2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« バラク・オバマの勝利! | トップページ | 筑紫哲也 死去  »

2008/11/07

キャシャーンsins 第4話 滅びの天使

冒頭でキャシャーンがルナを殺すといういつものシーンから、始まる第4話。

滅びの元凶キャシャーンと滅びの天使のソフィータの邂逅ってやつですか。

世界と戦うことに絶望している夜回り(世周り)先生とそれを追う不良娘という感じの展開。

強そうだから戦って請うソフィータにキャシャーンが

「強いわけじゃない、死ねないだけだ」

というと、ソフィータが

「素敵。

死ねないってことは永遠に戦えるってことだも。

戦えるってことは生きてるってことだもの」

一方的に戦いを求めることがソフィータの愛ですか。

キャシャーンが戦いを拒否すると、ソフィータが泣き出します。

「言葉って嫌い

ソフィータの想いが伝わらないから」

ソフィータがキャシャーンの胸に剣を刺すシーンは愛の結実なわけですが、見方によっては、キリストがロンギヌスの槍で突かれるところ見たいかも。

最後は

「死ねないことを悲しまないで、生きてまた会えることを楽しみにして」

というエエ話。絵も良いし、言うことなし。

第6話にはキャシャーン見たいのが敵に出てくるらしいですね。また不安な展開が。

« バラク・オバマの勝利! | トップページ | 筑紫哲也 死去  »

コメント

4話は、高河ゆんさんの作品のようなお話で、私には高度過ぎました;;

竹花さんの感想読むと、なるほど!ってなります。
もう1回見直しだangry

ももんさん、どうもsun
>4話は、高河ゆんさんの作品のようなお話で、私には高度過ぎました;;

キャシャーンの序盤は具体的な説明が少ないので、いろんな解釈ができると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/43037102

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーンsins 第4話 滅びの天使:

« バラク・オバマの勝利! | トップページ | 筑紫哲也 死去  »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本