2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« さくらんぼうは木になります | トップページ | 爆笑問題の日本の教養 »

2007/07/12

ダンボールがお肉に早変わり!

我が日本は食品偽装でも大陸中国をスケールの面で超えられないのか!ミートホープなんざ可愛いものです。

あまりのとんでもなさに最初、記事の意味を読み違えたのかと錯覚しました。

(実はテレビ局のヤラセだったとか(リンク)。)

Record Chinaから抜粋(リンク

『2007年7月11日、中国中央電視台(CCTV)は北京市朝陽区の屋台で、段ボールを具にした肉まんが販売されていると報道した。

CCTVの潜入取材に、販売業者は制作手順の一部始終を公開した。まず普通の使用済み段ボールをカセイソーダに浸すところから作業はスタート。みるみる段ボールは柔らかくなり、色も変わっていく。十分に変化したところで、包丁でよく叩き、挽き肉状にする。後は本物の挽き肉と混ぜ合わせ、足りない味を豚肉エキスで補えばもう完成。

(中略)ただ問題は段ボールと豚肉の比率で、現状では6対4でまだまだ相当量の豚肉が使用する必要がある。これを減らすのが今後の課題だと話した。』

というか、豚肉減らすのが問題です。

『CCTVの取材記者がこの肉まんは食べられるのかと聞いたところ、製造者は「食べられないだろ、オレは食べないよ」と笑って答えていた。』

youtubeにもありました。

全部中国語です。

兵糧攻めにあった城で、兵士たちが木の皮を食べたとかいう話はありますが、段ボールを苛性ソーダに浸して柔らかくして、肉のエキスを混ぜて挽肉にしたというのは、

食品とは何なのかというパラダイムを覆し、食べられるはずがないものを食べるようにする。これぞコペルニクス的発想の骨頂です。

これは肉まん業界のダンボールガンダムです。
G0
にわか作りの連邦軍のモビルスーツなぞ!!
というかリサイクル可能ガンダム。火気厳禁。

中国の段ボール肉まん、偽装食品オリンピックがあったら、ぶっちぎりの金メダルですよ。

恐るべし。

« さくらんぼうは木になります | トップページ | 爆笑問題の日本の教養 »

コメント

さすがにこれはスゴイです。私もこれでエントリ書こうと思ってました。

メンマなんかもできそうです。

これを長期間食べていると、人体はどうなってしまうんでしょうね。やはりガンダム化…? 

食べる人ははた迷惑な話ですけど、日本も戦後メチルアルコール飲んでたこともありますからね~。
これから爆発的に伸びる国の、めちゃくちゃなエネルギーを感じます。
ああ、中国の投資信託買っときゃよかった。
リートは散々だし……ブツブツ

こんばんは~。
これニュースで見て、「薬品につけて云云」と説明されていて何の薬品?と思っていたのですが、カセイソーダだったんですね!
ちょっとスッキリしました。
しかし上の写真のやる気のないガンダムは一体(笑)

baldhatterさん、どうも

>メンマなんかもできそうです。

あれも繊維ですね!やりそうです。

Lallaさんどうも

>これを長期間食べていると、人体はどうなってしまうんでしょうね。やはりガンダム化…?

劇薬ですからそのまま食べたら大変でしょう。ウェキペディアの水酸化ナトリウムの項目には「 パン、スナック菓子のプレッツェルの生地を水溶液に浸けて、表面のつや出しと食感改善にも利用されている。」と書いてました。

>日本も戦後メチルアルコール飲んでたこともありますからね~。

あややさん、どうも

ロシアは今でも!

REITはダメでしたか…

新興市場ファンドで大損してます!今はベトナムとか良いかもと思っています。

しのぶんさん、どうも

>しかし上の写真のやる気のないガンダムは一体(笑)

少年の幻想かもしれません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/15734332

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボールがお肉に早変わり!:

» 「段ボール肉まん」 [今日の出来事]
違法販売=劇物で加工し具と偽装−北京 自分では食べないってなんだそりゃ。 [続きを読む]

« さくらんぼうは木になります | トップページ | 爆笑問題の日本の教養 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本