2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 嫌日流の和訳版 | トップページ | 時効警察 第八話 »

2006/03/03

功名が辻 第8話

オープニングの三宅民夫アナウンサーの戦国トリビアが楽しみな竹花です。

これで49話まで持つのか!

「長政は裏切らぬ」と裏切られてしまう信長!この時の狼狽ぶりと切れっぷりが最高。

長政からの陣中見舞いととも、お市からの小豆を渡されて長政が奇襲をかけようとしているのがわかりますが、渡したのが六平太。こいつが日本を動かしてるのですよね。

小豆の袋を渡したときに「ニヤ」っとするのがいいですぞ。

六平太役の香川照之って人、アンフェアにも出てますが全然違う人みたいですぁ。この人、ほんと巧いよなあ。アンフェアで安藤が死んだかと思いましたよ。ヤラレマシタ。

三谷幸喜の足利義昭が明智光秀の肩のぬくもりが云々という下り。NHKもそういうのOKになったんですね。っていうかキモっ!

一豊殿の左頬に矢が刺さりましたが、意外と敵将は簡単に敗れました。その後と熱にうなされながら殿(しんがり)を申し出た「サル」とともに戦おうと床から起き上がろうとするとき、迫真の演技とはああいうのを言うのだなと思いました。

次は「初めての浮気」だそうで。ほほぉ。

« 嫌日流の和訳版 | トップページ | 時効警察 第八話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/8924407

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第8話:

« 嫌日流の和訳版 | トップページ | 時効警察 第八話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト