2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 都電の事故ですが問題は | トップページ | シヴィライゼーションIVのレビューあります »

2006/06/17

BLOOD+ 第35話 希望のない明日

「希望のない明日」、シフたちの小夜のことなんでしょう。拙者、実年齢は34歳なんですが、大人年齢は25歳だそうです!(リンク) 人生経験値が低いらしい。仕方あるまい

ニート

だし。それって「希望のない明日」じゃん!拙者のことかよ…

カイが夜空を見上げていると、モニークがやってきます。
1_12
モニークがカイにどうしたのかと聞くと、カイは「ちょっと眠れなくて…」と答えます。

ええ、若くて健康な男子ですからね!

眠れない夜もあるでしょう!

ハッスル!ハッスル!

嘘です

ディーヴァが自ら殺したリクの顔をしていることに憤っています。

ここでモニークさん、勝負に出ます
「あの人のこと?」(まずは牽制球)
「小夜ってカイの何?好きな人なの?」(カーブで様子見ですか)
ここでカイ君
「小夜は家族だ。」

おっとモニークちゃん、心配そうな顔してるけど

内心ガッツポーズなんじゃねえの!

実際は…モニークは恐らく戦災で家族を失ったらしく、兄弟とかそういうのがよく分かっていない話になっていきます。

真夜中にデイヴィッドがスーツを着て外出します。
2_13
カイに呼び止められると、これからロンドンに歩いていくと言います。「そんな気分なんだ」と相変わらずダンディー光線炸裂です。

もしかしたら町内会のウォーキング大会に参加しているタイプかもしれません。

シフが隠れ家に帰ってくると皆を元気づけようとルルがロウソクの火をともして、「ほら希望の光みたいじゃん」とか言います
2_5_1
拙者なら、「女王様とお呼び~」というでしょう。

しかし、小バトー君が「すぐに燃え尽きるけどな」と身も蓋もないことを言います。するとサングラス男が頭を引っぱたきます
3_15
ネタだったようです。

お前ら、オール阪神☆巨人か!

しかしその隠れ家にはすでに死体部隊が潜入していたのだった!
5_11
アンシェルがジェームズにシフの抹殺を指示したのでした。死体部隊がシフたちに襲いかかります。

戦いの中で死体部隊のヘルメットが割れて正体がばれます。
6_9
モーゼスのクローンだそうです。

ほしのあきじゃなかったのか!

胸の盛り上がりは豊胸手術じゃなくて筋肉だったのか…

モーゼスは自分と戦っている事実を知って戦意喪失。ダメダメです。ルーク・スカイウォーカーは父ちゃんを倒したんだぞ!

ルルは小バトーに逃がされます。ルルーは小夜のところに助けを求めに行きます。なかなか動かない小夜さん。行ったときには、サングラス野朗と小バトーはすでに倒されていました。
7_8
芸の道がここまで厳しいとは…

デイヴィッドがジョエルに会いに行くと、ジョエルは赤い盾再建の話を切り出します。拙者が察するに、このあとジョエルは剃髪して「プロフェッサーX」を名前を変えます。デイヴィッドはウィルヴァリンと称し、ルイスはサングラスから変なビーム光線を発射するようなります。映画も3部作が作られると妄想します。

アンシェルがジェームズに小夜の抹殺を命じると、小夜への恨みを滾らせるカールが逆上します
8_8
なんで俺じゃねんだよ!緑になってます。

「同じことを二度言わせるな」とアンシェル。怒るカールをソロモンがなだめます。アンシェルは正しいですよ。赤い盾討伐作戦をアンシェルがやろうとしていたのに、カールとディーヴァで勝手に赤い盾の本部に乗り込んでドンチャカやったんですから。普通の会社ならリストラ対象です。

ディーヴァがいると思しき博物館にシフたちが侵入すると、そこには毎度おなじみの死体部隊が待っています。シフの皆さんやばいっすよ!とそこに小夜さん登場!
9_7
小夜さんが死体部隊の1人を切ったところ。クロダイを釣り上げているわけではありません。

1人倒されて、死体部隊は撤退します。

今度はシフたちが小夜に加勢するそうです。シフたちは最後の希望を小夜に託します。

デイヴッドが中年あ~君とお嬢にコンタクト
10_10
あ~君にディーヴァのコンサートのスポンサーの背後関係を調査して欲しいとの依頼だそうです。

で次回に続きます。

« 都電の事故ですが問題は | トップページ | シヴィライゼーションIVのレビューあります »

コメント

>ええ、若くて健康な男子ですからね!
>眠れない夜もあるでしょう!

直前のやけに暗い部屋でデヴィッドと二人で何をしていたかも気になるしのぶんです。

>内心ガッツポーズなんじゃねえの!

モニークたん、小夜をライバル視して詰問してましたね~。

>拙者なら、「女王様とお呼び~」というでしょう。

ってことはあれは低温蝋燭なんでしょうか(笑)

シフの漫才コンビ、壮絶な死を遂げていましたね。
ルルゥがかわいい今日この頃です。では!

追伸:シヴィライゼーション4届いたのですが、結局初代はやり直す暇がなく、4もまだ開封していない状態デス・・・。今週中に着手したいですが、スパロボを終わらせてからにしたほうがよい気もしています。でも、楽しみです~。

しのぶさん、どうも♪

>直前のやけに暗い部屋でデヴィッドと二人で何をしていたかも気になるしのぶんです。

たしかにデイヴィッドの顔がシャッキリしてました!ははん

>ってことはあれは低温蝋燭なんでしょうか(笑)

ええ!虐待と愛の差がそこにあるわけで(笑)

次のシヴィライゼーションまで何年かあるでしょうから来年でも最新作の領域です。スパロボ先が良いんじゃないですか~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/10564293

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+ 第35話 希望のない明日:

» BLOOD+ 35話 [ライトオタクなOL奥様の節約入門日記]
今回の予選の組み合わせを知った瞬間から日本の試合は見ないと決めた管理人しのぶんは、サッカーに沸く日本国民をよそに、一人BLOOD+のレビューを書くのでした。 月曜に書き始めたレビュー、結局火曜に完成デス。 ... [続きを読む]

« 都電の事故ですが問題は | トップページ | シヴィライゼーションIVのレビューあります »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト