2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

トップガン ロシアより愛をこめて

トップガン、面白いですね。

もしソ連人だったら、トップガンをどういう風に編集するのかやってみました:


本当のロシア人監督なら音楽そのままでしょうが、
あえて私はソ連国歌とショスタコヴィッチにしてみました。

死ね。マヴェリック!共産主義は無敵なリ!

2007/04/29

こんなとこ行ってません?新宿御苑

4月22日に新宿御苑に行ってきました。新宿に行ったら必ず行きます(雨天順延)。

新宿に新しいドーナッツ屋ができたようですね。すごい行列でした。

それはともかく御苑に直行。風が強い日でした。

「shinjukugyoen.wmv」をダウンロード

普通に生えてそうな木も枝の剪定とかちゃんとしてるし、草も刈り込んでます。これで200円はお得でしょう。

2007/04/28

こんなとこ行ってません?大和ミュージアム&潜水艦 (その3)

前回は「てつのくじら館」でしたが(リンク)、ついに大和ミュージアムですよ!

基本的コンセプトとしては「大日本帝国海軍万歳!」ではなく、「技術大国日本万歳!」という気がします。しかし海軍関連の資料がないわけでなく、かなり多いです。肉眼で見れることに意義があります。

外には
Dscn0427
戦艦陸奥の舵とスクリュー。でかいですよ!

そして
Dscn0428
46サンチ砲!ガイドの人の話ではこの主砲を鋳造するために深い井戸を掘ったそうな。ミュージアムには、いろいろと解説してくれるサービスがあります。あらかじめスケジュールを確認しておくといいかも。

大艦巨砲主義!
Dscn0429
サンフランシスコは火の海だ!

アンカーとフェアリング
Dscn0430

旗竿
Dscn0431

艦内じゃない館内に入ります。

呉が海軍基地になる歴史が展示されています。

お宝発見
Dscn0436 
海軍元帥、東郷平八郎閣下の懐中時計である!

いろいろとビデオがありますよ~。

歴代軍艦のスケールモデルもあって面白いですよ。

大和の設計図
Dscn0440

Dscn0438
大和に使われたビス止め工具

Dscn0439
大和で使われた溶接工具

なぜこんなの工具が面白いのか?

これを読んだからです。大和という超巨大戦艦がどうやって建造されたかが書かれています。大和は溶接ではなくビス止めなんですよ!

設計ではなく実際に完成させた人が
Dscn0487
西島亮二という人。戦後の造船に大きな影響を与えた人です。

金剛に搭載されていた石炭ボイラー。でかいですね。
Dscn0435
最初の計画ではディーゼルエンジンとタービンを2基ずつ搭載する予定だったのですが、最終的には4基ともタービンになりました。

大和の装甲厚
Dscn0486
特殊鋼を使っていたそうです。厚さも場所によって違います。船体を輪切りにして主砲がが横を向いています。

150センチ探照灯に使われていた反射鏡の予備
Dscn0488
戦後は実験用太陽炉の集光器として使われたそうな。脅威のテクノロジー。

そして大和です
Dscn0442

大和です。
Dscn0433

パノラマ大和です
Panorama4_cropped_1
クリックすると大きくなります(ダウンロードして見ると大きさが実感できます)

後ろから大和です。
Dscn0441
下からのアングル

他にも展示物はあります(説明は他のサイトを参考にしています)
Dscn0454
九十五式魚雷。こんなに大きいとは。

魚雷といえば
Dscn0452
深度機

ジャイロスコープ
Dscn0450
これは良いものだ。

特殊潜航艇「海龍」
Dscn0458
特攻用だそうです。

零戦六十二型
Dscn0455
これも主に特攻用に使われたとか。

ゼロ戦の機関砲
Dscn0457

栄エンジン!
Dscn0456

そして石坂浩二がアメリカから奪い返した「長門」の軍艦旗!
Dscn0490
よくやった!

意外と穴場は大和波止場
Dscn0461
ミュージアムのボランティアスタッフのおじさんに教えてもらいました。これは大和前甲板の原寸大になっています。先が艦首。丸いのが主砲。木の床は甲板です。

タンカーが建造されています。このタンカーのある辺りで実際の大和も建造されたそうな。

あとこの日、4月20日、海自の艦船が呉に集まっていると教えてもらったので見てきました。一番近くで見れるのは「アレイからすこじま」ということでここまで行きました。

なんだかたくさんあるじゃないですか!
Dscn0464
音響測定艦はりま

Dscn0468
潜水艦とか

Dscn0470
「アレイからすこじま」にあったセブンイレブンで買った「スカール」マンゴー味。
広島飲料業界の秘密兵器か?

同じセブンイレブンで買ったもの
Dscn0496
やまと&潜水艦ようかん!これミュージアムショップでは売ってませんでした。

これってイージスなんでしょうか?
Dscn0474
2隻もあるよ~。

締めはビデオということで。

「yamato.wmv」をダウンロード

匠の技ですな。

宇宙戦艦ヤマトとかもありました…

呉が空襲を受けたときの話をガイドの人がしてくれましたが、壮絶でした。呉一帯は軍事工場だったですからね。

あとミュージアム内のビデオで大和の生き残りの水兵の証言を見ました。大和が沈むときに半径200Mぐらいの渦ができたそうです。そして海中に没した大和の火薬庫が爆破して、海面が40m(400mだったかも)盛り上がったとか。

戦艦の話ならこれも面白いです。

2007/04/27

こんなとこ行ってません?大和ミュージアム&潜水艦 (その2)

海上自衛隊の「てつのくじら館」、掃海活動の後(リンク)は、潜水艦の展示です。

君は生きのびることができるか?
Dscn0378
ソナーマンに挑戦!空母の音とか大和の音(合成)とかありました。

Dscn0379
蓄電池。携帯電話につけたら100年ぐらい持ちそうです。

蓄電池の配置とか
Dscn0380
発令所が一番上、真ん中が魚雷室、蓄電池は一番下。

海上自衛隊発足にあたりアメリカ軍から貸与された潜水艦「くろしお
Dscn0383
ここから戦後海自潜水艦隊の歴史が始まるのですよ!

おやしお
Dscn0385
16年度計画艦からはスターリングエンジンを搭載するそうな。しかも川崎重工のライセンス生産ですよ!

無人ヘリコプター
Dscn0389
係りのおじさんに前からも撮れるよと言われましたが、これが前なのね。

「あきしお」の艦尾
Dscn0390
スクリュー。この数字はなんですか?

潜水艦内の再現(写真ぶれてますすいません)
Dscn0391
イスにはジャガイモ!生活スケジュールとか書いてます。

トイレ!
Dscn0392

洗面所
Dscn0393

そして覗き!
Dscn0396
潜望鏡ですな!

Dscn0397
日本光学工業株式会社だ!

そしてここから潜水艦のお宅拝見!
Dscn0401
本物ですよ~

Dscn0402
本物のトイレですよ~

Dscn0403_1
狭い艦内ですよ~

Dscn0404
計器ですよ~

士官食堂ですよ~
Dscn0407
Uボートみたい!

キッチン
Dscn0410
狭い

艦長室
Dscn0412
やっぱり狭い。

発令所の潜望鏡
Dscn0418

発令所の下には魚雷!
Dscn0421

操舵だそうだ!
Dscn0422

てな具合でございます。いやあ堪能した!

これで無料ですよ。

締めはビデオでございます
「JMSDF01.wmv」をダウンロード

次は大和ミュージアムです。

こんなとこ行ってません?大和ミュージアム&潜水艦 (その1)

岡山の鬼ノ城に行ったあと(リンク)、4月20日に、広島県呉にある「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」に行ってきました!

「行った」と言うよりは

参拝

であると言っても過言ではないのだ。

広島駅まで新幹線で行って、そこから呉までの電車に乗って45分くらいです。

まずは「てつのくじら館」から

Dscn0359
でかいぞ!(クリックすると大きくなります)

Dscn0425_1
田宮だって作れない1分の1スケール(本物!)

とにかく大きい。

Dscn0360
車がこれくらいの大きさです。よく見ると魚雷発射口が3本並んでいます。

下に回りこむと
Dscn0424
穴がありました。なんですか?

「てつのくじら館」は整理券が必要と書いてあったのですが、要らなかったです(忙しくなかったから?)。

これイイですよ。まずは海上自衛隊の掃海活動から話を始めて潜水艦に移ってきます。ビデオのナレーションが「アドマチック天国」の人なんじゃないだろうか。

お金かけるところを間違ってません。さすが4月だけて60万以上 ヒットした「カイジョージエイタイ!(平成18年度街頭ビジョンCM)」のプロモを作った海上自衛隊でございます。

あまり掃海活動って知らなかったので面白かったです。

掃海とは機雷を除去する活動なので、そういう説明から

大戦期の機雷散布状況
Dscn0363

機雷
Dscn0364

ロシア製の機雷
Dscn0367

イタリア製の機雷
Dscn0368
うつぼみたいです。

機雷なんか大きらい!なんて冗談はご法度です。

機雷を撃つキカンホー!(機関砲)
Dscn0371

掃海艇は磁気機雷にひっかからないように木造式だとか
Dscn0373

無人機雷処分機
Dscn0374
サンダーバードみたいです。

ペルシャ湾で実際に使われたプローブ(だったかな?)
Dscn0376
機雷に接触してへこんでしまったそうです。

では次はお待たせセンスイカーン(リンク)!

2007/04/26

サンシャイン2057を見ました ★★★★☆

ようやく見れました。「サンシャイン2057」良いホラーSFです(公式サイト)。
「28日後…」の監督の最新作です。

この映画の売りはビジュアルの良さと、ストーリー的なエグさ。アメリカ映画じゃないので能天気に進みません。キリアン・マーフィーはいい役者です。眼がギョッロっとしてる悪人顔だからか、説得力があります。

太陽の活動が低下したため人類には滅亡の危機が迫っていた。そこで人類は、太陽の活動を蘇らせるべく巨大な核爆弾(ペイロード)を太陽に射ち込むためのイカロス1号を送り出したが、ミッションは失敗。そして人類はイカロス2号を送り出した。

そうした中、7年前に消息を絶ったはずのイカロス1号から救難信号が届く…

ここから計画が乱れて、乗組員が死んでいきます。

太陽がとくかく大きくてきれい。これは映画館じゃないとダメでしょう。これを見るだけでも価値があります。そして眩しい。まさにサンシャインの名に相応しい映画です。

イベント・ホライズンという映画に似てます。あれを見ていなければもっと面白いかも。

こんなとこ行ってません?岡山県 鬼ノ城 のビデオ

岡山県の鬼ノ城に行ってきました(リンク)。

デジカメに動画機能がついているのでちょっと撮影してみました。

「kinojo3.wmv」をダウンロード

あと吉備津神社のもスライドですが作ってみました。
「kimitsu2.wmv」をダウンロード

NIftyの動画にでもアップロードしようと思ったのですが、
著作権がうるさそうなのでやめました。
WMVをRMとかにする方法がわからないので、
ウィンドウズ・メディアプレイヤーでしか見れません。

2007/04/25

こんなとこ行ってません?岡山県 鬼ノ城

GW前に安いので、4月19日から22日にかけて、北海道から岡山→広島→東京と3泊4日の旅をしてきました!

作戦目標は

岡山:鬼の城(キノジョウ)
広島:海のクジラ館と大和ミュージアム(これがメイン)
東京:新宿御苑+新国立美術館

てな具合です。

飛行機のビジネスパックみたいので、北海道→岡山のフライトにして帰りを東京からにするという凄い荒業を使ってくれました。ありがとう、JTB!

4月19日新千歳空港を午前7時50分のフライトで東京に向かいます。そして10時05分の岡山行きに乗り換えます。

岡山に着いたのは11時過ぎ。岡山空港は山間部にあるので旋回したときに主翼が山の稜線にぶつかるんじゃないかとびびりました。

岡山ってば、熱かった。

そして空港から岡山駅のバスに乗ります。そこで思ったこと。

言葉は通じるのか?

こっちの言ってることは通じるでしょうか、あちらの言っていることがわからない可能性があります。以前、秋田に行って、相手の言っていることがまったく意味がわからなかった経験があります。

通じました。よかった。

岡山駅に着きました。ここでデジカメの電池が切れていることが発覚。ここで調達するか、あるいは現地で調達するか?電車の時間が迫っているので現地調達することにしました。

これが運のつきなのか、幸運だったのか…

岡山駅から吉備線に乗って服部というところまで向かいます。吉備線は

単線です。

単線には初めて乗った気がします。駅で対向電車とすれちがいます。ふと不安がよぎります。

こんなところにコンビニとか店屋があるのか?

服部につきました。コンビニなどはありません。鬼ノ城まで4.5KMとあります。

4500M

まじっすか?中距離走選手になれと?

どこかのサイトに徒歩5分と書いてなかったかと思ってプリントアウトを見直したら。「徒歩5KM」と書いてました。駅のそばにあったマップを見ると、山へ行く途中にビジターセンターがあるらしいのでそこまで行ってみることにします。電池があるかも。

で45分ぐらい歩いてビジターセンターを発見。しかし誰もおらず。店屋ではなかった…

偶然、おじいさんが自転車で通りかかったので店屋はないかと聞いてみたところ、大きな道に出てから聞いてみたら?と言われました。

大きな道ってどれよ?

このまま進むか、町に戻って電池を買うか迷いました。しかしここまで来て記録がないのはなんなので、電池を求めて町まで戻ることにします。

古代遺跡周辺での現地調達は不可能だとわかりました。

駅のマップを見ると「総社市」がありました。ここに電車で行って見ます。

総社の駅には観光センターがありました。電池を売ってるスーパーもありました。良かった。あと鬼ノ城にタクシーで行くと2500円くらいとのこと。これは行くしかありません!

結果的にタクシーで行って正解。見てくださいこの道を
Dscn0283_1
気分は探検隊。(クリックで大きくなります)

車じゃなきゃ無理です。土日にはバスもでるようです(詳しくは商工観光課にメールするか、吉備路ボランティア観光協会に電話(0866-92-1211)してみては?)

鬼の城(西門)
Dscn0286_1
HPとかで見たとおりのものでした。

パノラマ~
Panorama2
クリックすると大きくなります。(無料ソフトを使ったら文字が…)

鬼の城を攻めるには、この文字の部分からでなければ無理でしょう。

温羅伝説というのがあります(リンク)。

城壁
Dscn0299
木の壁をこしらえてその外に石を積んでいます。

西門に接近
Dscn0306

さらに接近
Dscn0312

西門からは外がこう見えます
Dscn0313

時間がないので鬼ノ城全部は周りきれませんでした。

タクシーでこのまま総社に戻ることも考えましたが、吉備津神社に向かってもらいました。

するとですね、この鬼ノ城から吉備津神社までいろいろあるのですよ。

雪舟の生まれた村とか、備中高松城跡とか、最上稲荷とか。

高松城主、清水宗治の首塚
Dscn0323
南無。

このあたりは沼地だったそうである意味天然の要害だったわけですが、羽柴秀吉がそれを利用して、足守川を堰き止めて水攻めにしました。それがここだったとは。

最上稲荷の鳥居
Dscn0331
でかい。

吉備津神社。
Dscn0332
吉備津彦神社というのもあります。吉備津神社は吉備全域の神社で、吉備津彦神社は地域の神社だとタクシーのオジサンは言ってました。

神社入口の左側には矢置岩があります。
Dscn0347
さりげなすぎで見逃すところでした。

これは説明
Dscn0346

すごく長い回廊
Dscn0336
これを途中で右に折れると、温羅の首が入ってるらしい釜(御釜殿)があります。

Dscn0337
ここを渡ります。

行った日が悪くて中が見れませんでした。残念!

こんなことをするようです。
Dscn0339
釜から湯気が昇ってます。心霊写真みたいです。

ちょっと遠くから見た写真
Dscn0343
こんな感じでした。

もう5時すぎです。これから新幹線に乗って広島に移動です。

今日の感想。広島に行くついでに温羅伝説のところを回ろうと思ったわけですが、他にもいろいろと見れました。北海道と違って歴史があるところは違うなと、人間が長いことを生きてきたんだなと実感しました。

鬼ノ城の動画(+写真)を編集しました(リンク

では次は広島(呉=大和ミュージアム+潜水艦)編(リンク)でござる。

楽天トラベルでも安いかも。

2007/04/24

北海道サミット、お土産は「わかさいも」だらう!

2008年に北海道の洞爺湖(「とうやこ」※なぜか「どうやこ」も呼ばれる)でサミットをするそうですが、洞爺湖温泉に行ったお土産と言えば

わかさいも

これ以外にない。白い恋人とちがって和風です。

道内ではメジャーだと思います。

「いも」と言うのに芋を使っていない、芋の繊維を昆布で表現した「わかいも本舗」の驚異のテクノロジーですよ(わかさいもとは?を参照)。

←こんな感じです
(クリックすると楽天に入ります)。

大地の咆哮:元上海総領事が見た中国

適材適所という言葉がありますが、これは「適材適書」です。著者である杉本信行という外交官が中国に赴任し、ODAを中国側の優先順位でなく、日本の優先順位で行わなかったら、この本にあるように中国の内情が見えなかったことでしょう。

序盤は著者が初めて中国に行ったときの話しから始まります。

特に興味深かったところを書いていきます。

第十章「搾取される農民」というタイトルはある意味生易しい。中国の農民は奴隷以下です。共産中国において農民は「身分」なのです。ある農家の年収は日本円で2000円程度の極貧にあえぎ、食べるのにも困っています。そして都市住民が受けられる行政サービス(年金、医療保険、失業保険)を農民は一切受けられません(理由は農民は生産手段である土地を保有しているから)。

しかも地方の役人が困窮する農民から勝手に税を取り立てるという、これは共産主義ではなく封建社会ですよ。農民が都市で働きたくても、「農村戸口」と呼ばれる戸籍のために都市に移動できません。これは歴史で言えば「農奴」です。

しかも中国政府は共産党との二重構造になっているので、役人の数も二倍。しかも農民を助けず、搾取している。災害が起こったときに日本から送られた衣類の良いものは、役人が持っていったとか。

喰うに困った農民は都会に出てくるわけですが、違法なために子供は公的な教育を受けられないし、差別も受ける。貧しいから馬鹿にもされる。これが社会的問題にならないはずがありません。

中国には九億人ほどの農民がいるそうです。

中国の歴史においていくつの王朝が農民の反乱によって倒れてきたことか。

第九章に中国の水不足の問題が書かれていましたが、これは極めてまずいです。
水がなくなれば「文明崩壊」します。


この2冊もお勧めです。これまでに自然を利用して繁栄し、自然を壊したために滅亡した文明について書かれています。日本は自然を保全したから文明を保てたとも書いています。

中国が世界経済に与えている影響について:

中国のGDPは世界の総GDPの4%しかないものの

鋼材消費は世界の27%、石炭31%、セメント40%、アルミ25%、石油7.4%だそうです(p271)。

そしてGDP1万元を生み出すために必要なエネルギーは日本の9.7倍、世界平均の3.4倍だそうです。無駄が極めて多いということです。為替が変われば、競争力がなくなると言えます。

社会格差の拡大によって生まれた経済的弱者の不満が高まるなか、共産党は独裁の正当性を確保するため(反政府運動が起こらないように)、反日政策を掲げるだけでなく(共産党の御旗のもとにナショナリズムを煽るということでしょう)、経済発展も追及しなければなりません。

そのため「経済成長率を高めることが、国家レベルでも地方レベルでも至上命題となり、消費が伸びなくても、(工場や住宅などの)固定資産投資を伸ばせば一定の成績(経済成長率)を上げられることから、彼らはそうした政策(固定資産への重点投資)に走らざるを得なかった」(p274)。これが中国の建設ラッシュです。

普通建設は経済のバロメーターになるのですが、中国は真逆だということです。

さらに不良債権処理についても、貸出総額の中の不良債権を減らすのではなく、貸出を多くすることで不良債権の割合を減らすという暴挙に出ています。これを著者は「底なしの不良債権問題」と呼んでいます。

増やした借金はいつか返さなければなりません。日本のバブルがはじけた後どうなったのか考えれば、中国のバブルがはじけたときにはどうなるか想像に難くありません。

中国に期待する方も、中国を脅威と感じる方も是非ご一読を。
日本のODAが「日本の協力」でできたという風に看板を掲げるのに苦労したという話も載っています。中国に先進国のルールは通用しないことがよくわかります。

明治維新から太平洋戦争へと至る日本が再現されているのかも。

2007/04/23

帰ってきた時効警察、第2話:納豆足はナターシャといっても過言ではないのだ!

帰ってきた時効警察、私も旅行から帰って来て見ました!

序盤から三日月のほほえましい妄想ですよ。すごいぜ。

三日月の10年前ビデオにはUFOが映っていました。

今回は思い込みが重要なのだ。

吉良にはKILLERって書いてあって、とってもDEATHNOTEだな、リューク。

「鬼」刑事役の人、久しぶりに見ました。

十文字が霧山をフォッグ・マウンテンと呼ぶ。ウェキペディアで見るまで、Fog mountainとは気がつかなかった…。だめだ。

納豆足でナターシャ。

木+白で「かしわ(柏)」、木+黄で「よこ」。なるほど。

テトラポッドは80cmのもので60万。ドンキホーテなら特売になるのでしょうか?

課長さん、良い味だしてるなぁ~。で次回は杉本彩。

2007/04/17

銭売り賽蔵

江戸って面白いじゃないか!銭が商品なんですよ。今のマネー商品(外国為替)と同じように銭の値段が金貨や銀貨に対して上がったり、下がったりします。水売りとかも出てきます。水も売ってたの!銭を通して江戸の経済システムがちょっとわかります。

話としては

銅が高騰して銭に回せなくなって、鉄銭を作るという状況の中で、昔からある深川銀座(主人公である賽蔵)と巨大資本と権力を後ろ盾にした新興勢力の亀戸銀座の熾烈なシェア争いを軸にした人情話です。

利益がすべてのグローバル化経済に対する、人の結びつきが重要なローカル経済(深川)の対抗とも読めます。というかそう読むと面白いです。最終的には良い話で終わります。すかっとします。

史実的には違うところもあるようです。詳しくはアマゾンのレビューを読んでください(kh生という人のレビューを参照)(※「だいこん」も史実と違うとか)。

しかし設定と話しがうまく絡み合ってると思います。ここまで実際うまくいくかどうかは別にして、山本一力という人はなかなかビジネスに詳しいと見ました。

2007/04/16

君はもう見たか?海上自衛隊のプロモーションビデオを!

陸上自衛隊か航空自衛隊の幹部が「うちではあそこまで踏み込めない」と言わせた驚愕の海上自衛隊のプロモーションビデオが見れますぞ!

海上自衛隊サイトの動画配信(http://jda.webcustom.net/)の平成18年度街頭ビジョンです。

カイジョージエイタイ!

海上最強、鋼鉄の城

ゴエーカーン!

Kahn

遠吠えカーン!

地獄耳のドルフィン

センスイカーン!

Kahn_1994_400_dpa
これは読書中のカーン。

なかなか面白いビデオだと思いますよ。(※オリバー・カーンは含まれておりません)

こんな突拍子もないビデオ作っちゃう海上自衛隊が唯一旧帝国軍の伝統を受け継いでおるのですよ。空自と陸自はアメリカ式だそうです(これもウィキの陸自の人事の歴史を参照)。

ウェキペディアの「海上自衛隊創設」を読むと:

1950年に朝鮮戦争が起こると、旧海軍関係者は海軍再建の好機と見てGHQに海軍再建を打診、多くの折衝を経てスモールネーヴィーを再建する方針が決まった。(中略)具体的には、1951年(昭和26年)10月、連合国軍最高司令官リッジウェイ大将より、フリゲート(PF)18隻と大型上陸支援艇(LSSL)50隻の貸与の提案があった。この提案を受け入れる事にした日本政府は、1952年に旧海軍軍人と海上保安庁から人材を集め、受け入れた態勢を整える事にし、内閣直属の委員会が置かれた。

この委員会は、交互に議長を務めた柳沢米吉海上保安庁長官と山本善雄元少将とのイニシャルをとってY委員会と呼ばれた。

恐るべきY委員会。

かっこいいビデオならYou Tubeぐらいのを作っていただきたい。

音楽が良い。映画「アバロン」のOP曲。最高だぁ!

2007/04/15

ブレードランナーのドキュメンタリー

イギリスのチャンネル4が作った「ブレードランナー」のドキュメンタリーです。

その名もOn the edge of the blade runner ブレードのエッジとはなかなか。

http://video.google.com/videoplay?docid=3807826142091223684

全編英語、日本語字幕ナシです。

ルトガー・ハウアーが良い解説をしています。デッカードがダメなキャラクターだからロイ・バッティが輝くとか言ってます。リドリー・スコット監督はこれを作る前に兄弟が死んで、仕事に打ち込まないと気が狂いそうになるから、この仕事を引き受けたとか。

確かにあのロウソクの話(命を延ばすことはできない、命はロウソクと同じで激しく輝けばそれだけ命も短い、レプリカントとはそういうものだという死を達観したタイレルの話に怒ってバッティーが創造主であるタイレルを殺す)とかそういう感じかも。

レプリカントの暴走を止める最後の安全装置が短命というのも、このライフサイエンスが進んだ今こそ重みの出てくる話だなと思います。

1920年代のニューヨークのセットにいろいろくっつけたりしてあんな舞台を作ったんだとか。ルトガー・ハウアーも、このSF映画のコンセプトはNEWではなくOLDなんだと言っています。

そういえば、かなり前にNHK特集かなにかで東京にはいろいろな文化の建築物が混在しているというのを放送したときの冒頭があの「強力わかもと」のシーンだった記憶があります。

あとゾラが撃たれたところとか、眼を作っていた中国人の店はここだとか、ホテルはあそこだとか、警察署はユニオンステーションだったとか、デッカードとロイが戦うところ(他のTVとかでかなり使われてる建築物だそうです)とか、いろいろ出てきます。全然そう見えません(笑)。かなり金も掛かったようです。

スターウォーズとエイリアンの成功がなかったら、ここまでお金かけられなかったかも。

ダリル・ハンナ(プリス)のインタビューシーンで壁に水の反射が映ってるのは、リドリー・スコットを意識してるのでしょう。そういう演出は大事です。リドリー・スコットのインタビューが始まるときの絵が、映画と同じ。ファンにはたまらんですよ。

フォークトカンプフ・テストの機械は人が怖いときに息から吐く酸を探知するため(ちゃんと聞き取れてないかも)に呼吸してるんだとかシドミードが言っていました。

あのハリソン・フォードの棒読みナレーションについても、本人が使って欲しくないからそうしたそうです。サボタージュですな。(試写の反応が良くなかったから、ナレーションがついたわけっですが。ナレーションつけてもわからん人にはわかりません。ジオングの脚みたいなもんです。それが偉い人(マネーマン:お金関係の人)にはわからんのです。)

映画は大ゴケ。

最後に監督がデッカードはレプリカントだと言っています。シドミードはさらに突っ込んで、警察とかも知っていて、自分がレプリカントだと知らなかったのはデッカード自身だったという話をしています。

日本では「ディレクターズカット」を最終版として公開したのですが、2007年にファイナルカットが出るらしいです。どうすんでしょう?

このドキュメンタリーもつけて欲しいです。

2007/04/14

国民投票法 有効投票総数の過半数で決めて何が悪いの?

2007年4月13日 国民投票法案が衆議院にて可決されました。

この法案では「有効投票総数の過半数の賛成で憲法改正案は成立」するそうです。 (リンク)。たしかにこれで民意が反映されるのかとも思いますが、投票は国民の義務です。義務を放棄した人まで責任を持てと?

国民が主体の民主党という政党もあるわけで、投票しない国民が政治の主体となりえるか?とも言えます。誰かがやってくれるでは民主主義ではありません。誰かがやってくれるのは独裁制のみです。

この国民投票法案が可決されたことによって憲法が変わるとは限りません。というのは、どんなに有効投票数が少なくても、反対が上回れば改正案は否決されます。護憲派の人はここわかってますか?と言いたい。

ローマの格言に

「ERRARE HUMANUM EST」

「誤るのが人間である」

というのがあります。

憲法もまた「人の作りしもの」です。未来永劫有効なものではないでしょう。

それに、ある程度条件の緩い憲法改正制度にしないと、憲法を改悪した場合にも修正できません。

2007/04/13

帰ってきた時効警察ですよ!

今日から、「帰ってきた時効警察」ですよ!

だからどうした?

見るんですよ!

http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/

由紀さおりも出るらしいです。

オダギリ ジョー!蟲師とか東京タワーとかでまくり。

蟲師が原作無視師だとか。どうなんでしょう。

2007/04/12

プリズンブレイク・第1シーズン見終わった!

プリズンブレイクの第1シーズン見終わりました。

というか、話は全然終わってないじゃないの!

マイケル君、「巻き込んでしまってすまない」って人を巻き込みすぎ。

そして叫ぼう、アブルッチィィィ!最終回は本領発揮。

権力の権化、副大統領に最終回で惚れちまいましたよ。

シーズン2で登場する人がわかります(英語)。(死亡する人もわかります。)
http://www.fox.com/prisonbreak/bios/bio_bellick.htm

第2シーズンの話は
「逃亡者」を8倍(逃げたのが8人だから?)」にした感じで、「大脱走」の後半に似ているそうです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Prison_Break#Season_2

イメージできません。観ろってことかい?

囚人つながりで買いたいもの

プリズナーNo.6!

これ欲しいです。高校生の時に深夜でちらっと見て凄いと思ったですよ。

2007/04/11

オタク、変わってる?

昨日、買い物から歩いて家に帰る途中、
どこかの会社のロゴが入ったウィンドブレーカーを着た中年男性が
自分の前を歩いていました。

アンダーパスの地下道を通って外に出ると。
このおじさん、突然こっちを振り向いて

オタク、変わっている。

とか断言してくれました。

見ず知らずの人にいきなり、核心突かれたのでびっくりしました。

こちらも、

変わってますが、なにか?

とか反問してやろうかと思いましたが、

よく見ると左手に地図を持っていて、

お宅(の住所が)変わっている。

とわかりました。

まったく、紛らわしいぞ。

変わってると言えば、

昨日買い物に行った店のキャッシャーの人、
お釣りの3000円を10回くらい数えていました。

マジックでもするつもりだったのだろうか?

2007/04/09

ラスト・キング・オブ・スコットランド ★★★★★

「凄い」、それ以外に表現しようのない映画です。

アカデミー主演男優賞は当然です。アミンのキャラクターの濃さ(そして脆さ)に度肝を抜かれました。実際にいたウガンダの独裁者「人食い」アミンを、彼の主治医ギャリガンになったスコットランド人医師の視点から見た映画です。

映画の流れとしてはスターウォーズ新三部作の最後に似ています。ダークサイドに引かれていきます。ですがまあ中途半端なダークサイドではないです。究極のダークサイドです。フォレスト・ウィテカーじゃなきゃ、あんな懐の深い善人のような感じから、極度に病的な疑心暗鬼な悪魔への豹変は演じられません。英語も簡単な会話なんですが、真に迫っています。

「ヒットラー最後の12日間」にも似てますが、こっちの方が引き込まれます。ギャリガン医師という人間の目から見ていることで、臨場感と緊迫感がこれでもかというぐらい出ています。

ギャリガンもいいです。最初ギャリガンはロックスターでも見るかのように尊敬していましたが、最後は殺そうとします(観た人はわかるでしょうが、それは殺しにかかります)。こっちもある意味ダークサイドに堕ちています

虐殺とかの映画ではなく、アミンという怪物の映画です。

ジリアン・アンダーソンという女優さんが出てて聞いたことあるなと思ったら、Xファイルのスカリー捜査官ではないですか。金髪でわからなかったです。

2007/04/08

「オカマだけどOLやってます。」が再開してました

オカマさんですよ。ついにタイで手術したらしいです。

オカマだけどOLやってます。

今、タイのプーケットに到着したところまで話しが進んでいます。

これも面白かったです(リンク

このちょいとシュールな感性、まったくもってうらやましい。

2007/04/07

江別市の市政についてのブログがあります

北海道の江別市の市政についてわかるブログがあります。

岡英彦の江別ニュース解説

かなりバランスの取れた見方だと思います。選挙もありますので参考になるかと。

江別市議の給与の話とかあります(リンク

都市開発公社の短期借入金は61億1500万円だとか(リンク

なかなか面白いです。

2007/04/06

今さらなんですが、プリズンブレイク面白い!

ぼけーっとしていたらデッキのHDがなくなってきたので、撮り貯めていた「プリズンブレイク」を見始めました。これはいい。

アメリカのドラマにしてはキャラクターに影がある。

特に16話「フォックスリバーへの道」は皆さんが刑務所に来た理由がわかります。特にシーノートなんか、なんともやるせない理由ですよ。ティーバックの顔が豹変するところ。凄い!スクレはスクレだし。どうもスクレが北村一輝に見えて仕方がない。

この回で再確認できたこと、お色気担当のベロニカが嫌いです。

24は挫折してしまいましたが、これは見れます。

2007/04/05

タミフルとは

タミフルとは "ウィルスが増殖するのに必要な「ノイラミニダーゼ」という酵素の働きを抑え、その増殖を抑制する薬" なんだそうです。鳥インフルエンザの特効薬と言われています。

http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/mow/0511/tamiflu.html

このサイトにタミフル(リン酸オセルタミビル)の分子構造が出ています(まあ化学のよくわからない私には絵にしか見えませんが)。

副作用が出る場合もあるようです。

薬害タミフル脳症被害者の会

のもあります。

しかし現在タミフル以外にないという状況なのも現実です。

でも最後の手段をバカスカ使っちゃイカンのでしょう。

2007/04/04

一昔前、「石原派」というのがあったそうな

今から30年以上前、「石原派」というのがあったそうです(自由革新同友会)。

元々中川一郎(中川昭一の父)が率いていた派閥だそうで、中川氏の急死にともなって石原慎太郎が後を継いだとのこと。

しかし派閥は消滅したそうです。知らなかった。

2007/04/02

牛乳飲んだらいけませんか、新谷弘美さん?

新谷弘美という偉いお医者さんの本「病気にならない生き方」が売れているようで。

なんでも牛乳を飲むと骨粗しょう症になるとか。これまた大きく出ましたな。

個別のサイトを挙げてリンクするのも問題あると思うので、グーグルの検索結果をリンクします(検索結果)。

スウェーデンとかアメリカ、デンマークとか骨粗しょう症が多いそうな。

では、チーズといえばフランスでは

モンゴル人は羊の乳を主食みたいに食べてるでしょ?

そこら辺どうなの?

新谷弘美さん、あんた、

人類の歴史にケンカ売ってるのですか

魚は安全とか言ってますが、マグロとか水銀入ってますよ(※妊婦さんは摂取しすぎるといけないらしいです。普通に食べる分には大丈夫でしょう)

カプチーノとかカフェオレ飲むぞ。うまいぞ。

チーズのないピザなんざ、巨大な草加せんべえじゃないか!

これでは病気にならない生き方ができるかもしれませんが、楽しくないじゃないか!

納豆食べたら健康になるとか、牛乳飲んだら病気になるとか、世の中短絡的すぎ。

まったくマークシートテストか!

2007/04/01

エイプリルフールは嘘つきの夢を見るか?

ふと思ったこと。

エイプリルフールがもし人だったとして、

今日4月1日はエイプリルフールですと言った場合、

これを信じていいのでしょうか?

こういう有名な例があります:

嘘つきのクレタ人が言いました。「クレタ人は嘘つきだ

もうひとつ:

紙があり、そこには「裏が真理である」と書かれていました。

そして裏を見ると

表が真理である」と書かれていました。

はてさて。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト