2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« ウルトラマンネクサスが面白い | トップページ | 攻殻機動隊を映画「セブン」風に »

2007/05/05

帰ってきた時効警察 第4話

いろんな人が出てました。
あの髪が七変化する編集者が面白かったです。
あのアメーバみたいな動きがキモイです。

「多め亭」が「早め亭」になってました。

おばちゃんインパクトあるなあ。

「眼に得体の知れないものが」って普通は言わのビッチ。
しかも真加出の母親とはねぇ。

真加出の彼氏は黒人とは!

三日月は昔「関取」だった。これが大食いの謎解きだったのか。

玲子が密室殺人を計画したのではなく、
殺された七海奈美が手ほどきするとは面白い。

« ウルトラマンネクサスが面白い | トップページ | 攻殻機動隊を映画「セブン」風に »

コメント

竹花さん、こんにちは。
今回は小ネタ多め亭で、面白かったですね。早め亭の元は、パート1見てないので知らなかったのですが、パート1も再放送やって欲しいです。
ミステリーとしても、時効警察にしてはまとまっていた気はします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/14959255

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた時効警察 第4話:

» 帰ってきた時効警察〜第4話・ともさかりえ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
帰ってきた時効警察ですが、今回ともさかりえと矢崎滋を迎えて日本酒の宣伝でもするのかと思いきやそうでもないようです。ともさかりえは、催眠療法士だそうですが、この二人よりも真加出の母親である早め亭の女亭主の方が出ていた気もします。(帰ってきた時効警察、第4話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

» センセーショナルな人々が巻き起こすのはセンセーションですが…(帰ってきた時効警察#4) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
このドラマはフィクションであり登場人物・団体名等は全て架空のものです。 『帰ってきた時効警察』今回の脚本・監督は、「私たちの教科書」で珠子の元旦那を演じていた、ともさかりえの旦那・河原雅彦が脚本を書いていた『下北サンデーズ』でケラ様として崇められていたケラ...... [続きを読む]

» 帰ってきた時効警察#4 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回もネタが満載という所は変わらないが、今回の物語のネタって、一応「1980」のキャスティングを元にして、あのシリーズ作品に出てきたネタを(多少のアレンジをして)色々とつなぎ合わせたら、1本の物語(事件)になってしまったと言った感じでした。最初の殺人(サウナ)..... [続きを読む]

« ウルトラマンネクサスが面白い | トップページ | 攻殻機動隊を映画「セブン」風に »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本