2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« ホテル・ルワンダを観ました。 | トップページ | トランスフォーマーを観ました。★★★★★ »

2007/08/26

クローネンバーグの「スパイダー」観ました。

クローネバーグの「スパイダー」をDVDで観ました。劇場公開は打ち切られたそうです。デイヴィッド・リンチよりもクローネンバーグの方が好きです(リンチのストレートストーリーはかなり良かったです)。

邦題の「スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする」は的外れです。クローネンバーグだし、妙なエグさを狙いたいのはわかりますが、この映画の怖さはそこじゃないです。

間違いなく打ち切られると思います。最初の30分が限りなく退屈です。何がどうなっているのかさっぱりわかりません。それもそのはずで、統合失調症の主人公の視点から見た映画なのです(最初に監督のコメントを見ることを強く薦めます)。

しかし30分を過ぎると段々と面白くなっていきます。話しが次第に母親が殺される過程にシフトしていきます。でも最後まで見ないとダメです。

映画を読み解く鍵は、登場する女の人の顔です。それに対してなんの説明もありません。統合失調症の患者の視点で見た映画ですから。

これを普通の監督が撮ったら、普通の映画に仕上がってるはずです。クローネンバーグのおかげで、サイコな映画に仕上がってます。以前の映画に比べてエグないしエロくありませんが、強烈です。

« ホテル・ルワンダを観ました。 | トップページ | トランスフォーマーを観ました。★★★★★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/16248266

この記事へのトラックバック一覧です: クローネンバーグの「スパイダー」観ました。:

« ホテル・ルワンダを観ました。 | トップページ | トランスフォーマーを観ました。★★★★★ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト