2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 功名が辻 第4~第5話 | トップページ | ハーツオブアイアンⅡ 裏技!(暫定) »

2006/02/13

エンジェルハート 第16話 C・H(シティー・ハンター)としての資格

香瑩が狙撃できなかったのは香が守ったというというオチもまとまり、頭がやけに大きなターニャのパパがいつも遊んでいたデパートの屋上の熊さんというのもちょっと(ありうる感じで)意外で良いし。

最後に子供が実はリョウはパパじゃないと知っていたという話もホロっとさせられます。そして最後は家族の再会。もう(北海道では月曜深夜の)土曜サスペンスですよ。

リョウが政治家を追い落とす方法として台湾マフィアに情報をリークしたというのはなかなかの策士です。香を銃を撃てなくても素晴らしいシティーハンターだったと。

なるほど、シティーハンターは

 

 

ハングマン

ですか。悪い奴らをハンギング!

知らないですか?↓

http://www005.upp.so-net.ne.jp/a_matsu/hang-w.HTM

さんま御殿に出てる黒沢年男とか出てたんですよ。

B0000YOTAS
名高達男さんのジャケットの腕のすそを捲り上げるのも当時の流行ですね。マイアミバイスのクロケットもこういう格好してました。
あと山本陽子のパピヨンとか。すごいネーミングでしたパピヨン。今だに覚えています。

スリジャヤワルダナプラコッテ並みにインパクトがあります。

あと意味の良くわからないSMシーンとか小学生だった当時、夕方に見てました。なぜSM男がゴリラのマスクをかぶっていたのか知りたいです。

これではシティーハンターの話ではなく昭和の風物詩。

« 功名が辻 第4~第5話 | トップページ | ハーツオブアイアンⅡ 裏技!(暫定) »

コメント

 どうも、じろうです
 近所のオキナ書房の店員さんとお話をしてたら、この漫画凄く面白いらしいですね
 私も、前から読んでおきたかった本なので、早速1巻を購入し読みました
 前作のシティーハンターを知らないので、香が事故死していたとは驚愕です
 この漫画の主人公は、2重人格なのでしょうか、自分の中のもう一つの存在。
 もの凄く気に入ったので、全巻揃えたいと考えています

じろうさん、どうも♪
シティーハンターは読んでいました。エンジェルハートではいきなり香が死亡です。あれは「ええええ!」ですよ。心臓に魂が宿っちゃってるんで二重人格だと思います。「安全装置」(スターウォーズのルークに助言するオビワンみたいなものですかね)。シャンインはフォースを使わずにドラグノフとか使いそうですが。という私は銃の区別がつきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/8647707

この記事へのトラックバック一覧です: エンジェルハート 第16話 C・H(シティー・ハンター)としての資格:

« 功名が辻 第4~第5話 | トップページ | ハーツオブアイアンⅡ 裏技!(暫定) »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本