2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 投げたキャベツはどうした? | トップページ | 第9地区がオスカーにノミネート! »

2010/02/02

プロフェッショナル 仕事の流儀 スジ屋

なんだろう、すごくカッコいい。

スジ(ダイヤ)は机で書くんじゃない。現場で(駅と電車に足を運んで)書くんだと。

ペンを握って線だらけのダイヤを見つめる姿は、マンシュタイン将軍のよう。

Manst_2
フォン・マンシュタイン元帥。この人も問題のある現場に足を運んだ将軍だそうです。

限られた車両と他社との連携の中で状況を突破する運行ダイヤを組むスジ屋には作戦を立てる参謀のかっこよさがあるんですな。

こういう人が多く入れば、福知山線みたいな列車事故も防げるんじゃないかと思います。

« 投げたキャベツはどうした? | トップページ | 第9地区がオスカーにノミネート! »

コメント

世間的に「カッコいい」と言われるような職業ではないのに、カッコよかったですねー。これが"プロフェッショナル"なんでしょうね。

あの一見なんだかわからない"スジ"、ときどき息子が時刻表片手に書いてます。どの編成の列車がいつどこを通過するかがわかるらしいんですが、説明されても理解できませんでした。(^_^;

Adoさん、どうもsun
プロですよね~。
>ときどき息子が時刻表片手に書いてます。
恐れ入りました。happy01
あの人は「そのスジ」では神なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47462810

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 スジ屋:

« 投げたキャベツはどうした? | トップページ | 第9地区がオスカーにノミネート! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト