2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 妊婦さんたらい回しの件:出産費融資制度 | トップページ | シヴィライゼーションIV ビヨンド・ザ・ソード! »

2007/09/05

世の中ちょっとヒステリックじゃありゃしませんか?

ブログが炎上して、管理人が謝罪するっていう構図を最近よく見かけます。

ヱヴァンゲリヲンの映画評論も炎上しました(・キネマ文化論 エヴァンゲリオン新劇場版:序 評価額・880円※今見たら削除されてました。)炎上して管理人が謝ってました。

この構図、吉野紗香が実写化したら攻殻機動隊の草薙素子をやりたいといってブログ炎上(リンク)して、謝罪してました(リンク)。

意味わかんないです。なぜにそんなに叩くのか?

批判は行って良いと思います。確かに発言の自由はそれに対する批判も受けなければならない責任を伴います。しかし中傷はイカンです。(その点に関してはヱヴァンゲリヲンの場合はこれを見た人を中傷するような書き方だったとも言えます。だけどそれを中傷で返すのも如何かと。)

年金問題とか朝青龍の問題もそうですが、なんか叩き方がヒステリックじゃないですか?

年金問題は特に。このまま行ったら破綻するんです。冷静に考えましょう。

横領した人間は資産の差し押さえするぐらいの対応は必要ですが、この根本的な問題に関しては冷静に考えなければなりません。

年金バッシングは10年位前の銀行の不良債権問題を連想させます。同時はえらい騒ぎになってました。

年金問題も何か別の鬱憤を晴らすためのサンドバッグになってるような気がします。

« 妊婦さんたらい回しの件:出産費融資制度 | トップページ | シヴィライゼーションIV ビヨンド・ザ・ソード! »

コメント

(昨日コメントしたと思いましたがダメだったみたいなので再送します)

> 鬱憤を晴らすためのサンドバッグ

鬱憤鬱積鬱屈いろいろとあると思いますが、"炎上" とそれに類する図式で私がいちばん気になるのは、こういう攻撃者の大多数が、衆を頼んでいるだけ、つまり人の尻馬に乗っているに過ぎないということです。しかも、実はそれがいじめの構造とまったく同じだということに本人たちは気付いていない。
こういう風潮を助長しているのは、間違いなく今のマスコミです。日本人がもっとマスコミを見捨てれば、現代日本が抱えている問題のいくつかは解消するのではないか、と私は常々思っています。

baldhatterさん、どうも。
コメントできませんでしたか。すいません。

「いじめの構造」!それです。なんだか炎上ブログを読んだあとの嫌悪感が湧いてくるのはいじめの構図だからですね。

尻馬に乗る。言われてみればそうですね。思考が停止してるということですね。これはファシストですよ。

どうも~♪

>ブログが炎上して、管理人が謝罪するっていう構図を最近よく見かけます。

多いみたいデスね。まあ謝罪に関しては有名人の場合、自身及び所属組織のイメージを守る為に穏便に対応せざるを得ないってところもあるとは思いマス。
結局問題なのは頭の悪い大きなガキンチョ共の方なんデスが、これもまあ頭の悪い奴に「なんでこんなバカなことをするんだ!?」と言っても頭が悪いからに決まっているので(決め付けんなYO{苦笑})仕方がないのかも知れませんなぁ。(ヲイ)

このままの風潮でいいとも思えませんが、正直打つ手が限られているんで困りものデス。
とりあえず「おまいらもちつけ!」と言ってやりたい処。無駄でしょうけどネ♪(だって頭悪いからバカなことするんだも~ん♪)
え? 自分はバカじゃないと言い切れるのかって?
・・・う~~ん・・・まあ炎上させて喜んでる奴らよりはマシなんじゃないかと♪(言っちゃったZE)

では♪( ̄∀ ̄)ノシ

ようかんさん、どうも。
>頭の悪い奴に「なんでこんなバカなことをするんだ!?」と言っても頭が悪いからに決まっているので

核心突いてきましたか(笑)。

>まあ炎上させて喜んでる奴らよりはマシなんじゃないかと♪

確実にマシでしょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/16351615

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中ちょっとヒステリックじゃありゃしませんか?:

« 妊婦さんたらい回しの件:出産費融資制度 | トップページ | シヴィライゼーションIV ビヨンド・ザ・ソード! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト