2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 未来の爆弾 | トップページ | 素晴らしきかな人生  »

2008/09/26

スパイダーマン1の最後の言葉(英語)

ピーター・パーカーが最後に言う台詞。最高です。英語ではこう言ってます。

Whatever life holds in store for me, I will never forget these words: 'With great power, comes great responsibility.' This is my gift. My curse. Who am I? I'm Spider-Man

最後にヒロインから去っていく日本のサムライみたいです。

« 未来の爆弾 | トップページ | 素晴らしきかな人生  »

コメント

こんばんはっ!
珍しくさっきTVで見ちゃいました。
実はきちんと見てなかったのでわりと楽しめました。英語版の台詞かっちょいいですね。
キルステンはやっぱり「バージン・スーサイズ」の頃が一番可愛かったと思います。

「1」はおもしろいですよね。もともとはピーターの叔父さんのセリフですが、普通の人がこう言われたら「俺には偉大な力なんてねーよ」と思ってしまうような気がしてちょっと不自然に感じていたのですが、叔父さんはピーターのただならぬ力にうすうす感づいていたのだ、と理解することにしましたhappy01
ゴブリンと最初に対決するパーティの場面のアクションはすごく見ごたえがあります。巨大風船の使い方がおもしろい。

しのぶんさん、どうもsun
日本語でも良いのですが、いちおう原文はこうなっていると。キルステンは童顔ですから、あと10年くらいするとまた良い感じになるんじゃないかと思います。

おじゃま丸さん、どうもsun
「1」が一番面白いです。
>叔父さんはピーターのただならぬ力にうすうす感づいていたのだ、と理解することにしました。

そうです。投げ出すわけにはいかないんです!ウィレム・デフォーも良い味だしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/42604361

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン1の最後の言葉(英語):

« 未来の爆弾 | トップページ | 素晴らしきかな人生  »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト