2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« G20 米国が最大の敗北者に | トップページ | 北朝鮮 ロケット打ち上げ失敗のようで »

2009/04/05

NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」

台湾の植民地化と統治政策について、被支配民である台湾人の視点を織り交ぜた批判的な内容でした。

台湾人が議会の設立を通じた自治権の要求をしていましたが、中国のチベット問題に重なります。自治権の拡大以外に道はなかったのでしょうが、その前に日本は敗戦を迎えたと。すべての植民地問題が敗戦でなかったことになってしまいました。よって幸か不幸か、日本はイギリスやフランスのような戦勝国としての帝国の没落を経験しなかった。

最後の親日派といわれる台湾に、日本の支配に恨みを持ってる人はいるんですよね。日本語教育を受けた台湾人の人が、当時の日本人が自分たちを見下して馬鹿にしやがってと怒ってましたがもっともです。

この屈辱感は、日本がアメリカの属国だと憤慨しているレベルではないでしょう。台湾と日本には、実は根深い禍根が横たわってるのですね。

« G20 米国が最大の敗北者に | トップページ | 北朝鮮 ロケット打ち上げ失敗のようで »

コメント

じゃあ、知識人と裕福な人と皆殺しにしたほうがよかったのかよ。
当時のイギリスのやったこと知らないの?

sunzzzさん、どうもsun

>じゃあ、知識人と裕福な人と皆殺しにしたほうがよかったのかよ。
>当時のイギリスのやったこと知らないの?

熱い思いは伝わってきますが、不勉強なもので、もう少し具体的に説明して頂けないでしょうか?

はじめまして。初めてメールさせていただきます。欧米列強全盛の喰うか喰われるかの時代に、国と国とが全てを投げ打って戦った訳ですから、それぞれに大儀、言い分があり、単純に勝者は善、敗者は悪ときめられるものでは無いはずです。弱者は善強者は悪でもありません。当時台湾人を土人として、手ひどい扱いをしたことは間違いなく、相手の言い分を真摯に受け止める姿勢も大事ですが、客観的に当時の状況を判断して、日本人の立場を主張できるよう知識を蓄えるのも大事です。お互いの言い分が理解(納得ではなくても)出来てこその相互理解でしょう。その点日本人の言い分を完全無視のこの番組は、かなり偏向していますね。本当に危険なのは、今回のNHKの報道を日韓慰安婦問題のように政治利用される可能性があることです。中国がこの番組を台湾に広め反日を煽ったらと思うとゾッとします。この番組が今後3年間も続き、日本とアジアの国々の友好関係をぶち壊す前に、この番組を検証するべきです。日英博覧会をWEB検索したところ、すぐにアイヌの方々の民族展示もあったことを知り、北海道大学 宮武 公夫教授の「黄色い仮面のオディプス、アイヌと日英博覧会」という論文を見つけました。
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/34083
これをお読みになってNHKの報道が本当に公平なのかどうか今一度お考えください。

飛梅さん、はじめまして。

>日本人の立場を主張できるよう知識を蓄えるのも大事です。お互いの言い分が理解(納得ではなくても)出来てこその相互理解でしょう。

ドイツではそういうスタンスで隣国と協議して歴史の教科書が作られてるそうですね。

ご紹介いただいたものを読みましたが、終章が印象に残りました。やはり日清戦争、日露戦争はアイヌにも大きな影響を及ぼしたようですね。

アイヌの人たちが受けた同化と差別という二重拘束は、NHKでいう台湾人たちの苦難と同じように思いました。

どうも始めまして。私、通りがかりの台湾好きの日本人です。この「JAPANデビュー第1回」の放送の裏には「台湾人の証言の操作」があったことを、お知らせします。
詳しくは以下の「台湾は日本の生命線」というページで確認して下さい。
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html

とかく日本の「併合・統治」に関しては気をつけて知っていかなければならない内容が多々あります。戦後の日本という国は北朝鮮を地上の楽園と呼んで疑問を持たなかった国である、ということを忘れてはなりません。私は番組のインタビューを受けた柯徳三(87歳)さんが書いた本を含め、上記のページで紹介されている本のような「元日本人の台湾人」が書いた本を何冊と読んできました。実際に台湾にも行ったことがあります。柯徳三さんは、かつての日本の統治を「悪い面が50・良い面が50」と評価しています。そして同氏が述べる「怒りや恨み」というものは「自分達を見捨てた日本に対する思い」であり、これは我々戦後の日本人に対してのものです。ただし、これは中国や韓国のような反日的なものではない、ということを述べておきます。この意味を理解するには柯徳三さんを初めとする元日本人の台湾人が書いた本を読むことによって、自然と理解できるようになるでしょう。

台湾好きさん、どうもsun

確かにアメリカで会った台湾人や中国人は反日的ではなかったです。マレー人に太平洋戦争をどう思うかと聞かれたことがあります。

リンク先の電話での話は非常に興味深いですが、現地人に対する差別について書いてませんでした。

おかげで最初のコメントの人の言っている意味がわかりました。日本が台湾から手を引いたから国民党に現地民が殺されたっていう話なんですね。そもそも日中戦争が起こらなければ…という展開もあります。

あの番組を見て台湾と日本の分断を狙ってるとは思いませんでした。リンク先にも書いてましたが台湾の独立は重要だと思います。ああいう番組は日台の協力関係を深めるのを阻害しないと思います。

いまWeb上では、NHKのこの番組に対する批判的な意見が多数でておりますので、googleなどで検索してご覧ください。代表的な批判は以下のものがあります。

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html

それから、台湾のTV局が「日本統治時代に日本が何をしたか」を纏めた番組がYouTube上にアップされております。以下にあげておきますので、それをご覧になってから今回のNHKの番組の内容を判断されてはいかがでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=oXNPrxxuCXg&feature=related

道遥さん、どうもsun
教えていただいたYoutubeのを2まで見ましたが、これは日本の統治が良かったといいつつ、国民党政権を批判する番組に思えます。

親日派なのはありがたいことですが、こういう日本に対するメンタリティーは、中谷巌(自壊する資本主義)がアメリカに抱えていたものに似ている気もします。現在この人はアメリカのグローバル経済に失望しています。

信頼が厚いほど失望に変わったときが恐ろしいです。どうやって良好な関係を維持していくかが重要だと思います。

確かに国民党政権を批判する面もあると思います。ただこの番組をお勧めしたのは、3以降も見ていただければわかりますが、日本が台湾統治において何をしたかという事実を史実に従って纏めており、良かった点も悪かった点も紹介しているためです。これがNHKの今回の番組との違いだろうと思います。
「良好な関係を維持していくかが重要」というご指摘は全くそのとおりです。

道遥さん、どうもsun

13は字幕がなくてやめました。

字幕見て思ったのが、国民党って台湾でもKMTって略すんですね。KMTが台湾の奇跡は俺たちのおかげだって喧伝してるのに突っ込みを入れる番組であったと。

実に面白い!精神論にまで入っていきます。

戦後直後の日本、バルブ後の日本と似たような議論が展開してます。文化や言葉が違っても思考が似てますね。台湾人と日本人はアイデンティティでの独立を求めてるんでしょうか。さらにこの番組の面白いのは、日本で平成維新が必要だと叫んでいるのと同様に、台湾維新が必要だと言ってることですね。

国民党が入ってきた時には旗を振って歓迎してたそうで、その後失望したという話してました。そういえば、ビルマでも最初日本軍は歓迎されましたが、後に現地民レジスタンスとの戦いになったりしてます。


6では国民党に台湾が接収されるまで、ずっと台湾人は日本人に反感を抱いてきたそうですが、国民党と「比較して(当時が)懐かしくなった」っていうのは引き算だなと思います。最後の台湾総統の安藤利吉は偉い。アメリカ人パイロットを処刑した罪を全部被った。もうそんな日本人はいないですね。

敗戦した中国人は逃げていったでも日本人は台湾に残ったと言ってますが、満州の関東軍とか、勇敢に戦った部隊もあれば逃げちゃった高官もいます。

台湾経済に関して初期の段階では、阿片専売が総督府の結構大きな収入になったはずが言及ナシ(誰でも知ってるからなの?)。

7 最後まで日本支配に抵抗したのが高砂族。教育レベルが高かった。教育レベルが高いから反乱起こすんですよ。

10 義和団の乱で日本は福建省のアモイを占領しようとしたのですね(実際に上陸してないようです)。逆言うと中国にとって朝鮮半島と台湾はやはり潜在的脅威なのですね。

11 皆、団結して自分が主人になる(台湾平定のため台湾人同士を殺し合わせる政策から)。

結局「日本が統治していた時代は現代化していった」けど「百年来政権を選択する余地がなかった」という話なので、台湾は日本が統治していてもいずれ独立したと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/44579612

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」:

« G20 米国が最大の敗北者に | トップページ | 北朝鮮 ロケット打ち上げ失敗のようで »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト