2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« BLOOD+ 第7話 「私がやらなきゃ」 | トップページ | ロック岩崎は花粉症だった »

2005/11/24

ハーツオブアイアン Ⅱ 北の巨人から祖国を守れ 冬戦争の場合

ハーツ オブ アイアン Ⅱ には渋いショートゲームがついてます。

冬戦争です。

小国フィンランドが大国ソ連と1940年11月30日から翌年1月6日まで続いた局地戦です。

詳しくはウェキペディアの冬戦争を見てください。

史実の結果はフィンランドの限定的敗北です。しかし全土を占領されなかったのは、ひとえにフィンランド軍総司令官カール・グスタフ・マンネルハイム元帥の優れた采配のおかけです。フィンランド軍の死者が2万7千人だったのに対し、ソ連軍は12万7千人以上に上っています。

英語で火炎瓶をモロトフ・カクテルと言いますが、これはこの戦争の時にフィンランドの兵士がソ連の外相モロトフをこの爆弾カクテルで迎えてやろうという話に由来するそうです。

今回はフィンランド軍を指揮します。灰色がフィンランド、赤色がソ連です。

史実ではソ連軍がこの戦争に投入した兵力はフィンランド軍の3倍だそうです。

3倍はなんでも赤いのか!

では最初の画面
finland
クリックで拡大します。

これは耐える以外にないです。攻め込めません。負けると組織力が低下して戦えなくなります。つまり防御できなくなります。可能な限り防御です。しかし兵力が分散しているので、南に集中します。

何日か過ぎると軍事援助を他国に要請するかどうか尋ねられます。

援助を申し込むと勝利ポイントが減額されるようですが背に腹は変えられません。スウェーデンとドイツに援助を申し込みます。

3回やってみたところ(EASYモードですが)、1回は

スウェーデン軍がソ連に侵略しました
(それはキャプチャーを忘れました)。

防戦に努めて時間を稼げば、そのうち国民が動員されたり、スウェーデンから義勇軍や戦闘機が届いて兵力を増強できます。

ひたすら攻撃され続けます。それをはねのけ兵力を蓄えたところで進撃を開始、画面右上のソ連領を占領!
ですが別の箇所を攻め込まれました。攻め返す前に終了… しかし

marginal_vic

フィンランドの部分的勝利!

現実主義者のスターリンは停戦に傾き、フィンランドは世界にソ連の軍事的脆弱性を知らしめたとか書いてあります。ソ連は軍の再編成を急がねばならない。なぜならドイツ軍の侵略が迫っているのだから。

こういう小国(信長の野望でいえば姉小路並みの国)で遊べるのもこのゲームの良いところ。

お子さんの情操教育に是非!小国の悲哀と大国の横暴が学べます。

« BLOOD+ 第7話 「私がやらなきゃ」 | トップページ | ロック岩崎は花粉症だった »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ハーツオブアイアン Ⅱ コメント&トラックバック [こんなことしてません?]
男たちの熱い戦いについてのコメント(攻略法)やトラックバックがあればこちらにお願 [続きを読む]

» マンネルハイム元帥に学ぶ国家としての良寛の教え。 [平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ]
親愛なるアッティクスへ 良寬という人の名言に、「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候。これが災難をのがるる妙法にて候。」というのがあります。 この点は、国家においても、同じ事が言えるのではないでしょうか? 昨今の日本外交の閉塞感に伴い、感情論ばかりが先走る国内世論・・・。 これらの人たちは、論拠の是非以前に、対中・対米などのすべての関係で、もしやすると、すべてに勝とうと思っているのではないでしょうか? すべてに勝つなどというのは、日本のような小国にとって、... [続きを読む]

« BLOOD+ 第7話 「私がやらなきゃ」 | トップページ | ロック岩崎は花粉症だった »