2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 慰安婦問題と拉致問題 | トップページ | 鉄人28号 映画版だ! »

2007/03/13

FLAG 第13話にやられました。

最終回は衝撃的です。こんな終わり方があったとは。

ネタバレになるので読まない方がイイですよ。以下、見た人のための感想です。

Flag
これって監督?

シーダック隊の活動を取材していた主人公の白州冴子が国連の都合で暗殺されちゃいましたよ。やられた~。しかも死んだシーンは一切無し。

最初見たとき、死んだのかどうかよくわかりませんでした。見ながら「あー死んでた」とわかるこの作り方は面白い。

本人の視点で描いているから、死んだらそこまでなんですな。だから本人の死体とか映像として見れるはずがありません。日常的な状況に突然爆発が起こって死ぬのも、斬新です。この無慈悲さ加減、視聴者に媚びない姿勢がいいですよ。

そして最後のこのシリーズ全体が、白州から取材データ(国連が消し去ろうとしたデータ)を貰った赤木によって編集されたドキュメントだった、というオチ。つまり死んだジャーナリストの足跡を見ていたということですね。

かなりの大人設定です。

最後を見て、なんでこんなに赤木が知ったかのように(しかし断定しない口調で)、ベラベラ喋るのかということにも、これで納得いきました。

死んだけど記録は永遠に残るみたいな、綺麗な終わり方でした。ちっとも状況が好転しない世界だけど、小さな前進の種を残したみたいなね。

コンプリートBOXを発売してください。買います。

« 慰安婦問題と拉致問題 | トップページ | 鉄人28号 映画版だ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/14249747

この記事へのトラックバック一覧です: FLAG 第13話にやられました。:

« 慰安婦問題と拉致問題 | トップページ | 鉄人28号 映画版だ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト