2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« チェイス~国税査察官(4) 復讐 | トップページ | MI-5が面白い! »

2010/05/09

福島党首「海兵隊、日本の抑止力とは違う」

当たり前じゃないか!

アメリカの抑止力が日本にとっての抑止力になるんですよ(そう日本は努力してるんです)。

読売新聞】福島党首「海兵隊、日本の抑止力とは違う」

また、同日朝のTBSの番組では「(在沖縄)海兵隊が抑止力や守備と関係があるのか。朝鮮有事の時の救援部隊で、米国人を救出するものだ。日本人の救出ではなく、日本の抑止力とは違う」と強調した。

なぜに「防衛」が「救出」にすり替わるのかわかりませんが(在韓米陸軍もいるのに)。

この福島さんの論理を正しいとすれば、その裏には、

海兵隊が沖縄からいなくなったら、朝鮮半島で有事が発生した場合には、日本は(日米同盟があるんだから)アメリカ人救出のために自衛隊がまず行かなきゃならんということでしょう。

あるいは見殺しにしろと?

そもそも在韓日本人の安全はどうなるの? 

米軍が助けれくれないなら自衛隊が出るしかないでしょう。

最終的には「座して死を待て」ってことですか?

日米関係における鳩山総理の迷走と、鳩山内閣における福島さんの「自由奔放」さ加減は、同盟において大きい側が小さい側の言う事をなんでも聞いてると、大きい側の外交上の自由度が狭まることを証明しています。

« チェイス~国税査察官(4) 復讐 | トップページ | MI-5が面白い! »

コメント

じゃあ日本で軍隊持てよって感じなんですが、9条信仰ですからねえ彼女ら。

こんな発言すら主婦層や新聞信奉者層にとってみれば「(なんかよく分からないけど)そうなのか」ってなり得るんじゃ無いかと。
所詮、日本人って皆大なり小なり平和ボケです。
私なんか高校の一年生終わるくらいまで憲法9条が国防を担い平和を実現していると思ってました。
いや軍事力の拮抗くらい頭では解りましたが、理屈じゃないんですよ刷り込みって。
「そういうものなんだ」
って一度思わせてしまえば思想教育の勝ちです、一生祟ります。

ちょっと反戦左派強めの学校教育だったのかも知れませんが、だから平和って言う言葉に酔っていたでしょうねえ、理論上不都合な部分は見えてても見ないふりをしてしまえる。
そう言う思考放棄嗜好を多くの国民が持ってると思います。
平和憲法(なんて言うおためごかし)を他国が尊重してくれているから日本は平和なんだと言う妄想宗教。
福島さんなんかは、熱心な布教者、いや大司教様ですかね。
教義に殉ずるのが理想なら国防なんて考えも要らんです。

藤咲さん、どうもsun
なぜか子供の頃から第9条はおかしいとおもてました。自分の置かれた社会環境が「力が正義ではない、正義が力だ」的だったからかもしれません。

戦後の政治家と官僚の偉業は第9条で日本が守られると本気で思えるほどの状況を作ったことですが、それを知らないから第9条で大丈夫って信じられると思います。

日露戦争で日本軍が皇軍だから勝ったと思うのと同じです。何も知らなければ、外交諜略の重要性と、止め時が良かった(これ以上戦ったら負けてた)という考えは生まれません。

社会党の方々は原発反対でしたが、もし本当に日本で原発全廃してたら、今こうやってヴェトナムとかに原発売り込みとかできなかったでしょう。10年後は誰にもわからんのです。

備えあれば憂いなし、です。

ああ、本当ですね。
戦略的判断は名が示す通り戦略であって、成果は決断がもたらした物以外の何でも無いです。
凄く分かりやすいです。
“皇軍だから勝てている”って思考と9条の思考はまるで同じで、力の証明は信奉者の9条に対する「思い」を根拠にしてますね。

自衛隊が派遣された戦地にて現地民の人々から歓迎され信頼されたエピソードなんかをたまに聴きますが、それらも「(皇軍)9条だから得られた評価」とされてますから、いやいやそれはちょっとって感じです。

間接的にはそうでしょうが直接の理由は(結果として)日本が戦後一貫して不戦国でありハッキリと敵対関係を作っていない点と、自衛隊の方々がして来た国際的奉仕の評価にある筈です。

9条を廃した上で戦力としての参入拒否を選択するのは難しいんでしょうか。
いや難しかろうが、日本の安全を踏まえ国の判断として相成ったのなら、堂々とその決断を名言するのが国の権利、先進国の責任だと思います。

こう言う疑問を口にして
「9条を理由に外交すれば頑なに参戦拒否してもアメリカの要求に対する盾として機能するし、人を殺さずに済む。○○君は自分と無関係なイラク人だからって殺しても良いと言うの?」
とかなり怒鳴られた経験がありますが、完全に論点をずらされ終始人格否定されしんどかったなあ…

他国の戦争に軍事介入せずに来たのは日本の国益であったにせよ、そこには戦わないとする判断すら無かったんじゃないかと。
判断の機会そのものを奪う条文がそんなに倫理的とは思わないし、機能的にも…今のままの9条でなきゃ信用が失墜するって風には考えられない。
9条を変えた後の努力をもって今の評価を維持ないし向上させ、正常な国防を含めた外交でメリットを得るって考えが非人道的なら、日本の周りには日本以上に非人道的な国ばかりなのだと“9条によって”証明されるのだから、自ずと矛盾は解りそうなのに。
皇軍も悲劇を招いてしまいましたが、同じく批判そのものを今度は「軍国主義だ!!」と糾弾し封殺する9条を好きにはなれません。
…事実上、政教分離の理念にすら反してる気がsweat02

以前、サイゾーに掲載された平沢勝栄の記事より

http://friends.excite.co.jp/News/society/20100324/Cyzo_201003_post_4156.html
-- ここから --
──(在日参政権)推進派の主張も党ごとに温度差があり、共産党にいたっては被選挙権も国政選挙権も、日本人とまったく同じ権利を与えろと主張しています。

平沢 まぁ、共産党は国なんてどうでもいいと考えてるから。社民党も国家意識が極めて希薄でしてね。前に辻本(清美・国土交通副大臣)氏と『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)でご一緒したとき、彼女は「日の丸に反対だ」と言うんで、理由を聞いたら、日の丸が国の象徴だからだと言う。国があるから戦争が起こる、国を失くさないとならない、そのための一歩として、国旗を亡くすんだと。世界を一つのファミリーにするんだと。これ、本気で言ってるんですからね。国家というものをまるで理解していないんですよ。
-- ここまで --

こんな感じなので、抑止力なんていらんのですよ、きっと(w

藤咲さん、どうもsun
>「9条を理由に外交すれば頑なに参戦拒否してもアメリカの要求に対する盾として機能するし、人を殺さずに済む。○○君は自分と無関係なイラク人だからって殺しても良いと言うの?」
感情に訴える嫌な方法ですね。
この暴論が理論として破綻してるのは:

1.他国は日本の方針を聞きたいのであって、日本の憲法を遵守する義務はないです。盾として機能するわけじゃないです。

2.誰もイラク人が死ねばいいとは思ってないです。ならば911のテロ実行犯を野放しにしろと? 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件をあなたは擁護するのかと?

イラクを押さえたことで、いい具合にイランの首が絞まってきているような気がします。

一番怖いのは、実際に有事になったときに憲法が機能しなくなることです。鳩山さんみたいな人が日米関係を無意味に(なんの戦略もなく)悪化させて、東アジア地域を不安定にしてるんじゃないかと危惧します。戦争に一番近い男です。

とんとさん、どうもsun
>日の丸が国の象徴だからだと言う。国があるから戦争が起こる、国を失くさないとならない、そのための一歩として、国旗を亡くすんだと。世界を一つのファミリーにするんだと。

素朴な疑問:ワールドカップの日本チームは何を掲げればいいんでしょうかね?

有り難う御座います。
イラク戦争は否定的な言論ばかり尊重されますが、単純にあんな攻撃されたらそりゃ戦争ですよね。
アメリカの他意を勘ぐるのは別として、国防であったのは事実。
倫理を問うならテロで死んだ人々の無惨さや、遺族の悲惨さはどうなのかと。
わざわざトレードセンターを狙って間接的に世界中を攻撃した卑劣さこそ糾弾されるべきだろうに。
誰が望んでも平和的解決なんてもう有り得なかったんでしょう。
飛行機ジャックで巨大ビルに突撃までされたアメリカが国民を守る為に、致し方無かったと思います。
片や日本政府は竹島取られてもミサイルが頭上通過しても「遺憾!」だけって。
北方は永遠に戻らず、対馬も狙われ、沖縄も今様々な意味で危うく、経済でも失墜する運命。

只でさえ自衛隊単独では戦えず、抑止力はアメリカの存在頼み。
鳩山さんは5月までに閣内の方向性が定まるのを「合意」と言い訳していましたね。言葉に意味が宿らないリーダーは存在が国防の質を害するので辞めて欲しいです。
もしかして日本人に国防の是非を考えて貰う為の苦肉の策…じゃ無いですね。

仮にも政権交代を成し遂げた党が、やたらタレント議員擁立しまくってまで生き残ろうなんざ虫酸が走る思いですcatfacesweat02
理想しか吐かない上に理想すら歪んでいる民主党は共産党とどっこいです。
野党として国旗など刻んで遊んでいればまだ可愛らしかった。

藤咲さん、どうもsun
反戦は聞こえがいいですからね。殺人犯に極刑は賛成される場合が多いことを考えるとちぐはぐです。

経済が停滞していると言われますが、BRICSが台頭しているのに、よく経済が持ってるというのが実感です。政府より企業は頑張ってるからだと思います。今の政府ではなんでも仕分けでジリ貧です。

これで国防を考える機会になればいいのですが、全部文句になりそうな気もします。どこかで折り合いをつけなといけないのですが。

谷亮子さんも恐らく柔道の振興の予算獲得のためにみたいなことを言われたら、断りづらいですよね。まあ口約束でしょうけど。ほんと腹立ちます、民主党幹事長には。

ガチガチの反戦派なら死刑制度にも反対のスタンスである場合が多いかなとは思いますが、反戦と言う宗教染みたカラクリに何となく縛られている大多数の日本人が、死刑の存在には殆ど疑問すら持たないって確かに変な感じしますね。
戦争の様な国家間問題は個人としての実感が沸きづらく、反面、死刑に至る様な犯罪は個人レベルで身近な問題だから「他人事じゃ無い!犯罪者は殺せ!」となるんでしょうか。
戦争や侵略の危機だって常に当事者としての問題で、一切他人事じゃ無いのに。
平和は成立してからが肝要なんですね。

小沢氏とヤワラちゃんが懇意にしているのは知らなかったから意外でした。
マラソンのQちゃんさんは「アスリートは現場第一。出馬はしません。政治の解らない人間に政治家としての仕事を満足にこなせるとは思えない」
と言った内容の発言をしていました。
知名度もあり、なおかつ国民栄誉賞の授与までされた国民的支持の高い立場で、それを恣意的に利用する真似はしたくないのだとか。
思慮深い方なのですね。
ヤワラちゃんも恐らくはスポーツへの支援を本気で望んでいるでしょうが、だったらば尚更、打診されたタイミングの意味くらい考えて欲しかったかなと思います。

全く関係無い話なのですが、死刑で思い出した事があります。
死刑制度反対派の方と話をするとよく
「死刑制度はとても愚かで疑い様も無い悪法。抑止力として機能している証明が無いし、何より最高刑に“死”を置くのは、裏を返すと、死を恐れない人間の犯罪を国(司法)が肯定するに等しい。」
と言った内容の話をされます。竹花さんはどう思いますか?
何だかもしかしたら一理有るのかも知れないけど、バカな私には難しくてよく解りません。

死刑に疑問を持った頃に(ベタですが王道と思い)フーコーなど一応何とか読もうとしたり独学で頑張りましたが、くそバカなのでよく解りませんでしたcryingcryingcrying
死刑には観念的なジレンマがあるんですかね。
それを言うと死刑に限らず刑罰の存在が既にジレンマだし、“万能で無いから無くす”って発想は刑罰全てを否定する事だし、彼らの言い分は理論として正しいのかよく解りませんでした。

少なくとも法は「悪行を認めない」立場が前提であり、法や刑罰を意に介さない人間(例外な気がしますが)がいた所で、法や国が犯罪を認めるって理屈にはならないと思うのですが、違うんでしょうか?wobbly?

自我が強固で頭の回転が速い上に人権意識が強すぎるタイプの人と話すと、相手の論理と妄想を噛み砕いて区別する前に私のトマトサイズな脳みそがショートしそうです。

藤咲さん、どうもsun
死刑は抑止力になるか?
100%にはならないでしょう。
附属池田小事件の宅間守は死ぬ気だったりするので完全ではないでと思います。

フーコーは新書で読みましたから詳しくはないですが、あの人が扱っているのは「正常を疑え」、「社会的に正常じゃないと隔離される」ということだと思います。考える分にはいいですが(本当に反戦運動で世界平和が実現できるか?とか)、社会的に機能するかどうかがわかりません。

すべての犯罪が精神病であるなら、投獄や死刑は「社会悪」かもしれませんが、犯罪者を野放しにしたら社会が機能しなくなるので、やむを得ないでしょう。結局人間は不完全(不利益だと思ってもやってしまう)なので、刑罰は社会の相互信頼を担保するものとして必要だと思います。罰金がなかったら制限速度なんか守らないと思います。

あまり死刑には賛成しませんが、現状では反対もしません。死刑をなくすなら、終身刑は絶対に外に出すなと思います。終身刑でも釈放されるなら死刑は必要かと思います。

答えになってないかもしれません。すいません。

蛇足ですが、
この流れでスター・トレック・ヴォイジャーの第2シーズン32話「殺人犯スーダー」
の話を見ると、結構面白いです。

ニコ動にあるようです。

ウェキペディアにも説明があるのですが、動画を見た方がいいと思います。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

いえ、すごく解りやすかったです。やはり自分の考えにすら時に批判的で懐疑的で無いと意味が無いんですね。
どうも宗教染みた人達はその部分から脱却すべく打ち立てた自分と言う信仰を一切疑わないから、僕の様な弱気な馬鹿から見るとそれだけで論理に迫力を感じてしまうのかも知れないなと感じましたbearingsweat02
「常に最善を尽くす」と言う立場に立った時、死刑を含めて必要な物を選択して行くしか無いのですね。
完全など無いからこそ。
終身刑を加えろと私も思いますが、殺人犯を死ぬまで養う金なんか日本には無いですねcatfacesweat02

ああ、そう言えば、漫画の『ザ・ワールド・イズ・マイン』にて須賀原譲二と言う人物もこんな事を言ってたました…引用ですが冷厳な言葉で好きです。

“この国のすべての人間に挑戦したい。

人権を差別せよ。
自ら社会を逸脱する者にその生における平等はない。

人命を差別せよ。
社会と個人の命を秤にかけた時、民主主義は迷わず社会を選択せねばならない。

「ヒューマニズム」を差別せよ。
その言葉の響きに酔いしれ思考を停止した者のみが殺すことをすべて悪とする。

人間とはあまりに不完全な度し難い生き物であるにもかかわらず、神をも恐れず懸命に守るべき命と葬るべき命を常に選択してきたのだ。

ならば
差別すること殺すこともヒューマニズムである。

反論を唱える者は自らの覚悟と信念を試していただきたい。”

スタートレック、今夜観てみます!有り難う御座いました、いや、申し訳ありませんでしたhappy01sweat02

藤咲さん、どうもsun
フーコーも研究したニーチェは「神は死んだ」と言ってます。「キリスト教道徳は奴隷の道徳、弱者の道徳である。生の拡大を妨げ、本能の発揮を抑え、人間を萎縮させ、退化させる道徳である」ただ神がいないと傲慢になりやすいかもしれず、それをコントロールする強さも必要かもしれません。

死刑は安上がりかといえば、難しいようです。15年くらいまでアメリカでは死刑も、基上告やなんやで結構費用がかかるとニュースでやってました。日本では、さらにすぐに死刑が執行されないことも多いようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/48314642

この記事へのトラックバック一覧です: 福島党首「海兵隊、日本の抑止力とは違う」:

« チェイス~国税査察官(4) 復讐 | トップページ | MI-5が面白い! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト