2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« ドイツ語でアメリカを歌う | トップページ | 石破茂さんが吠えてます。 »

2007/08/03

ダイハード4.0 ★★★★★

文句なしです。ダイハード1が1990年代のアクション映画のひとつの基準を作ったとしたら、ダイハード4.0は2010年代のアクション映画の基準を作ったかもしれません。ある意味、これはダイハードじゃないです。新生ダイハードです。

ブルース・ウィルスがとにかくカッコイイ。まさにハゲカッコイイ。

大きな話の流れは1に似ていると思います。ただしスケールが違います。

監督はレン・ワイズマン、アンダーワールドの監督です。スタイリッシュなダイハードです。泥臭さがなくなったとも言えます。この点は昔から見ている人によっては物足りないかもしれません。

流れがとにかく早い。最初からシーンがバンバン切り替わっていきます。普通の映画なら2時間半か3時間になってると思います。それが2時間に収まってます。これまでのアクション映画って中だるみを作るんですが、これはほとんどありません。トコロテンのようにアクションが次から次へと押し出されていきます。

でも最悪の状況で幸運に恵まれるいつもの展開は健在です。ゆえにダイハードです。

これまでの映画のパクリが多いという感想を多く読みましたが(気がつかなかった…)、アクションのディテールが違います(特に最後の冷却システムでの戦い)。だから面白いんだと思います。

今回の悪役はハンス・グルーバーほどインパクトないんですが、存在感はありました。ハンス・グルーバー役のアラン・リックマンは名優です。ラブ・アクチュアリーでもうまかった。

マギーQが演じている女、強力です。マクレーンとの格闘シーンもかなり凄い。

あと最初から出てくるフランス人テロリストが意外としぶとい。これもダイハード1のカールみたいで良かった。フランス語がイイですよ。

マクレーンが走行するパトカーから飛び降りるときに、 bad ideaと言ってましたが、ダイハード3でも 地上の道路から走る地下鉄に降りるときも、bad ideaと言っていたような。

監督がダイハードが好きだそうで、一種の遊びなんでしょうかね。

これは映画館で見て損はありません! 

« ドイツ語でアメリカを歌う | トップページ | 石破茂さんが吠えてます。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/15996332

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハード4.0 ★★★★★:

« ドイツ語でアメリカを歌う | トップページ | 石破茂さんが吠えてます。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト