2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第23話「接近!機械獣あしゅら男爵! | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第24話「死線!総攻撃Dr.ヘル」 »

2009/09/13

官僚たちの夏 炭鉱事故

このモチーフは三池炭鉱事故なんでしょうが、自分は1981年の夕張の北炭の事故を思い出しました。

これもドラマと同じく無理な合理化で事故が起こったようです。

ウィキペディア】国の政策の中で徹底した効率化を迫られていた(当時北炭は国の政策下で公的援助を受けていたので国の意向に沿うことが会社の命題であった)ため、安全を無視しての無理な出炭が日常化していた。保安設備が整っていることも売りの一つであった。1975年7月7日に5人の死者を出すガス突出事故が発生したが、その後も無理な出炭は続けられた。

林千明社長は「お命を頂戴したい」と家族達に注水への同意を求め(林千明社長はその後自殺未遂事件を起こしている)、結局、10月22日に全員の家族の同意書を取り付け、翌10月23日、サイレンと共に59名の安否不明者がいる坑内に夕張川の水が注水された。

炭鉱夫を中に残したまま注水するというのが、子供心に凄く強烈で今でも覚えてます。

高橋克実が遭難者家族に土下座して注水への同意を懇願するところはぐぐっときました。今回の高橋克実はいい。レッドカーペットに出てるあの人とは思えません。

小学校の低学年までは学校は石炭ストーブで、バケツで石炭を取りにいく当番とかあったはずです。高学年には石油ストーブになってました。

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第23話「接近!機械獣あしゅら男爵! | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第24話「死線!総攻撃Dr.ヘル」 »

コメント

> 小学校の低学年までは学校は石炭ストーブ

隊長より10年以上むかしのはずですが、こちらは小学校の最初から石油でした。やっぱり北海道だと石炭の流通がもっと普通だったんでしょうか。

あ、あれ……。隊長よりは上、baldhatterさんよりは下、のはずなんですが、小学校(東京)の低学年の頃は「コークス」使ってました。コークス当番があって、外の置き場まで毎日取りに行ってました。

で、今さらながらコークスってなんだったんだろう、と思って調べたら、「石炭を乾留(蒸し焼き)した燃料(by Wiki)」だそうです。知らなかった。

baldhattermさん、どうもsun
今で言えば「地産地消」みたいな政策で、学校で使っていたのではないかと思います。
北炭団地と呼ばれるものがあって、そこも石炭でした。

Adoさん、どうもsun
石炭ではなくコークスだったのかもしれません。

ウェキにも「昭和50年代のはじめまで,日本の小中学校の多くは,ダルマストーブが使用されており,コークスを燃焼させて暖をとっていた」とありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/46203831

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚たちの夏 炭鉱事故:

» 『官僚たちの夏』に出て来る夕張と長崎の炭鉱事故のモデル [カミタク・ブログ]
 TBSテレビドラマ「官僚たちの夏」に、そのシーンが出て来るか否かは現時点(20 [続きを読む]

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第23話「接近!機械獣あしゅら男爵! | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第24話「死線!総攻撃Dr.ヘル」 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本