2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« ハーツオブアイアン3を箱庭的にプレイする(トルコの場合:その3) | トップページ | ブラタモリ 品川 »

2009/12/09

ハーツオブアイアン3を箱庭的にプレイする(トルコの場合:その4)

トルコは枢軸側に与して、石油を貯め、軍備を整えてきましたが、失敗しました。今回は前回のレポートの続きです。前回までにドイツはポーランドとフランスを制圧し、イタリアはトルコを占領しました。

日本はヴィシーフランスから割譲されたインドシナに広西軍閥の侵攻を受けます。

トルコはまったく動けず。

1940年のインドシナおよびタイ王国の状況
Resize0516_2
広西軍にかなり攻め込まれています(青紫がタイ王国、茶色が日本領、、緑色が広西軍)。

1940年5月の状況
Resize0523
なんだか日本が追い込まれていますよ。 大丈夫なんでしょうか。

同月、スウェーデンがドイツに降伏
Resize0524
このゲームでスウェーデンはドイツに占領されるパターンが多いです。

1940年7月の中国大陸
Resize0535
結構食い込んでますが、中華民国降伏には近いようで遠そうな感じです。

9月後半になって日本軍は広西軍閥の東北部に攻め込み始めました。
Resize0536

いいぞ。敵を攻めるには背後から!

11月に中華民国が日本に降伏
Resize0543
自分がやったときは雲南も使ってようやく降伏できたのですが、AI操作の日本は単独で中華民国を降伏させました。なせばなるですか。

日本は中華民国を併合せずに、属国にしたようです。
Resize0544

残るは広西軍閥

1941年12月、広西に本格的に攻め込み始めた日本軍
Resize0549

2月までに広西軍閥の本土をほぼ制圧
Resize0553

そして降伏。

Resize0554
無闇に攻め込むと足元をすくわれるという好例です。

広西を日本は併合しました。
Resize0555

5月にはドイツがイギリスに攻め込まず、対ソ戦を開始してました。
Resize0562

トルコはまだ枢軸陣営にも加われない状況です。

早くも6月10日にはドイツ軍がモスクワ近郊まで迫ります。
Resize0564
これぞ電撃戦。トルコはまったく蚊帳の外。うれしくないです。

6月22日にはドイツ軍はモスクワを陥落して、さらに東進を続けます。
Resize0565

ソ連の首都はスターリングラードへ疎開。

8月にはそのスターリングラードまでドイツ軍が迫ります。
Resize0578

そしてスターリングラードを占領
Resize0579
冬将軍を味方にできないソ連は張子の虎ですか。っていうかドイツ軍が最強なのでしょうか。

8月末にはドイツ軍はコーカサス(カフカス)に進入して、トルコ国境に近づいてきます。
Resize0581

いまだトルコは枢軸陣営に加われず。しかもドイツには宣戦布告できる状況。完全に目指すポジションを間違ったようです。

同じ頃、シーベイサンマが日本に降伏。
Resize0573

シーべイサンマを併合しました。
Resize0574

日本は中国一帯を手中に収めました。
Resize0575
日本はソ連と戦争をしてません。単独でソ連をあそこまで追い詰めるとは、今回のドイツ軍は鬼ですよ。

トルコは枢軸陣営の盟主であるドイツに接近しているのに、連合国の外交活動の方が強くて、そっちに引っ張られています。
Resize0594
この三角関係、「気まぐれオレンジロード」ですか。

そして翌年1月にドイツとソ連が停戦。
Resize0623
ウラル以西がドイツ(灰色)の領土になりました。

1942年4月、独ソ戦争、再戦。
Resize0601
停戦から数ヶ月で戦争できるのかと思ったのですが、どうも日本がソ連に攻め込んだようです。

5月には日本がヴラディヴォストーク周辺をすでに征圧。
Resize0607

これではトルコの出番はないではないか!

イタリア軍はエジプトから英軍を駆逐して、さらにトルコの南に位置するイラクまで攻めてきました。
Resize0612
赤い地域がイギリス領、緑色がイタリア軍です。

1942年10月の対ソ戦状況
Resize0620
明るいのがトルコ。緑色がイタリア軍勢力圏、北西の灰色がドイツ軍勢力圏、その右のワインレッドがソ連、その右が日本軍です。ソ連はもう終わりです。まだ日本は英米に宣戦布告していません。

ゲーム速度が異常に落ちたのでやめました。

まあ結局、

枢軸が勝利するのです

トルコの貿易活動が枢軸の勝利に貢献したと思いましょう。

歴史の教科書には載らない歴史です。

以上です。

« ハーツオブアイアン3を箱庭的にプレイする(トルコの場合:その3) | トップページ | ブラタモリ 品川 »

ハーツオブアイアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ハーツオブアイアン3を箱庭的にプレイする(トルコの場合:その3) | トップページ | ブラタモリ 品川 »