2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« こんな東映特撮映画風ヤマトも見てみたい | トップページ | 龍馬伝 第2話 大器晩成? »

2010/01/10

パブリック・エネミーズを見てきました!★★★★★

街中での銃撃戦!走る男たち!これぞマイケル・マン映画!

3Dがナンボのもんじゃー!!超アナログの1930年代。

マイケル・マンの「ロミオとジュリエット」って感じです。

ちょい悪というか凶悪ジョニデップ様がカッコいい

ネタバレありです。

銀行強盗ジョン・デリンジャーのデップ様にはルールがありまして、庶民のカネには手は出さない。信頼できるヤツとしか組まないはずなのですが、好いた女を守るためにルールを破って自滅するっていう展開、嫌いじゃないです。むしろ大好きです。

凶悪犯なのに女に優しいし、シカゴ警察のデリンジャー対策本部に入っていく大胆不敵さ。このギャップデップに惚れますよ。

この女もインディアンとの混血でちょっと負い目のあんですよ。そんな女でもデップ様命がけで守るんですよ。男の鑑です。

デリンジャーは裏社会の組織を利用していたからこそ、銀行強盗として成功できたのがわかります。でも時代が変わって裏社会から疎まれるようになり、うまく銀行強盗がうまくいかなくなります。アメリカのラストサムライです。そして最終的には信用していた人間に裏切られて、殺されてしまうと。

この無常観がたまりません。

デップ様は背中から撃たれて殺されますが、殺したメルヴィン・パーヴィス捜査官は自殺してるんですね。なんの因果か。

最後の「バイバイ・ブラックバード」ってセリフが、タイタニックで船が沈没して氷結寸前のジャックの言葉みたいです。

字幕は松浦美奈って人です。なっちではない。

序盤でデップさんが捕まって刑務所に収監されるときに、看守の1人が、「お前、ジョン。ジョン・デリンジャーか」って言った後、デップ様が「友達はデップと呼ぶ。お前はミスター・デリンジャーと呼べ」と書かれてます。

お前はSon of a bitchと言ってます。「てめえにジョンなんて呼ばれる覚えはねえ。ちゃんとミスター・デリンジャーと呼べ」みたいな意味です。

ミスターといえば、デリンジャーがもう一度捕まって、パーヴィス捜査官とデリンジャーが拘置所の格子越しに会話するとき、お互いにミスターをつけてます。

« こんな東映特撮映画風ヤマトも見てみたい | トップページ | 龍馬伝 第2話 大器晩成? »

コメント

> メルヴィン・パーヴィス捜査官は自殺してる

それもありそうだと納得できる、クリスチャン・ベイルの陰のある演技もはまってました。

baldhatterさん、どうも。
そうですね。FBIのやり方に古き良きアメリカ人として良心の呵責に苛まれる感がありました。あの尋問はひどいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47249351

この記事へのトラックバック一覧です: パブリック・エネミーズを見てきました!★★★★★:

« こんな東映特撮映画風ヤマトも見てみたい | トップページ | 龍馬伝 第2話 大器晩成? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト