2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« コーンブレッドを作ってみたのです。 | トップページ | 春が終わる前に冬の写真 »

2008/03/04

調査捕鯨「日新丸」妨害、抗議船甲板に瓶の発射装置

調査捕鯨「日新丸」を妨害した環境保護団体「シー・シェパード(SS)」船の甲板に瓶の発射装置があったそうです(読売新聞)。

捕鯨反対もひとつの意見ですから、抗議するのもまあ良いでしょう。しかしですね、「筒状の発射装置」ってどうなんでしょう?しかも

「・・・そこから白煙が上がり、瓶が連続で発射されている場面がビデオ映像に映っていた。いずれの瓶も日新丸には届かず、海に落ちたという。」

おいおい、その瓶が

鯨に当たったらどうすんだ!

それは良いのかな?

海上保安庁の人もご苦労様です。

« コーンブレッドを作ってみたのです。 | トップページ | 春が終わる前に冬の写真 »

コメント

ステラ海牛を楽しみのために虐殺してしまったオーストラリアの人間には、調査捕鯨の意味はよくわからないのかな? 日本では鯨を伝統的に食してきたが、それでも流れる血液以外は、余すことなく感謝を持って利用してきた。罪人の血を引く国の人間とは違って、適当に捕獲して、適当に食べて散らかして、捨てるようなことはしていない。ステラ海牛を絶滅させたテロリストは、今度は、日本の水産庁の職員や漁師を虐殺しようとしているのか?さすが、罪人の国だ。

Shit Shepardさん、どうも。

ステラー海牛はベーリング海にもいたようで、これはロシア人の乱獲により絶滅してるそうです。

いかんせんトキが絶滅したとかいう話を持ち出されると頭の痛い話であります。

韓国では犬を食べるそうで、日本人的には受け入れがたい食文化ですが、韓国人には馬を食べることがありえないそうです。

捕鯨問題も多分に感情的な側面が大きいと思います。

なんでオーストラリアの近くで捕鯨しないといけないのかがわかりません。火中の栗を拾ってどうするのかと。

私は弱腰ですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/40370762

この記事へのトラックバック一覧です: 調査捕鯨「日新丸」妨害、抗議船甲板に瓶の発射装置:

« コーンブレッドを作ってみたのです。 | トップページ | 春が終わる前に冬の写真 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト