2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 帰ってこさせられた33分探偵 第1話  | トップページ | フロストXニクソンを見ました。★★★★☆ »

2009/03/29

ガンダムOO 最終回(第25話) 再生

僕はまだ戦える! アムロだ! アムロ降臨だ!!

いい終わり方でした。

序盤の戦闘はなかなか激しかったですなあ。ラスボス・リボンズが搭乗するモビルスーツがキャノンつきゴリラみたいだなあと思っていたら背面だったのか!

正面は新しいガンダム!しかもツインドライブじゃ!

さらにファンネルまで装備してて、刹那のダブルオーライザーは右脚は熔けるわ、頭は吹き飛ぶわ、満身創痍。しかし頭吹き飛んでも大丈夫。刹那は「メインカメラがやられただけだ!」と叫んだに違いありません。

刹那は頭ナシダブルオーで、リボンズのガンダムに一矢報います(拍手)。でも返り討ちにあって、ダブルオーライザーは行動不能に。挙句の果てにリボンズにGNドライブを奪われます。そして帰投するリボンズが道すがら見つけたのは

無人のファーストもといオーガンダム

それを見たアムロもといリボンズが一言

僕はまだ戦える。

拍手しちゃいました。

戦ってアムロ(セイラさん風に)!

リボンズは奪ったGNドライブをオーガンダムに搭載して、刹那に止めを刺しに向かいます。そうしたら刹那はエクシアに乗り換えてオーガンダムを邀撃です!

ここからのエクシアとオーガンダムの戦い、「愛戦士」編のガンダム(RX-78)とランバ・ラルが乗るグフとの一騎打ちじゃないですか!きっとエクシアがグフで、オーガンダムがガンダム(RX-78)なんですね。エクシアがブレードを使い、オーガンダムがビームサーベルぽいのを使って戦っています。お互いコックピットを裂かれるし、たまりません。この名勝負の再現、アントニオ猪木とタイガージェット・シンの戦いを見た時の感動に近いです(それしか知りません)。結局オーガンダム負けちゃいました。

さすが刹那君、有言実行。俺がガンダムだというだけのことはあります。

でもリボンズって死んだのかな?

刹那ってイノベーターとして覚醒しましたが、凡人コーラサワーめ、やっぱり生きてたのか!まさに不死身のコーラサワー。強力なビーム攻撃を受け止めたのに、助かったのか!どうやって助かったのか知りたいですよ。マネキン准将と結婚しちゃった。そんで

木星がどかんと写って

2010年劇場版公開

英語字幕によれば「人類の幼年期は終わる」のだそうです。

この展開だと衛星エウロパにモノリスがあるのか。

あるいはクロスボーンバンガードとか出てくるのか。

いずれにせよ最後には歌がある。それがガンダムOO。

« 帰ってこさせられた33分探偵 第1話  | トップページ | フロストXニクソンを見ました。★★★★☆ »

コメント

25話で終わり?
なんで1話足りないんでしょうね。

baldhatterさん、どうもsun

>25話で終わり? なんで1話足りないんでしょうね。

映画版製作のためかとも思ったのですが、どうなんでしょうね。キャシャーンは24話でした。

リボンズ、「運命だ!」っていってましたねhappy01

特番が1回入っちゃったからかな?と思ったのですが、
ファーストシーズンも25話でした。
DVDに編集し易いから??

ももんさん、どうもsun

そうでした。リボンズがファーストもといオーガンダムを見つけたとき「運命だ」って言ってましたね。そりゃもう世代を超え、お約束を超越した運命でしょう!

25話の謎。ガンダムSEEDも全50話ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/44502852

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムOO 最終回(第25話) 再生 :

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第25話「再生」 [アニメのストーリーと感想]
 ソレスタルビーイングに近づこうとするダブルオーライザーは、レグナントと対峙した。これ以上パイロットのルイスと戦いたくない沙慈は、未来は戦いから産み出されないと訴えた。しかしその訴えは届かず逆に未来や家族を奪ったのが、ソレスタルビーイングだと更なる敵意を抱... [続きを読む]

« 帰ってこさせられた33分探偵 第1話  | トップページ | フロストXニクソンを見ました。★★★★☆ »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本