2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 外事警察 第5話「突入」 | トップページ | 小沢さん言い過ぎでしょう。 »

2009/12/13

坂の上の雲 第3回 国家鳴動

鎮台さんが兵隊ならば、チョウチョとんぼも鳥のうち。

この歌を歌って真之は、法度に反してフルチンで泳ぐ陸軍兵にけしかけますが、「輜重輸卒(補給・ロジスティック部隊)が兵隊ならば蝶々とんぼも鳥のうち」という歌が戦前の陸軍にあったそうです。短期決戦できるならそれでもいいんですが、実際はナポレオンでも難しい。

帝国憲法が発布され、子規が吐血。残された時間で俳句を極めるべく、帝大を辞めて新聞社に入ります。好古と真之の父である八十九(やそく)が亡くなります。それからニコライ皇太子が警官に切られるわ、中国北洋艦隊が示威行為の一環として日本にやってくるわ、国際情勢も怪しくなってきます。そうした状況下で好古が姫様と結婚。その婚儀で浮かれているシーンが突然暗転して日清戦争。朝鮮で東学党の乱が起こり、日本が朝鮮に邦人保護を名目に出兵して、開戦とあいなります。

無理難題を押しつけて開戦の大義名分とするのは外交の常識。清国は挑発に乗るべきではなかった。これがなかったら東アジアの情勢も全然違ってたかもしれません。

東郷平八郎(渡哲也)の薩摩弁ははまりますな。

國村隼の陸軍参謀本部次長川上操六が渋いなあ。

軍艦がかなりかっこいいっす。

総予算60億円だとか

金かけていいものを作れる技術を磨くのもアリだと思います。

« 外事警察 第5話「突入」 | トップページ | 小沢さん言い過ぎでしょう。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47015453

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲 第3回 国家鳴動:

« 外事警察 第5話「突入」 | トップページ | 小沢さん言い過ぎでしょう。 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本