2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« サラリーマンNEO 4月15日 | トップページ | 警部補 矢部謙三 第2話 »

2010/04/16

病院に行ったら中国人の先生だった

眼科医院の紹介で大学病院に行ったら(付き添いで)、先生が中国人でした。

なぜか思い出したのが

森鴎外

この人もドイツに医学留学してたんだよなと。

以前プロフェッショナルでアメリカの病院で働いてた先生が患者との英語でのやりとりに苦労したそうですし、普通に通じるレベルの日本語で、医学もできて凄いですよ。

地方の医師不足を外国人医師で補うのもありだと思った次第です。

« サラリーマンNEO 4月15日 | トップページ | 警部補 矢部謙三 第2話 »

コメント

中国人でも患者にとっては関係ありませんものね。
腕が確かで職業倫理のしっかりした人であれば。
ただ日本人医師数の充実化も頑張って欲しいですね。
現職の方々へのサポートもかなり不足してると思います。

ちょっと話が違いますが…僕は世代的に深く知らないのですが、"戦後多くの医者が地方に参じ、半ば慈善事業の様に医療貢献していたが、地方の人々は私達をヤブだ道楽だと罵りぞんざいに扱った。結果、高潔だった連中ほど早々に都会へと去り、地方に根を下ろす者は少なかった。地方医療の問題として医師不足が挙げられる度に、あの頃の禍根は確かに在るのだと再認する"

と言った内容のコラムを見た覚えがあります。
うろ覚えですし信憑性も解りませんが、そら大事にされなきゃ、あんな激務で地方に貢献しようって人が少ないのも仕方ないなあと思っちゃいます。


電気屋の中国人店員には気を付けたいです。

「これDVD録画できル、ブルーレイ再生もできマス」
と言われ買ったら、完全にブルーレイ非対応でした。
マヌケだし自己責任とは言え、嘘を言ってまでノルマをこなす人種なんだと言う教訓を得て良かったですbearing

藤咲さん、どうもsun
地方の医師は大変なので、外国人医師にしろ、日本人医師にしろ支援は必要だと思います。

ヤブ医者っていう人ほど医者を信用しすぎているのではと思うこともあります。叔父の足は恐らく治らないのですが、祖母は治らないのに帰ってくるのかと不思議がっていました。叔父は緑内障と判断がつかないと言われたから、眼科医院では大学病院に紹介状を書いてもらっていったのに、あの医院はヤブだとか言い出します。

それは酷い店員だと思います。怒かるべきです。しかしそれが中国人だけというわけではないと思います。「最高」家電量販店で日本人の店員が電化製品買うと火災報知器を値引くと言ってたハズなのに、帰ってレシート見たら値引いてませんでした。もうその「最高」家電量販店には行ってません。

毒入り餃子の問題もありましたが、汚染米を売ってた日本の業者もいたりで、なんともはやって感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/48100764

この記事へのトラックバック一覧です: 病院に行ったら中国人の先生だった:

« サラリーマンNEO 4月15日 | トップページ | 警部補 矢部謙三 第2話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト