2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 私家版:プライベート・ライアン | トップページ | 羽田健太郎逝去 »

2007/06/04

ボートで脱北できるということは

6月2日、北朝鮮から青森県の深浦港に家族4人がボートで漂着しました。

助かってよかったわけですが、

このルートを使えば工作員もボートで日本に潜入できるわけですね。

木製ボートではレーダーにも探知されないです。

あと貨物船から発射できるミサイルを開発しているかもという話

http://www.chosunonline.com/article/20070208000070

イラクの大量破壊兵器と同じで、製造される前に叩くのがベスト。

製造されてからでは遅いでござるよ。

« 私家版:プライベート・ライアン | トップページ | 羽田健太郎逝去 »

コメント

> 木製ボートではレーダーにも探知されない

ということで何だか慌てていたみたいですね。確かにやや意表を突かれた気もしますが、この情勢でもなおその程度のことを想定していないという無防備さに呆れます。
なんか、工作員なんか自由自在に行き来しているような気がしてきました。

baldhatterさん、どうも♪

まったく、日本政府は認識が甘いですね。

日本は海岸線が長いので完全に守るのは不可能とはいえ、潮の流れを考えればある程度決まってくるのではないでしょうか。

イルボンとか聞くならともかく、なぜにニイガタと聞いたのか、それも大いに疑問です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/15311369

この記事へのトラックバック一覧です: ボートで脱北できるということは:

« 私家版:プライベート・ライアン | トップページ | 羽田健太郎逝去 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト