2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 爆笑レッドカーペット いとうあさこのバストは100cm | トップページ | キャシャーンSins 第18話 生きた時これからの時間 »

2009/02/19

ムットーニ展とテオ・ヤンセン展に行きました。

先週の金曜日、ムットーニ展(夢博物館)とテオ・ヤンセン展に行きました。

まず新宿から「あずさ」に乗って八王子にある「夢博物館」

Dscn1624
残念ながら「あずさ2号」でもなく、出発も8時でなく9時。

都内を移動するのに特急を使うことになろうとは。しかし楽です。

八王子に向かう車窓から
Dscn1625
銀座ルノアールの本社は銀座にないのか!

中央線に乗っていつも感慨深いのはこの景色Dscn1626
題して「屋根の海」

ところどころにある高層建築が島のようです。

コーヒーを飲んでると周りの人は思ってるだろうが

Dscn1627
中身はホテルの緑茶だ!

寒々とした川
Dscn1628

そして八王子駅!
Dscn1631

なんか寒いぞ。
Dscn1632
この道を行くと「夢博物館」にいけます。

これが八王子です。
Dscn1634

看板が出てます。
Dscn1635

横山公園
Dscn1637
ここを左に曲がります。

到着しました(ここの2階)。
Dscn1640
写真は撮れないとのこと。

暗いところで照明も演出に入っているのでしたかありません。

いやあ、面白いですよ。

このCMで使ってるのがありました。


光と音楽を使ったファンタジーだよなあ。そんなに人形が大きく動いたりしないのですが、光と音楽が人形に表情を与えるのか、なんだか表情豊かな人形ですよ。

そんなに展示している作品数は多くないですが、これは良かった。

実はプレ展示で、本格的なのがまたあるらしいです。

これから日比谷に向かいます。

まず新宿に戻ります。
Dscn1643

新宿に到着して一回降りて、
Dscn1644
たつ屋を撮影。昔、よくここで牛丼を食べてたなと。

しかしここで昼食は食べず、日比谷に向かいます。
Dscn1646
テレビで見た風景です。

昼食は日比谷のパティオでテオ・ヤンセン展にご同道いただくbaldhatterさんと、
Dscn1647
ローストビーフ!ひゃっほう!

そんでもってテオ・ヤンセン展。

入場料1400円!(クーポンを使って)。200円の夢博物館とはえらい違いです。
動いてるのをテレビで見たので、入るとちょっと残念な気持になります。
こいつら死んでます。

土日に来れば、動いてるのが見られるそうです。

2年間生きていたとかいう説明があったので、屍骸らしいです。

なるほど。

これはSF考古学だと。

もっと正確に言えばSF古生物学であると。

そう考えると萌えます。

Dscn1714
ナウシカに出てきた腐海の昆虫ぽいです。

こいつ腐ってやがるぜ、と言いたくなります。

パーツに萌えます。

とりあえず記念撮影。
Dscn1652

テオ・ヤンセンのノート
Dscn1655
左右のページで上下逆さまに書いてます。

美しい。機能美です。
Dscn1679
てっぺんのペットボトルの圧縮空気がビニールのチューブを流れて、フレームを動かします。

接地部
Dscn1682
すごくよくできてます。

Dscn1684
段々見ているうちに生物の骨格に見えてきます。

いわゆる筋肉がないのに動くんですよ。こいつらは風を食んで動くんですな。我々は食べますよローストビーフ。こんな生物しかいない世界に行ったら餓死します。

手動で動かせるものあります。
Dscn1674
これです。多脚のかちゃかちゃって動く様に萌えます。

こんな感じです

出掛けにDVDも買いました。

筋肉の塊、日比谷のゴジラを撮影。
Dscn1723
ガオー!

テオ・ヤンセンの骨生物と戦わせればいいと思います。

疲れたので銀座ルノアールで休憩
Dscn1727
ゆずうまい。ここの本社は中央線沿線。

造型にもいろいろあるなあと。ヨーロッパ的なものと日本的なものがやっぱりあるんだなと実感したのでした。

Photosynthで写真を合成してみました。


右上にあるブドウの房のようなボタン群の一番左上のボタンをクリックすると合成されてない他の写真も見られます。

右下のボタンをクリックすると全画面モードになります。元の画面に戻る時はEscキーです。

マウスホールでズームイン/ズームアウト、左マウスボタンクリックで写真を動かせます。

ブドウの房の一番下にあるボタンを押すと「オート再生」です。止める時は同じボタンをもう一度押してください。

 

« 爆笑レッドカーペット いとうあさこのバストは100cm | トップページ | キャシャーンSins 第18話 生きた時これからの時間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これ、Microsoft Live に登録してないと見られないんでしょうか?

あ、見られました。
最後のは、ゴジラのテーマを流したくなりますね。

baldhatterさん、どうも

見られましたか、よかったです。

ゴジラのテーマがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=8NWXpvVQYNY

baldhatterさんは、写真登場なしなんですね

見る事ができないけど、一人では何もできない;;

ももんさん、どうも

>baldhatterさんは、写真登場なしなんですね。

自分の好きな写真を撮るのに一杯でした。

ブラウザがIEかFirefoxなら見えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムットーニ展とテオ・ヤンセン展に行きました。:

« 爆笑レッドカーペット いとうあさこのバストは100cm | トップページ | キャシャーンSins 第18話 生きた時これからの時間 »