2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 着信御礼!ケータイ大喜利 お正月スペシャル »

2010/01/01

カールじいさんの空飛ぶ家 みました★★★★★

大晦日にみました。

なんですかこの大人向けのいい話は。

今は亡き妻エリーの冒険アルバムの「わたしがいつかしたいこと」をカールじいさんがめくったときに、ホロっときました。

ネタバレありです。

原題は「UP」なんですが、この邦題はいいと思います。

カールじいさんの声が飯塚昭三ですよ。渋いながらコミカルな感じがよく出てます。

アバターもそうですが、3Dを意識してるから空中シーンが多いんでしょうかね。

子供の頃にカールとエリーは冒険好きで知り合います。

2人は大人になって結婚し、いつか南米ギアナ高地あるパラダイス滝に家を建てるっていう夢を持って小銭貯金を始めますが(南米好きで職業も南米植物園のようです)、ケガやらパンクやら、家が壊れたりして結局貯金を使ってしまい、気がつけばいい年に。

そしてカールはエリーといっしょに南米の旅の航空チケットを買ってサプライズでプレゼントしようとしますが、エリーは病気で入院してしまい。そのまま旅に行くことなく亡くなってしまいます。

2人が結婚するところからエリーが亡くなるまで音楽だけで一切セリフなし。これがすごくいい。このエピソードがギアナ高地にたどり着いたカールがエリーの子供の頃の冒険アルバムを開いて、「わたしがいつかしたいこと」を見たときに、観客のこっちは泣けてきます。

カールは、エリーの「わたしがいつかしたいこと」はパラダイス滝の脇に家を建てることかと思っていたのですが、エリーのアルバムの「わたしがいつかしたいこと」には、カールとのピクニックとか2人の生活の写真で埋まってました。

そして最後は、これからは自分の冒険を楽しんでね、のメッセージで結んでありました。

ここからよぼよぼだったカールじいさんの冒険が始まります。もう杖も使いませんよ。マンツの飛行船からでぶっちょ少年のラッセルを救い出そうとして、ラッセルのバッチベルトをたすき掛けにして飛行船に乗り込む姿は、ランボーみたいです。

エリーとの住まいをなくしたカールは飛行船を手に入れます。そしてラッセルにボーイスカウトでバッチをあげた後、2人でフェントンっていうアイス屋に飛行船を係留してアイスを食べるエンディングですが、フェントンでボーイスカウトとの後でアイスを食べるのがお父さんとの楽しい思い出っていう伏線が効いてて、子どもがいないカールに子ができ、父親がいないラッセルに父親ができた感じみえて微笑ましいです。

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 着信御礼!ケータイ大喜利 お正月スペシャル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47175975

この記事へのトラックバック一覧です: カールじいさんの空飛ぶ家 みました★★★★★:

» 映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デ [続きを読む]

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 着信御礼!ケータイ大喜利 お正月スペシャル »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト