2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 小泉純一郎が政界引退 | トップページ | スパイダーマン1の最後の言葉(英語) »

2008/09/26

未来の爆弾

MOAB(Massive Ordnance Air Blast bomb、大規模爆風爆弾兵器)

いわゆるすべての「爆弾の母」イラク戦争中にデモンストレーションされたものです。

6つのアメフトのフィールド分の殲滅できるようです。

英語のビデオですが、44秒からどんな風に爆発するかがわかります。まずガスを空気と混ぜる小爆発を起こしてから、起爆します。グラスファイバー製のマネキンが木っ端微塵になります。そして爆心に向かって煙が吸われます。

GPS誘導というのもアメリカチック。

クラカタウ

ビール缶くらいの大きさの小型爆弾です。プラスチック爆薬に三角錐(コーン)の銅版という構造で車両や戦車を行動不能にし、軍艦の装甲を貫けるそうです。このコーン状の銅板が針みたいに熔けて飛んでいき、目標を貫通します。ビデオでは2.5cmくらいの鉄板を離れたところから貫通してます。

人の良さそうなお爺さんが、日夜努力してんですな。

« 小泉純一郎が政界引退 | トップページ | スパイダーマン1の最後の言葉(英語) »

戦争・軍事関連」カテゴリの記事

コメント

コーン型にするのはモンロー効果ってやつのためなんでしょうか。どうしてああなるのか、感覚的に全然納得いかないところが不思議でおもしろいです。爆薬自体のエネルギーは一定だと思うので、いかに効果的に集中させるかなんでしょうね。

おじゃま丸さん、どうも
>モンロー効果ってやつのためなんでしょうか。
原理は対戦車砲弾と同じで、銅板が成形炸薬にしてると言ってるので、そうでしょう。

感覚的に納得いかないっていうのは、人間の脳の理解自体かなりフィルターを通した認識なので仕方ないでしょう。自分も地球が丸いとか太陽の周りを周ってるとか、感覚的にはありえません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来の爆弾:

« 小泉純一郎が政界引退 | トップページ | スパイダーマン1の最後の言葉(英語) »