2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 「シャインニング」の血を思い出しました | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養 高野明彦の検索力 »

2008/03/06

人権擁護法案は誰を守るのか?

人権擁護法案が2008年3月15日に可決されるらしいです(空前絶後の悪法「人権擁護法案」2008-03-15可決か!?)。

youtubeでの反対意見

朝鮮総連とつながりのある古賀氏が推進派の親玉だとか(青い炎の日記)。民主党もほぼ賛成で、公明党も賛成だとか。

どんな法律なのかはウェキペディアで確認してください。

無責任な誹謗中傷、罵詈雑言が跋扈する日本において、個人的にはこの法律の理念は悪くないと思います。ただこれでは機能しないと思います。

差別されている外国人を守るとか助けるには、こういう「法律」を通して加害者に頭ごなしになんとかしろっていっても解決しません。たとえ会社に入っても、絶対にわだかまりできちゃいますよ。

こんな動画も…


最初の1分は賛成しかねます。外国人だからひどいはおかしい。モラルの有無は個々人だと思います。日本人でもひどいのはひどい。

« 「シャインニング」の血を思い出しました | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養 高野明彦の検索力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まず令状なしに人権委員会の独断で調査・押収・出頭を命じることが出来て、従わないと罰則があるとゆ~のがあり得ないデス。

あと公明党は支持母体が元々アレですから論外として、民主党の決定にはガッカリですよ。
まあ自民党にも大量の推進派がいる訳デスから自民も人のことは言えないんデスが。

それでは記事にして戴き、ありがとう御座いました(`Д´)ゞビシッ!!

ようかんさん、どうも

>まず令状なしに人権委員会の独断で調査・押収・出頭を命じることが出来て、従わないと罰則があるとゆ~のがあり得ないデス。

この点は恐らく

http://homepage2.nifty.com/jinkenken/kiyaku.htm

(原文)
http://203.140.28.137/ja/humanrights_library/treaty/liberty_report-4th_observation_en.html

の勧告(C)の9にある
「(現在の)人権擁護委員は、法務省の監督下にあり、またその権限は勧告を発することに限定されていることから、そのような仕組みには当たらないと考える。委員会は、締約国に対し、人権侵害の申立てに対する調査と救済のための独立した仕組みを設立することを強く勧告する。」
と言われたために調査権限を付与したのだと思います。仰るように令状は必要かもしれません。公正取引委員会も捜査権限を持っていますが、令状が必要です。

最後に、外国人排斥容認と言論・思想の自由の2つのまったく別の次元の問題をリンクさせた人はやり手だと思います。

竹花さんこちらにも失礼しまっす!
この件についてはようかんさんの記事で知ったのですが、
TVなんかで故意に報道してないところがあざとくて腹立たしいデスね。
少しでも皆が知ることができると良いと思マスよ。

しのぶんさん、どうも

マスコミは守られるので「我関せず」なんでしょうね。三浦和義は良いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人権擁護法案は誰を守るのか?:

« 「シャインニング」の血を思い出しました | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養 高野明彦の検索力 »