2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ハーツ オブ アイアン3 日本編(かくして太陽の沈まぬ帝国になりにけり その3) | トップページ | 軍事問題評論家の江畑謙介氏が死去 »

2009/10/12

2005年に予想した2010年のドル円相場は?

2005年の新生銀行のコラムに「2010年の米ドル相場を予測する」っていうのがありました。

サブプライム問題が起こると薄々思ってたとしても、こんなに酷いことになるとは思ってなかった時代の予想で、極めて興味深いです。

1ドル98円~180円まで予想がばらけてます。70円も差さがあります。2009年に1ドル90円台を割り込んで80円台に突入すると思わなかったんですね。(思ってても公表しないとかもありそうですか)

とはいえ民主党の今の政策を見ている限り、2010年に120円とか180円に戻ってる可能性もあるわけで、あながちハズレじゃないかもしれません(2009年中は85円を割り込む可能性もありそうですが)。う~ん。なんだかわかりません。

結論:為替予測は「シュレーディンガーの猫」みたいなもんですな。

« ハーツ オブ アイアン3 日本編(かくして太陽の沈まぬ帝国になりにけり その3) | トップページ | 軍事問題評論家の江畑謙介氏が死去 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
70円も差があると、上手く売り買いができればものすごいことに・・・。
そんなことを考えてると痛い目にあうので慎重にいきます^^

りょうた(スプレッド@最小倶楽部)さん、どうも

9月は本当にひどい目に遭いました。あまりの損失に放心状態になりました。世の中何が起こるかわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年に予想した2010年のドル円相場は?:

« ハーツ オブ アイアン3 日本編(かくして太陽の沈まぬ帝国になりにけり その3) | トップページ | 軍事問題評論家の江畑謙介氏が死去 »