2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦 | トップページ | 街あかり ★★★★★ »

2008/10/20

「おくりびと」を観ました。★★★★★

すごく良かった。じわじわと感動した。

メンズデーなのに女の人、ばかりでした。

周りの人は泣いてましたよ。

亡くなった人の体を拭いて化粧して棺に入れるのが仕事の納棺師の話です。

舞台は山形です。

人が亡くなる話なのに悲しくなるより感動します。

「おくりびと」ってのは、納棺師の話ではありますが、亡くなった人の家族も含めてだと思います。

ええ話なんです。

山崎努が焼いた白子をしみじみと見ながら:

「これもご遺体なんだ・・でもうまいんだ・・残念ながら・・」

この台詞、忘れないと思います。

銭湯のお客で笹野高史も出てくるんですが良い役どころでした。

「死ぬことは終わりではなく、そこをくぐり抜けて、次ぎに向かう『門』だ」

これって死んだ人にではなく、自分とか送る人に向かって言ってると思うんですよね。

どうでしょうか。

峰岸徹が出てました。

ストーリーも良くできると思います。

脚本は「カノッサの屈辱」とか「料理の鉄人」の放送作家の人だそうです。

« 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦 | トップページ | 街あかり ★★★★★ »

コメント

滝田洋二郎ですね。『陰陽師II』でもう終わったかと思いましたが...

笹野高史、「ビーファイター」に出ていた頃からだんだんテレビでも映画でもよく見かけるようになりましたが、最近ほんとにいい味になってきました。秀吉役もまずまず期待できそう。

baldhatterさん、どうもsun

幸か不幸か『陰陽師II』は見てないですが、見なくて良かったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/42851446

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」を観ました。★★★★★:

« 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦 | トップページ | 街あかり ★★★★★ »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本