2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« グリーンコーラを飲んでみました | トップページ | タイムスクープハンター サバイバル!戦火の女たち »

2010/05/30

龍馬伝 第22話 龍という女

お龍は出てきましたが、以蔵の話。

首から手先まで黒が基本の新撰組がやけにカッコいいでしょう。

殺陣も緊迫感がありました。

赤や紫の傘が並んだ広場で以蔵が捕縛されるところがいいなと。

龍馬のもとに武市半平太が投獄されたとの知らせが届いたのは文久三年(1863年)9月のことだった。8月18日の政変を境に、土佐藩は内外にいる勤王党員の弾圧を断行。京では幕府による攘夷派の残党狩りも始まっていた。

龍馬は半平太や以蔵を案ずる気持ちを押し殺して、一心不乱に学ぶことしかできなかった。

勝塾にも土佐藩目付役が土佐勤王党の者たちを探しにやってくる。ここが幕府軍艦奉行並・勝麟太郎先生の私塾だて知ってのことかと塾頭・佐藤与之助と噛み付いた。

目付役が、自分たちは前土佐藩主・容堂公直々の命を受けてやってきたのだと言い返す。龍馬が前に進みでようとするが、塾生たちが止める。そして知ったことか、ササッと帰れと叫び、塾目付役を取り囲む。主命に背いて帰藩しない者は脱藩したと見なすと言い捨てて目付役は逃げ帰った。

龍馬が進み出る。みんな!わしらには勝塾の、海軍の仲間がおるがじゃ!ありがとう!

夜になり、龍馬たちが住まう大和屋にお夏が密かにやってくる。新撰組に追われる以蔵がやってきたが、以蔵がたくさんの人を殺していたと知って怖くなって追い返したと龍馬に伝えた。どこにいったかわかるかと龍馬がお夏に尋ねるが、お夏は首を横に振って、ごめんなさいと泣き崩れた。以蔵はお夏と一緒にいたいと、京都から離れずにいたのだった。

泣かんでええき、お前はええ子じゃと龍馬はお夏を慰めると、真夜中の京の町に飛び出した。

土佐では吉田東洋暗殺について武市半平太の取調べが行われていたが、半平太は自分は誰よりも大殿様に忠義を尽くしている侍であり、なにも間違ったことはしてないと、口を割らない。そのことは御側御用人・森下又平を通じて、容堂にも伝えられた。

半平太の言葉に容堂の盃をあおる手が止まった。

侍?

容堂の頬がひきつる。

森下が頷く。

容堂は杯と酒瓶を持って立ち上がり、ゆっくりと歩き出すと森下の前に座り、語り出した。

263年前、山内一豊公は関ヶ原の合戦で、功を上げ、神君家康公よりこの土佐を賜り、一族を引き連れてここへ来られたがじゃ。

容堂が森下に盃を差し出す。森下は畏まって盃を受ける。容堂はその盃に酒を注ぐ。

どういて一豊公はその時に長宗我部の者たちを一人残らず追い払わなかったかのぉ。確かにこれからは山内家の者が上士で、長宗我部の生き残りは下士じゃち分けることにしたとゆうても、奴らと同じ地べたに暮らしておることには変りないろう!

容堂は森下を見据えて酒を注ごうとしたが、容堂の意図を悟った森下の目は泳ぎ始め、後ろに引き下がって頭を下げた。

何が侍じゃ!この土佐で侍ゆうがは上士だけじゃき。

一向に口を割らない半平太に業を煮やした象二郎は、半平太の仲間を想う良心を痛めつけることにした。象二郎が半平太の牢の前にやってきて、こう呟いた。

土佐藩の決まりでは、上士に拷問したらいかんゆうことになっちゅう。けんど下士には何をしてもええがじゃき。

やつれた半平太が不安げに象二郎を見る。

悲痛な叫びが牢に響く。

象二郎が不気味な笑いを浮かべて半平太の牢を覗き込む。

勤王党の島村衛吉ゆうがはおんしの親戚じゃそうじゃの。おんしが口を割らんがなら、あいつに喋ってもらうがぜよ。

人の体を激しく叩く音と悲鳴が聞こえる。

半平太が立ち上がって牢の外を必死に目を走らせる。

象二郎は言う。

あいつが死んでも、まだ他がおる。岡田以蔵を捕まえたら、あいつは喋るかのぉ。岡田を追いゆうがは、今や土佐藩だけではないがじゃきのぉ!

京で以蔵を探す龍馬は夜になり、一軒の宿屋を訪ねた。そこは攘夷派を匿っているとの噂があったのだ。宿屋の主人は、以前泊まった客の一人が以蔵はまだ京都を逃げ回っていると告げた。そして夜は物騒だからと、部屋に案内した。

龍馬は眠れずに床で横になっていた。すると下から騒ぎ声がする。降りてみると、主人と女将が外に出ようとする若い女を引き止めていた。それがお龍だった。

お龍は妹をやくざ者に5両の借金のかたに連れていかれたから、そいつらを殺してでも妹を取り返してくると息巻いている。龍馬は止めようとするが、お龍は包丁を持って出て行こうとする。龍馬は先回りしてお龍から包丁を取り上げた。どうすればいいのと泣くお龍を見て、龍馬はしばし考え、部屋に戻ると5両を持って帰ってきて、それをお龍に差し出した。この金で妹を助けろと。そして部屋に戻っていった。

以蔵を求めて懸命に京の町を探す龍馬は、ようやく以蔵を見つける。

以蔵が龍馬に喚く。

わしが人斬りをしたかが、どういて、いかん?武市先生は正しいことをじゃち言われたがぜよ!わしはだた褒められとうて、褒められとうて

以蔵は泣き出した。

武市先生はどこにおられるがじゃ!武市先生のところに戻りたい!

だが同じく以蔵を追っていた新撰組に見つかってしまう。

龍馬は体を張って以蔵を逃がした。

以蔵を渡すわけにはイカンぜよ!

龍馬は新撰組の近藤勇に刀を向けた。

だが以蔵は土佐藩目付役に捕まってしまった。

夜、鈴虫が泣いていた。

宿に戻った龍馬は庭に向いて座っていた。

お龍が夕餉を持って入ってきた。妹を取り返せたと礼を言い、縁もゆかりもない者からの金ゆえに必ず返すと付け加えた。

龍馬は夕餉を下げてくれと言った。今晩は何も喉を通らないと。

そして涙を流した。

大切な友達が、また捕まってしもうた。また…なにもできんかったがじゃ…

« グリーンコーラを飲んでみました | トップページ | タイムスクープハンター サバイバル!戦火の女たち »

コメント

見逃した日の次の月曜日はこのサイトに来て、龍馬伝の昨夜の あらすじを読みます。
いつも読みやすいあらすじをありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

江戸アケミさん、どうもsun
そう言ってもらえるとありがたいです。

龍馬伝いつもかかさず見ていますが、見た後このサイトであらすじ読ませてもらってます。
凄くわかり易くて再発見することもしばしば。
これからもお願いします。

かずさん、どうもsun
そうですかhappy01
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/48500309

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第22話 龍という女:

» 関西 大阪 オナクラ求人 女性高収入 パート 求人 アルバイト 募集 [関西 大阪 オナクラ求人 女性高収入 パート 求人 アルバイト 募集]
関西 大阪 オナクラ求人 女性高収入 パート 求人 アルバイト 募集 [続きを読む]

« グリーンコーラを飲んでみました | トップページ | タイムスクープハンター サバイバル!戦火の女たち »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本