2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« BLOOD+ 第11話 「ダンスのあとで」 | トップページ | ハーツオブアイアン Ⅱ (八方塞りのドイツ) 第7回 ドイツ乞食軍団が行く »

2005/12/25

エウレカセブン 第35話 「アストラル・アパッチ」

OPの絵が若干修正されてますよね!

最後の止め絵のタルホも目が直ってるようだし、眉間にシワを寄せていたアネモネも替わってるし。

今回のお話も良かったです。最初にアクションガンガンで、エウレカとレントンの葛藤。そして明らかになったデューイとホランドの関係。お前ら、

   

兄弟かよ!

エウレカが大切な人を失いたくないっていったときにレントンがいなくなったら辛いという話を入れたのは良かったですよ。エウレカさんの精神はまだ発達途上(だと思うので)そういう表現になるなと思いましたよ。

ホランドをノヴァク家の恥さらしと罵り、大衆を愚民呼ばわりし、刺激的で自尊心をくすぐる言葉で煽動すればよいと言い切るデューイ。さらにタルホを「お古の女」呼ばわり。めちゃめちゃ悪党です。「お前は全然私に追いついていない」とホランドを見下す態度。大好きです。ある意味、こういう不遜な態度が彼のコーラリアンに対する姿勢を視聴者に印象付けるいい演出だと思いました。デューイが世界をどう見ているかをホランドをどう見ているかを通して解説してるみたいです。

最後にホランドが「がっかりだぜ、あんたが俺に全然追いついてなくて」と言い、ニルヴァーシュが出てくる時は「遠山の金さん」の桜吹雪が舞ったときのような「してやったり」の痛快さがり、またこれからの展開を予見させます。

これって年内最後?ってなエンディングですよね。

「オレンジ」って種でいうところの「ジェネシス」なんでしょう(ロード・オブ・ザ・リングの「指輪」ですな)。「オレンジ」も「ジェネシス」も同じようなものなんですが、デューイと「オレンジ」の方が好きかな。種の作風にはジェネシスみたいな感じでよかったですけどね。

« BLOOD+ 第11話 「ダンスのあとで」 | トップページ | ハーツオブアイアン Ⅱ (八方塞りのドイツ) 第7回 ドイツ乞食軍団が行く »

コメント

エウレカセブン面白いですね~コーラリアンの意味がよくわからなかったんですが、知的生命体だったんですね。1話から~36話まで一気に見たんですけどね(GYAOの無料放送で)エウレカとレントン二人がミルヴァーシュ搭乗中アミダドライブでパワーアップするシーンがとてもお気に入り♪今週から続きが楽しみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/7815360

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブン 第35話 「アストラル・アパッチ」:

« BLOOD+ 第11話 「ダンスのあとで」 | トップページ | ハーツオブアイアン Ⅱ (八方塞りのドイツ) 第7回 ドイツ乞食軍団が行く »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト