09/29/01/

澤村さんが、踊ってますニョー。やっぱり誘導は現場で起こってるんでしょうか。

2005/10/01

地震雲

テレビ番組で地震雲のことを放送していたので、どんなサイトがあるかとググってみました。いかんせん地震の予知ができない現状では迷信でもなんでも、状況からきざしを読み取る意外に備える手段はありませんし。

地震の予知はできる!
http://www.interq.or.jp/earth/eqc/
エネルギーが蓄積されると同時にマントルが活発な時期は月齢7.5歳(上弦月)から15歳(満月)までと、22.5歳(下弦月)から新月までの期間である。

地震雲と地震予知
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kinbara/jisin.htm
パノラマ写真が見れます。

最新地震予測情報
http://jisinyosoku.livedoor.biz/
毎日地震の予測を出してらっしゃるようです。えらいです。すごいです。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト