2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« 国民投票法 有効投票総数の過半数で決めて何が悪いの? | トップページ | 君はもう見たか?海上自衛隊のプロモーションビデオを! »

2007/04/15

ブレードランナーのドキュメンタリー

イギリスのチャンネル4が作った「ブレードランナー」のドキュメンタリーです。

その名もOn the edge of the blade runner ブレードのエッジとはなかなか。

http://video.google.com/videoplay?docid=3807826142091223684

全編英語、日本語字幕ナシです。

ルトガー・ハウアーが良い解説をしています。デッカードがダメなキャラクターだからロイ・バッティが輝くとか言ってます。リドリー・スコット監督はこれを作る前に兄弟が死んで、仕事に打ち込まないと気が狂いそうになるから、この仕事を引き受けたとか。

確かにあのロウソクの話(命を延ばすことはできない、命はロウソクと同じで激しく輝けばそれだけ命も短い、レプリカントとはそういうものだという死を達観したタイレルの話に怒ってバッティーが創造主であるタイレルを殺す)とかそういう感じかも。

レプリカントの暴走を止める最後の安全装置が短命というのも、このライフサイエンスが進んだ今こそ重みの出てくる話だなと思います。

1920年代のニューヨークのセットにいろいろくっつけたりしてあんな舞台を作ったんだとか。ルトガー・ハウアーも、このSF映画のコンセプトはNEWではなくOLDなんだと言っています。

そういえば、かなり前にNHK特集かなにかで東京にはいろいろな文化の建築物が混在しているというのを放送したときの冒頭があの「強力わかもと」のシーンだった記憶があります。

あとゾラが撃たれたところとか、眼を作っていた中国人の店はここだとか、ホテルはあそこだとか、警察署はユニオンステーションだったとか、デッカードとロイが戦うところ(他のTVとかでかなり使われてる建築物だそうです)とか、いろいろ出てきます。全然そう見えません(笑)。かなり金も掛かったようです。

スターウォーズとエイリアンの成功がなかったら、ここまでお金かけられなかったかも。

ダリル・ハンナ(プリス)のインタビューシーンで壁に水の反射が映ってるのは、リドリー・スコットを意識してるのでしょう。そういう演出は大事です。リドリー・スコットのインタビューが始まるときの絵が、映画と同じ。ファンにはたまらんですよ。

フォークトカンプフ・テストの機械は人が怖いときに息から吐く酸を探知するため(ちゃんと聞き取れてないかも)に呼吸してるんだとかシドミードが言っていました。

あのハリソン・フォードの棒読みナレーションについても、本人が使って欲しくないからそうしたそうです。サボタージュですな。(試写の反応が良くなかったから、ナレーションがついたわけっですが。ナレーションつけてもわからん人にはわかりません。ジオングの脚みたいなもんです。それが偉い人(マネーマン:お金関係の人)にはわからんのです。)

映画は大ゴケ。

最後に監督がデッカードはレプリカントだと言っています。シドミードはさらに突っ込んで、警察とかも知っていて、自分がレプリカントだと知らなかったのはデッカード自身だったという話をしています。

日本では「ディレクターズカット」を最終版として公開したのですが、2007年にファイナルカットが出るらしいです。どうすんでしょう?

このドキュメンタリーもつけて欲しいです。

« 国民投票法 有効投票総数の過半数で決めて何が悪いの? | トップページ | 君はもう見たか?海上自衛隊のプロモーションビデオを! »

コメント

「ブレードランナー」のファンなので、貴重な情報をありがとうございました。後でじっくりと観ようと思います。

二十数年前、最初に映画館で観たときは「何じゃこの映画は?金返せ!」と思ったのですが、すぐにすっかりはまってしまいました。

子守男さん、どうも♪

拙者もブレードランナーは最初確かに「なんじゃこりゃ!」と思いましたが、最後のロイのセリフがインパクトありすぎでまた見て、面白いじゃないかと。

トータルリコールも、なんですかこれは?と思ってどこかでもう一度見てたら、これもまた面白いじゃないかと。

ブレードランナーは完全版のビデオを買って、ディレクターズ・カットのDVDを買いました。またDVD出たら買います。ああ~馬鹿です。

LD、8mm、DVD……。バージョン違い/メディア違いをいくつ買ったことか ^^
それにしても、一粒でいつまでも美味しい映画ですねぇ。

竹花さんこんばんは~。
ブレードランナーは今まで3回見ました・・・ラストシーンだけ・・・。
ええ、家族が見ているところに帰宅するというパターンを繰り返してますよ。
で、結局全部見てないという(苦笑)
町山智浩の映画評論に、詳しい解説がありますが読まれましたか?⇒紹介記事http://shinobun.blog26.fc2.com/blog-entry-438.html#more

しのぶんさん、どうも♪

町山智浩の映画評論は前にも教えてもらったのですが、全然読めてません。

すいません。

2001年は確かにわかりません。あの変な光が意味不明だったのですが、川又千秋でしたか、あれは宇宙人との接触だという話で納得しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/14682469

この記事へのトラックバック一覧です: ブレードランナーのドキュメンタリー:

« 国民投票法 有効投票総数の過半数で決めて何が悪いの? | トップページ | 君はもう見たか?海上自衛隊のプロモーションビデオを! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト