2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 爆笑 レッドカーペット 6月13日 | トップページ | サラリーマンNEO シーズン4 6月14日 »

2009/06/15

NHKスペシャル マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか

年金運用部長にはなりたくないですね。

あれは針のムシロに座ってるようなモンですよ。運用益を少ししか出さないと批判され、利益を上げようとして金融商品に手を出して失敗したら、批判され。

年金は払った額より貰える金額が多くて「当たり前」。高度成長期なら可能でしょうが、経済が衰退期に入ったら無理です。でも無理を通せば道理が引っ込む。なんとしても運用益を増やして給付の目減りだけは避けたい年金団体は、ヘッジファンドのリスクの高いが大きなリターンが期待できるサブプライムに投資してドボン。

2000年に民主党の上田議員という人が年金で損失が出てると厚生省を批判しています(リンク)。こうした無責任な「外野の圧力」がリスクの高い金融商品に手を出さざるをえなくなった一つの原因ということですね。

しかしお金を転がして儲けるのがダメなら、年金団体が「カンポの宿」みたいにホテルを経営して赤字を出しても納得できるのかという素朴な疑問が沸いてきます。

アメリカ・カルフォルニア州公務員向けのカルパースって年金団体は懲りずに投資を続けるようで。さすがアメリカ人というべきでしょうか。破綻した企業を立て直すファンドってのは面白そうだと思いました。

年金も支払う側にとっては、払う額より多く貰おうとする金融商品なんですよね。

« 爆笑 レッドカーペット 6月13日 | トップページ | サラリーマンNEO シーズン4 6月14日 »

コメント

私もみました。

青果年金基金は、8500人メンバーがいると言っていました。知人曰く、少なすぎるそうですよ。だから、それほどいい人材を運用担当者に雇えないんじゃあないかな。

それに日本株投資信託のfund managerの半分以上が、benchmarkのTopixを下回る運用しかできないという動かしがたい事実もあります。

なにか特別なものに投資するしかないのが現実だと思います。

上田議員は、今埼玉県知事です。

brdoutcageさん、どうもsun

なるほど。マネーゲームは規模が小さいと厳しいですね。

特別なものですか。難しいですね。


ハゲタカ映画版、面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/45343424

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか:

» リングで死亡!ノア三沢光晴 【2代目タイガーマスク】 [リングで死亡!ノア三沢光晴 【2代目タイガーマスク】]
2代目タイガーマスク、プロレスリング・ノア社長の三沢光晴、試合中に倒れ救急搬送!午後10時10分死亡! [続きを読む]

« 爆笑 レッドカーペット 6月13日 | トップページ | サラリーマンNEO シーズン4 6月14日 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト