2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« あしたの、喜多善男 | トップページ | 爆笑問題 ニッポンの教養:テレイグシスタンス »

2008/01/09

白豪主義オーストラリアと反捕鯨:扇動的です。

このyoutubeのビデオには久々に頭にきました。作った人間にです。

これはひどい被害妄想です。


確かに排他的な心情から捕鯨に反対する人もいるでしょうが、このビデオはあまりにも一方的です。ディンゴを殺すオーストラリア人がひどいなら、捨て犬が処分される日本はどうなんでしょうか(犬を捨てるのは死ねと同じでしょう)?鴇(トキ)なんか絶滅してますよ。

それにディンゴとかカンガルーを殺すオーストラリア人と、捕鯨に反対するオーストラリア人が同じとは限りません。

オーストラリア人はナチだというコメントがありましたが、このビデオクリップの手法こそがナチス党の反ユダヤ宣伝と同じです。

これじゃ捕鯨許可は降りないですよ。

クジラが増えすぎたら「間引き」が必要になるので、それまでなんとか「調査捕鯨」でしのげば無用な争いは起こらないと思います。

« あしたの、喜多善男 | トップページ | 爆笑問題 ニッポンの教養:テレイグシスタンス »

コメント

捨て犬は楽しんで殺すのとは別の問題です。
ディエゴ・カンガルー殺しも反捕鯨も国策です。

Zちゃんねらーさん、どうもsun

>捨て犬は楽しんで殺すのとは別の問題です。
別の問題といえばそうです。それを言うなら楽しんでディンゴを殺すのと捕鯨反対も別問題という論法を認めることになります。

リンケージ(2つの問題を関連付ける手法)は外交手段としてよく使われますが、相手が納得しなければ意味がありません。

どうも私は、捨て犬は楽しんで殺すのをリンケージさせることで、受け手にとっては効果がなく、いたずらに相手の感情を逆なですることになることを証明したようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/17631910

この記事へのトラックバック一覧です: 白豪主義オーストラリアと反捕鯨:扇動的です。:

« あしたの、喜多善男 | トップページ | 爆笑問題 ニッポンの教養:テレイグシスタンス »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本