2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« ハーツオブアイアンⅡ ドーゥムズデイ 「アメリカはソ連に勝てるか?」の第2回 包囲殲滅戦 | トップページ | 日本沈没 ★★★★☆ »

2006/08/15

小泉首相の靖国参拝 

そう騒ぐことでもないのでは?

靖国以外に戦没者慰霊碑のようなものがない現状を考えれば、靖国参拝はしかたないと思います。A級戦犯より、他の戦没者の方が多いわけですから、靖国に参拝に行っても、それイコール軍国主義者とはならないでしょう。

とはいえ、靖国以外に戦没者慰霊碑は作るべきだと思っています。A級戦犯を祀っている靖国では国内的なコンセンサスが将来的に得られるかどうかもわからないですし、国際的には説明し難いでしょう。この問題の「落としどころ」として戦没者慰霊碑が望ましいでしょう。靖国を潰せと言っている訳ではありません。参拝したい人はしてください。信条・宗教の自由です。

中国は他の慰霊碑を作っても恐らく難癖をつけてくるでしょう。アメリカの日本自由化と同じです。あえて言うなら「追求しなければならないが、決して満たされることのない要求」というところでしょうか。

首相辞める前に8月15日に靖国行ったのはなかなかうまいですな。どんなに外国から糾弾されてもやめる人ですから、問題ないです。次の首相がまた8月15日に行っても、すでに前例を作った悪役小泉首相がいるわけで、ショックも少ないです。

きっとそんなことを考えて8月15日なのではないと思います。8月15日に行くべきだという信念があったんでしょう。お父さんの小泉純也氏は防衛庁長官だったというのも関係あるのでしょうか。

諸外国の反応で靖国に反対しない国や政治家のコメントが大石英司氏のサイトに載ってました。http://eiji.txt-nifty.com/diary/2006/08/post_39d0.html

これを見ると(一部らしいです)、アメリカ、台湾、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、フィリピンなどは中国がおかしいという話になっています。小泉首相の靖国参拝よりも中国の態度に脅威を感じているということの表れだと思います。

« ハーツオブアイアンⅡ ドーゥムズデイ 「アメリカはソ連に勝てるか?」の第2回 包囲殲滅戦 | トップページ | 日本沈没 ★★★★☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/11446475

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の靖国参拝 :

« ハーツオブアイアンⅡ ドーゥムズデイ 「アメリカはソ連に勝てるか?」の第2回 包囲殲滅戦 | トップページ | 日本沈没 ★★★★☆ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト