2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« これってイジメの構図では? | トップページ | これがブレードランナーだ! »

2006/12/09

EU2 イングランド王の野望(目指せブリタニア帝国) 第3回:フランスに勝利!

ヨーロッパユニバーサリス2(EU2)のプレイレポ第3回です。

前回、イングランドはフランス王国の首都、イル=ド=フランスを攻略し、ドーバー海峡にて仏軍艦隊に勝利し、ピカルディーとシャンパーニュを占領しました(リンク)。

今回、フランスとの戦いに決着をつけます。

同時に南フランスではガスゴーニュの部隊(歩兵14000、騎兵2000)を二手に分けて2つのプロヴィンスを同時攻略します。
Split
分割したい部隊を選択すると、画面左に部隊情報パネルが表示されます。そして左下の[分割(Split)]をクリックします。これは兵力を二等分します。兵数を自分で決めて分割するときは中央の[再編成(Reorganize)]をクリックします。

分割すると
Split_done
(クリックで画面は大きくなります)
兵力バーの数が2つになっています。部隊情報パネルを見ると歩兵が7000、騎兵が1000に二等分されています。これで2つのプロヴィンスを攻略します。

一方はギュイエンヌ(Guyenne)にもう一方はランギュドック(Langudoc)に派遣します。
Guye
Langu
2つのプロヴィンスにフランス軍はいません。しかしどちらのプロヴィンスも防壁があるので占領するには攻め落とす必要があります。

と戦線を拡大する中、

スコットランド軍にノーサンバーランド(Northumberland)が攻略された!
Nothumberland
もう潮時ですかな。

そうしたらカレーを攻めるかと思ったフランス軍が我が軍の占領したシャンパーニュを攻略し(画像の右上)、フランスの属国ブルボン軍が我が国の領土であるポワトゥに侵攻(画像の左下)、ブルゴーニュもどうやらフランスと単独講和したようです。これ全部取られたら逆に敗北です。

講和だ!

Offer_peace
外交画面からフランスを選んで[和平提案(Offer reace)]を実行(ただし外交官がいないとできません)。

そうすると和平条件を設定する画面が現れ、イングランド・フランスのどちらが優勢がパーセント表示されます。
Momentum
イングランドが70%優勢です。

交渉条件は上から

割譲や賠償金を求める

何も求めないし与えない(引き分け)

割譲や賠償金を渡す

を選択できます。今は70%優勢な訳ですから、割譲を求めましょう。

Demand_tribute
70%に達しているのでフランスに属国となること、軍事ユニットの通行許可を求めることもできます(3つある選択肢の上と下・※真ん中の「自国と同じ国教に改宗させる」は時代にできにません)。あと占領したプロヴィンスがパーセントで表示されます。すべて足して70%ならこちらの要求を交渉相手に突きつけることができます。ただし相手がそれを受け入れるとは限りません。少し低めに設定すれば相手が講和する確率が高くなります。

前回は領土を拡張過ぎて失敗したので、今回は少なめにピカルディーと賠償金にしようと思いましたが、フランスは一文無し。お前は日本政府か。

骨太構造改革ぐらいやっておけ。

しかたないのでピルカディーだけで手を打ちます。
Peace_concluded
フランスが同盟のリーダーだったのでスコットランド軍に占領されたノーサンバーランドは返還されます。

もしも70%を後ろ盾にして、最大限領土の割譲を求めるとこうなります。
1421
これだとランギュドックがアラゴン(後のスペインと国境を接するので面倒なことになりかねません)

最終的にピカルディーを攻略したことでイングランドは海峡地域をフランスと防波堤とすることができました。
1427
この勢力図、史実に似ています。ブルゴーニュとブルターニュでフランスを包囲しています。

1429年のイングランド陣営VSフランス陣営の勢力図
France1429large
色は赤がイングランド側、青がフランス側です。

このまま行くとジャンヌダルクとか登場して1453年にはこうなります。
France1453large
イングランド、大陸から完全撤退。

(※2つのとも地図とも以下のサイトからです:http://www.ucalgary.ca/applied_history/tutor/endmiddle/bluedot/100.html

この歴史、

ひっくり返してやりますよ。

次回に続きます(リンク)。

百年戦争の概略
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89
です。

イングランド万歳!

楽天だともっと安い店もあるかも。

« これってイジメの構図では? | トップページ | これがブレードランナーだ! »

ゲーム」カテゴリの記事

ヨーロッパ ユニバーサリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 打開するため [サイエンス]
バーバラ 今回の最高裁による判断で とも述べた クロスマイハート [続きを読む]

« これってイジメの構図では? | トップページ | これがブレードランナーだ! »