2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« キン消しの初代造形師 | トップページ | ハートロッカーを観ました。★★★★★ »

2010/03/07

龍馬伝 第10話 引きさかれた愛

ロミオとジュリエットですか!

温水洋一はさかやき(月代)じゃなくてうっすら毛が生えてました。

井伊直弼の政治を批判して隠居を命じられていた山内容堂役の近藤正臣がカッコいいです。そして容堂から藩政を任された吉田東洋は土佐藩改革を断行し、禄高を5割削減、側用人(柴田備後)の廃止。柴田備後が自宅で暴れるシーンのバイオリンが面白いです。

そこに武市半平太が現れ、吉田東洋を失脚させるべく協力を申し出ます。攘夷運動を盛り上げて開国派の吉田を藩政から引きずり下ろすという策を提案します。そして柴田が武市に命じたのが、攘夷派公家の三条実美に取り入るために隠密を送り込むことでした。

山内容堂の妹、恒姫(ひさひめ)は三条実美の兄、三条公睦に嫁いでいるので、恒姫のお世話係として誰か女を隠密として送り込むという話です。

北辰一刀流の目録をもらって前途洋洋、土佐に帰郷した竜馬(千葉佐那を泣かせてまで)は、加尾を夫婦になるとプロポーズしました。

いつか黒船も造りたい。デッカイ黒船を持っての、世界中を旅して回るがじゃ。家族と……おまんを乗せての。

え?驚く加尾。

加尾、わしゃもうどこにも行かん。おまんの傍におるき。わしの女房になってくれんか。

はい。プロポーズを快諾する加尾。

長いこと待たせてすまんの。

この~福山雅治!

二人の恋のの夜明けぜよ!

日本の洗濯は竜馬が、竜馬の洗濯は加尾がするってことですか!

拙者はいつか375mmガンダムを作って、これに乗ってア・バオア・クーまで旅してみたいぜよ。

しかし加尾のバカ兄貴・平井収二郎が加尾を隠密として京都に遣るとか言い出したために夫婦の話はご破算に。

嫌がる加尾は家を出て竜馬のところに逃れてきます。

竜馬は武市半平太に加尾を京都に遣るのは認められんと、武市半平太に詰め寄ります。ここはいいシーンでした。その後の自分のダークサイドと葛藤する武市半平太もいいです。結局柴田に土下座して加尾の話はなかった事にしてくれと願い出ます。鬼にはなれない半平太。しかしそれでは誰かが腹を切らんといかんと柴田に言われます。

加尾が京都に行かないならバカ兄貴が腹を切るとか言い出して、加尾は泣く泣く隠密の話を受けることに。ここもいいですよ。

引き裂かれた竜馬と加尾。

でも最後に竜馬と加尾が密かに会って、加尾が竜馬に自分よりも大事なものがあるからそれを探してくださいって言うシーンも良いんですけど、神社がショボイのが残念。色かな。

« キン消しの初代造形師 | トップページ | ハートロッカーを観ました。★★★★★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/47750995

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第10話 引きさかれた愛:

« キン消しの初代造形師 | トップページ | ハートロッカーを観ました。★★★★★ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト