2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« パブリック・エネミーズを見てきました!★★★★★ | トップページ | バトルスターギャラクティカ・ザ・プランをみました。★★★★★ »

2010/01/10

龍馬伝 第2話 大器晩成?

広末涼子がいい。龍馬さんフッたらいかんぜよ。

ヘタレ龍馬は久万川の堤の普請を任されますが、農民は村同士でいがみ合っていてうまくいきません。酒で和ませようとしてもダメ。挙句、上士と違ってなにもしてないのに農民の米を喰らう下士は犬の糞と罵られる始末。

どうやって農民たちをまとめようかと部屋でウンウン悩んでいたのに、握っていた風車が風て回るのを見て、悩んでいたことも忘れてそれに熱中するあたり、ガリレオですか。

この堤づくりには人の命がかかちゅうがぜよ、と説き、最終的には土下座攻勢。

その様子を陰から見ている父、児玉清。龍馬が通っている道場の剣術師範に龍馬がどんな人間かと尋ねます。このシーンの光がいいっすよ。

龍馬は強い。

強いけんど足りん。

足りんけんど大きい。

大きいけんどわからん。

わかちゅうがは、私がこれまでに見てきた大勢の弟子の中で竜馬のような男はひとりもおらんということです。

龍馬の父の龍馬への見方が変わります。

飲んだくれの弥太郎の父(蟹江敬三)のダメっぷりは笑わせてくれます。

加尾がお弁当作って持って来てるんだから、縁談の話があるって振られてたら、それは縁談やめてって言って欲しいって気づかないといかんぜよ。

どんなに大切でも、言葉にもカタチにも出来なけりゃ やさしさなど無意味ぜよ。

お弁当の色合いがなんか微妙。

阿部老中がアメリカに開国するか討議しているシーン、大河ドラマも変わったなあ。

« パブリック・エネミーズを見てきました!★★★★★ | トップページ | バトルスターギャラクティカ・ザ・プランをみました。★★★★★ »

コメント

高知県の生まれだからか坂本龍馬に親近感があり、また福山雅治さんの大ファンでもあるので、このドラマは楽しくて仕方無いです。
龍馬は演者によって大分テイストが変わるキャラクターですが個人的には最高。
龍馬以外のキャストも雰囲気のある役者さん方が多くて良いですね。
いつもスーツ姿がダンディーな児玉さんは着物姿も様になっているし、高知市出身の広末さんはとても自然で魅力的。
弥太郎の父は…もう怪演と言っていいですね(笑)


藤咲さん、どうもsun
土佐の出身でいらっしゃいましたか!
JINの内野聖陽の龍馬も良かったですが、福山雅治の龍馬もいいですね。話に合ってると思います。三味線を弾く姿も様になってます。

キャスティングもいいですね。

影の主役に見える弥太郎と弥太郎の父の掛け合いはすごいです。

私もJINの龍馬は好きでした!
最終回がちょっと不満でしたが、熱くて良いドラマでしたね。
飄々とした優男風の龍馬像と対をなす、豪快で怪人物的とも言える龍馬像をパワフルな演技で魅せてくれましたね。
かなり話は変わりますが、方言や訛り表現のクオリティに関して「上手いなあ、リアルだなあ」と思った事がありません。
(件の龍馬などはその点を差し引いて非常に魅力的なので大満足なのですが)
やはり海外の人々も、自国のドラマや映画における方言・訛り演技に違和感を持ったりする事はあるのでしょうかね。

藤咲さん、どうもsun
>豪快で怪人物的とも言える龍馬像をパワフルな演技で魅せてくれましたね。

まったく同感です。最終回は映画化の睨んだ終わり方だったとかいう噂もありますね。

方言の違和感は他の国でもあると思いますよ。

メルブルックスの映画で、ケヴィン・コスナーが演じたロビンフットは「イギリス英語が喋れない」っていうのがありました。そもそもケヴィン・コズナーはしゃべる気がなかったとも思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47257074

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第2話 大器晩成?:

« パブリック・エネミーズを見てきました!★★★★★ | トップページ | バトルスターギャラクティカ・ザ・プランをみました。★★★★★ »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本