2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 北朝鮮では国民に鉄の供出が求められているそうで | トップページ | 2009年 夏のドラマはやはり 官僚たちの夏 »

2009/07/24

ディア・ドクターを見ました ★★★★☆

この映画は最後のワンシーンのためにあるのかもしれません。

ちょっとネタバレありです。

松嶋尚美だったと思うのですが、前半は笑福亭鶴瓶なんだけど、後半は伊野治だったと言ってました。

言いえて妙です。

おそらくこういうことではないかと。

前半の雰囲気は事件性を織り交ぜて描いてますが、主人公・伊野治(鶴瓶)は田舎の医者で、「鶴瓶に乾杯」的な雰囲気です。でもこの伊野治は偽医者(だけど義理堅い)なので住民に祭り上げられ、瀕死の怪我人が運ばれてきたものの、どうすることもできなくてうろたえちゃうあたりから、伊野治が全然笑わなくなります。

笑わない伊野治。笑わない鶴瓶が凄く自然です。

(人として)良い医者なんだけど偽物っていう、偽物だけど必死にあがく苦しみを野球のバッターに喩えてました。このあたりが面白いなあと。

そして偽医者が鳥飼かづ子(八千草薫)が癌なのに娘達に心配をさせたくないという願いを酌んで、母親が胃潰瘍だというのを疑うホンモノの医者の鳥飼りつ子(井川遥)を安心させるために、胃潰瘍の斎門正芳(香川照之)に胃カメラを飲ませて撮影し、その写真を見せて納得させます。偽物が本当の病状を知っていて、逆に誤診に見せかけるというのが、なかなかやるなあと。

だけど悪いことはできないもので、あと1年後しないと娘は帰ってこれないとりつ子に聞かされた伊野は、とつぜん立ち上がりカブに乗って逃走します。

ここで思い出したのが、イカロスが蝋で作った偽の翼をつけて天に舞い上がったけれども、太陽の熱で翼か溶けて落下して死んでしまったっていう神話。

そして最後、病院に入ったかづ子が配膳係(?)からお湯のカップを受け取ると、それが伊野治というオチ。

良いオチだと思いますよ。

波多野(松重豊)は本当に嫌味な刑事なんですか、これがまた話のカウンターウェイトになってて良い感じでした。

« 北朝鮮では国民に鉄の供出が求められているそうで | トップページ | 2009年 夏のドラマはやはり 官僚たちの夏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/45729802

この記事へのトラックバック一覧です: ディア・ドクターを見ました ★★★★☆:

« 北朝鮮では国民に鉄の供出が求められているそうで | トップページ | 2009年 夏のドラマはやはり 官僚たちの夏 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト