2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« ヴィンランド・サガ強化週間その4:チョイ悪親父アシェラッドの姦計 | トップページ | 慰安婦問題と拉致問題 »

2007/03/10

「あるある」こういう状況

「あるある」孫請け制作費、10年間で半減(読売新聞)

 番組制作会社で構成する全日本テレビ番組製作社連盟(ATP、工藤英博理事長)は9日、関西テレビの「発掘!あるある大事典2」捏造(ねつぞう)問題について、加盟88社を対象に行った緊急アンケート調査の結果を公表し、同番組の孫請け制作費は、過去10年間で半減していたことを明らかにした。

 調査は先月14~20日に実施。局側との契約実態や今回の問題について尋ね、62社から回答があった。

 この中で、1次下請け会社である日本テレワーク(東京都)から再発注を受けた孫請け会社は、「あるある」の第1シリーズが始まった1996年当時、1本あたり1600万円の制作費が支払われていたが、以後4度にわたって減額されたと証言。今年1月の番組打ち切り直前は、860万円にまで下げられていたという

削られたお金はどこに? 恐らく不二家とかもこんな感じだったのではないかと。

マネージメント側も、コストカットをして利益を上げようとするのは当然です。しかしとんでもないコストカットは元請に跳ね返るのは確かですな。

アメリカのマクナマラ元国防長官もフォードでコストカッターとして有名(ウェキペディア)。

コストカットを意識しすぎてソ連の核の脅威に飲み込まれたという話を見つけました(兵頭二十八の放送形式の「ABM制限の話にソが応じぬため…」の話を参照

※ABMとは弾道弾迎撃ミサイルのこと。MIRVは「複数個別目標指定再突入弾頭」宇宙戦艦ヤマト風に言えば「拡散波動砲」)。

金をつめば良い物ができるということではないですが、必要な金は出さないと、クオリティーが下がって、信用をなくして、一番上の会社の社長退陣とか会社解散みたいな話になるのですよ、いつの世も。

中国の経済が危ないと思うのもこの点。

« ヴィンランド・サガ強化週間その4:チョイ悪親父アシェラッドの姦計 | トップページ | 慰安婦問題と拉致問題 »

コメント

お久しぶりデス。
どの業界でもそうですが、全部下請けに無理をさせてふんぞり返っている「大会社」ってそのうち大きな事件を起こしています。
起こるべくして起こるという感じですね。

>必要な金は出さないと、クオリティーが下がって、信用をなくして、一番上の会社の社長退陣とか会社解散みたいな話になるのですよ、いつの世も。

同感です。
結局は自分たちに跳ね返ってくるのを予想できないのが愚かだなあと。
正当な対価は払わないといけませんね。


しのぶんさん、ご無沙汰しております。
そちらに伺えなくてすいません。

まったく問題を起こす大会社は零細企業の上に成り立ってるということを忘れてますね。

>結局は自分たちに跳ね返ってくるのを予想できないのが愚かだなあと。

そうやって歴史は繰り返すのですね。

ではでは~


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あるある」こういう状況:

» 「発掘!あるある大事典」の情報 [「発掘!あるある大事典」の情報]
「発掘!あるある大事典」の情報ならおまかせ! [続きを読む]

» 民主党 首相の強引な姿勢に!! [今、話題・流行・旬のキーワード発信ブログ]
4月5日の電子新聞(旬の情報ナビゲータ)です!民主党 首相の強引な姿勢に…民主党の菅直人代表代行は4日の記者会見で、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について「民主党は独自の修正案を提出する。..全文毎日新聞 04月04日23時22分... [続きを読む]

« ヴィンランド・サガ強化週間その4:チョイ悪親父アシェラッドの姦計 | トップページ | 慰安婦問題と拉致問題 »